1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』気軽に観れて、とにかく笑えるドタバタコメディ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』気軽に観れて、とにかく笑えるドタバタコメディ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年10月4日の鑑賞タイトル『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

鑑賞前の期待値「すでに超高評価な『ジョーカー』の監督作」

本日は、封切られたDCコミック原作の『ジョーカー』公開を記念して、トッド・フィリップス監督の代表作をチョイス。ざっとフィルモグラフィーを確認すると本作のようなコメディ作品が主で、『ジョーカー』のようなタイトルは完全に真逆のテイスト。事前の評価も超高評価のため大変気になるところだが、今日はとにかく笑わせていただくことにする。

鑑賞後の感想「いきあたりばったりだが、終わりはスッキリと。気軽に観れて、とにかく笑える」

結婚式を2日後に控えた新郎のダグ(ジャスティン・バーサ)は、独身最後の夜を満喫すべく、悪友のフィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ )、アラン(ザック・ガリフィアナキス)たちとラスベガスへ。一流ホテルの超高級スイートに宿泊し、その屋上で絶景とともに乾杯する4人。そして朝を迎えると、部屋がめちゃくちゃな上、ダグの姿が消えており…。

冒頭、式の当日5時間前から始まり、時を遡っていく形。この演出で「この先待ち受けることの大変さ」が暗示されるわけだが、基本いきあたりばったりなので都度都度笑わされる。当事者も二日酔いで全く覚えていないため、先が読めない面白さが全般に渡って効いていると感じた。

そのテンションをしっかり継続させるためのキャスト配置も絶妙で、正直無駄がなく、「アイツは要らなかった」みたいな感想も持たないはず。その意味だと最大のサプライズがマイク・タイソンのなのであるが、よくもまあ彼を脚本に組み込んだものだと感心する。演技して歌って…と意外なほど活躍する彼の姿はまさにスーパーレアの一言に尽きるだろう。

いきあたりばったりの旅も、ラストにはちゃんとネタバラシ(確認)があるので、最後の最後まで視聴者が楽しめる作りになっている。なお、この『ハングオーバー!』シリーズはこの後2作続くところから言っても、その面白さが評価されているということであろう。週末に軽く観るのにオススメな一本である。

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』で一番グッときたポイントは「イクメンのアラン」

先に書いたマイク・タイソンも捨てがたいが、劇中、ホテルの部屋で発見される赤ちゃんを抱っこ紐で抱えるアランに軍配。ただただ似合っているだけなのに「その格好はずるい」と笑ってしまう場面だ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』について

【製作年】2009年
【監督】トッド・フィリップス
【出演者】ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ヘザー・グラハム ほか
【あらすじ】結婚式を2日後に控えた新郎ダグは、独身最後の夜を満喫すべく、悪友たちと一路ラスベガスへ。ホテルのスイートルームでしこたま酒を飲み、バカ騒ぎした翌朝、友人たちが目を覚ますと、花婿は消え、そこに残されたのは一頭の虎と赤ん坊だった。とんでもない証拠品を手がかりに花婿を探す旅が始まる!
【Filmarks★評価】3.7(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST