1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『半落ち』令和元年、最後の一本は現実的でめのテーマと渋いキャストの名演が涙腺を刺激【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『半落ち』令和元年、最後の一本は現実的でめのテーマと渋いキャストの名演が涙腺を刺激【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『半落ち』

『半落ち』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2019年12月27日の鑑賞タイトル『半落ち』

鑑賞前の期待値「身につまされる問題を扱うチャレンジ精神」

本日は、『男はつらいよ』シリーズ50周年記念作品である『男はつらいよ お帰り 寅さん』の公開日ということで、寅次郎のおい役を演じている吉岡秀隆の出演作をチョイス。

吉岡といえば『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズがパッと思い浮かぶが、今回は悩んだあげく、『半落ち』に。というのもドラマ版を観たことがあったが、映画版は未鑑賞だったので、これを機に…と思ったからだ。

今作は横山秀夫の同名小説を原作に、『陽はまた昇る』など佐々部清監督が映画化。寺尾聰に原田美枝子、柴田恭兵、國村隼、伊原剛志、樹木希林らと、渋めなキャスト陣が終結している。アルツハイマーという切なすぎる病を扱った作品だけに、心して観たい。

鑑賞後の感想「原作からの変更点が泣きの要素を弱めているが、考えさせられた」

元捜査一課の警部である梶(寺尾聰)が、3日前に妻を殺害したとして自首してくる。しかし、犯行後2日間の行動に関しては沈黙を守る「半落ち」状態。しかも半年前に若くしてアルツハイマー症になった妻を看病するため、梶は辞職して警察学校で教師をするという人望の厚い人物だった…。

梶がなぜ半落ち状態であるかの謎を中心に展開していくストーリーは、ためにためたものをクライマックスで一気に爆発させて、観ているものの心を揺さぶるという仕掛けにつながる。そこに輪をかけて森山直太朗が歌う主題歌『声』が涙腺を刺激してくる。

そう。たしかに泣ける作品だ。これは佐々部監督や寺尾聰らキャスト陣の頑張りによるところが大きい。尺の関係で人物のバックボーンや相関関係の深掘りは難しいのは分かるが、思い切りよく泣くためには、もう少し丁寧に描いて欲しかったところだ。

さらに原作に比べ、謎解きより人間ドラマにスポットを当てた構成は悪くはないのだが、梶がなぜ半落ちを続けたかの理由が抜け落ちているのは腑に落ちない。そのため、いまいち理由や展開に納得できない点も出てきてしまい、すっきり泣けない。

とはいえ、アルツハイマーは身近すぎる問題。否応なしに感情移入できてしまい、感情は揺さぶられるのも間違いない。だからこそ、なくてはならない要素が欲しかった。原作で補完すると、よりグッと深みが出てくるはず。ただ何かを考えるきっかけとしては、素晴らしい一本だろう。

『半落ち』で一番グッときたポイントは「あぶない刑事?」

県警本部捜査一課の強行犯指導官役を演じているのは柴田恭兵。あれサングラスは?と思ってしまう世代の人もいるのでは。本筋とはまったく関係ないが、そんなことを考えてニヤニヤしてしまった。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『半落ち』について

【製作年】2003年
【監督】佐々部清
【出演者】寺尾聰、柴田恭兵、原田美枝子、吉岡秀隆、鶴田真由、伊原剛志、國村隼 ほか
【あらすじ】元捜査一課の梶が、病気の妻を絞殺して自首する。取調べが始まるが、出頭するまでの2日間の行動について、彼は固く口を閉ざしたままだった……。横山秀夫のベストセラーを映画化した衝撃作。
【Filmarks★評価】3.4(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

寺尾聰

生年月日1947年5月18日(73歳)
星座おうし座
出生地神奈川県横浜市

寺尾聰の関連作品一覧

柴田恭兵

生年月日1951年8月18日(69歳)
星座しし座
出生地静岡県

柴田恭兵の関連作品一覧

原田美枝子

生年月日1958年12月26日(62歳)
星座やぎ座
出生地東京都

原田美枝子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST