1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『STAND BY ME ドラえもん』わかっていても感動!3DCGだからこそ、のび太の行動や心情のリアル感アップ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『STAND BY ME ドラえもん』わかっていても感動!3DCGだからこそ、のび太の行動や心情のリアル感アップ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『STAND BY ME ドラえもん』

『STAND BY ME ドラえもん』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年8月4日の鑑賞タイトル『STAND BY ME ドラえもん』

鑑賞前の期待値「3Dで描かれるドラえもん&名エピソード」

本日は、ドラえもん50周年記念作品にして長編映画40作目となる『映画ドラえもん のび太の新恐竜』(今井一暁監督)が、いよいよ今週末に公開されるということでこちらをチョイス。

今回選んだタイトルは、『ドラえもん』初の3DCG劇場版アニメで、「のび太の結婚前夜」「さようなら、ドラえもん」など原作の複数エピソードを軸に一つの物語にまとめ上げている。

手がけたのは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズや『アルキメデスの大戦』などで知られる山崎貴監督と、『friends もののけ島のナキ』でもタッグを組んでいた八木竜一監督のコンビ。原作屈指と言われる名エピソードの数々をどう料理するか。3Dなドラえもんと共に楽しみたい。

鑑賞後の感想「7つのエピソードをミックスしたとは思えない脚本が心地いい」

ある日、野比のび太(声・大原めぐみ)の元に、その子孫・セワシ(声・松本さち)とネコ型ロボット・ドラえもん(声・水田わさび)が22世紀からやって来る。のび太が作った莫大な借金のせいで悲惨な未来を変えるべく、セワシはドラえもんをのび太の世話係に任命。乗り気ではないドラえもんに対しセワシは、のび太を幸せにするまで22世紀に帰れなくする「成し遂げプログラム」をセット。のび太とドラえもんは一緒に暮らし始める…。

公開当時は3DCGで描かれたドラえもんやのび太たちを受け入れられるだろうか…と不安を少なからず感じつつ鑑賞した記憶があるが、改めて観直してみても思ったが、完成度の高さに拍手。想像していたものをあっさり超える驚きで楽しませてくれる。

3DCGで描かれたキャラクターたちは、好みは分かれるだろうが、ほどよい質感が○。もちろん2Dの方がキュートな印象はあるが、それでも3Dなドラえもんもそこまで違和感はない。

ただ21世紀のシーンについては、のび太たちが暮らす1970年代半ばにイメージされていた未来世界であり、現在の科学力からすると若干「おやっ?」と思う部分もなきしにもあらずだが、デザインの妙が味わえるのは悪くない。

最大の関門であるストーリーも、やや駆け足感はあるものの、新要素をプラスして再構築。原作を知っていると「あのエピソードか」となるが、最初から1本の物語として存在していたのでは…と思わせてくれるほどナチュラルだ。

のび太とドラえもんの行き着く先は、わかってはいても涙腺を刺激してくる。感動だけでなく、真っ直ぐなストーリーと3Dの映像美がマッチし、ドキドキ&ワクワクも十分。本来は今週末に公開予定だった第2弾が待ち遠しくなった。

『STAND BY ME ドラえもん』で一番グッときたポイントは「ひみつ道具」

原作テイストを活かしつつ、オリジナルデザインで描かれたひみつ道具の数々は、高級感と可愛さを両立。カッコよくてオシャレな造形で収集心がくすぐられた。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『STAND BY ME ドラえもん』について

【製作年】2014年
【監督】山崎貴
【声の出演者】水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、三石琴乃 ほか
【あらすじ】何をやらせても冴えない少年、のび太。ある日、彼の前に22世紀から来た彼の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット“ドラえもん”が現われる。のび太は未来でも不幸を重ね、莫大な借金を作って子孫たちを困らせていた。そんなのび太の未来を変えるため、ドラえもんを世話係として置いていくというのだ。ところが、当のドラえもんはまるで乗り気でない。そこでセワシは、ドラえもんに“成し遂げプログラム”をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまうが…。
【Filmarks★評価】3.4(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

山崎貴

生年月日1964年6月12日(56歳)
星座ふたご座
出生地長野県

山崎貴の関連作品一覧

藤子・F・不二雄

生年月日1933年12月1日(62歳)
星座いて座
出生地富山県高岡市

藤子・F・不二雄の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST