1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『大洗にも星はふるなり』クスリ笑いの連続で会話劇を楽しむも、やっぱりいい味出すのは名探偵・安田顕【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『大洗にも星はふるなり』クスリ笑いの連続で会話劇を楽しむも、やっぱりいい味出すのは名探偵・安田顕【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『大洗にも星はふるなり』

『大洗にも星はふるなり』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年9月30日の鑑賞タイトル『大洗にも星はふるなり』

鑑賞前の期待値「福田雄一監督、初長編」

本日は朝のテレビ連続小説ドラマ『スカーレット』放送開始が話題なので、戸田恵梨香がヒロインを務める本作をチョイス。福田雄一監督の初長編映画であり、福田組常連の山田孝之、ムロツヨシ、安田顕、佐藤二朗らももちろん出演。

鑑賞後の感想「ヒロインは戸田恵梨香だけれども、男たちの会話劇を楽しむ作品。そして安田顕の設定はずるい」

茨城県・大洗の海岸にある海の家『江ノ島』営業終了から4ヵ月後、クリスマスイブの夜。『江ノ島』のマドンナ・江里子(戸田恵梨香)から手紙を受け取ったマスター(佐藤二朗)、バイトメンバーの仁科(小柳友)、松山(山本裕典)、杉本(山田孝之)、猫田(ムロツヨシ)ら5人が集結。誰が江里子と夜を過ごすかとそれぞれの主張が始まり…。

もともと福田雄一監督の舞台が後に映画化された本作。基本は男たちによるワンシチュエーションの会話劇を楽しむものとなっており、マドンナ役の戸田恵梨香が全般ガッツリと思っていた人には物足りなさもあるかもしれない。しかし、先の5人に次いで早々に投入される弁護士の関口(安田顕)だったり、終盤に突如として登場して流れを急変させる林(白石隼也)など、登場タイミングが絶妙なため、その物足りなさも気づけば忘れているだろう。

長編映画一発目、ということもあってか、福田雄一節はしっかりありつつも抑えめ。この連載では『明烏』に続き2本目となったが、パターンとしては同じタイプの作品であった。

『大洗にも星はふるなり』で一番グッときたポイントは「名探偵・関口」

10年前の作品のため、出演者たちは軒並み若いのであるが、中でもはまり役なのが安田顕演じる関口。佐藤二朗やムロツヨシ以上に、近年と変わらない姿を見ることができる。弁護士なのだが、大した名探偵っぷりを披露してくれるのである。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『大洗にも星はふるなり』について

【製作年】2009年
【監督】福田雄一
【出演者】山田孝之、山本裕典、ムロツヨシ、小柳友、白石隼也、伊藤麻実子、戸田恵梨香 ほか
【あらすじ】クリスマス・イブ。茨城県大洗の海の家に6人の男たちが集まった。一人はここのマスター、残る5人はひと夏をこの海の家で過ごしたバイト仲間たち。彼らがここにやって来たのは、憧れのマドンナ、江里子から“クリスマス・イヴの夜に海の家で会いたい”という手紙をもらったから。しかし、誰一人呼び出された理由を知らず、いつのまにか、この中に本命がいると勝手に結論づけて、その場にいない江里子との仲を互いに猛烈アピールし始めるが…。
【Filmarks★評価】3.3(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

アーティスト情報

山田孝之

生年月日1983年10月20日(37歳)
星座てんびん座
出生地鹿児島県

山田孝之の関連作品一覧

山本裕典

生年月日1988年1月19日(32歳)
星座やぎ座
出生地愛知県

山本裕典の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST