1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』軍事サスペンスの体裁を持った命や倫理観への問いかけが深すぎる【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』軍事サスペンスの体裁を持った命や倫理観への問いかけが深すぎる【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年8月27日の鑑賞タイトル『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

鑑賞前の期待値「その選択は正しいのかを描く物語に注目」

本日は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのキーラ・ナイトレイ、『ドクター・フー』シリーズのマット・スミス、『ハリー・ポッター』シリーズのレイフ・ファインズらが出演する映画『オフィシャル・シークレット』が公開されるということで、こちらをチョイス。

公開作と同じくギャビン・フッド監督がメガホンをとった本作は、無人偵察機ドローンを使って戦場から離れた場所で戦争を動かす、罪なき少女を犠牲にしてもテロリストを排除すべきかなど、正義やモラルを問いかけてくる問題作。どんな“景色”を見せてくれるのか。

鑑賞後の感想「現代戦争の新たなる脅威や恐怖を知り背筋が寒くなった」

イギリス軍・諜報機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、ベンソン中将(アラン・リックマン)と協力し、ナイロビ上空を飛ぶドローンを使ってロンドンからアメリカとの合同軍事作戦を指揮する。そうした中で大規模なテロ計画を突き止め攻撃命令を下すが、殺傷圏内に幼い少女がいることが判明。キャサリンはテロリスト殺害を優先しようとするが…。

相反するような言葉が並ぶタイトル、「世界一安全な戦場」とはどういう意味なのかと思ったら、ドローンを駆使して戦争を動かす人々であることを知り納得。ただ、これが“現実”に即して作られたのだとしたら、“実感”を伴わないことへの恐怖を強く感じる。

本作はきっと戦争映画に分類されるのだろうが、例えば劇中でワッツ中尉(アーロン・ポール)がミサイル発射のトリガーを握ってはいるものの、実際にはドローンが捉えた映像見ているだけなので、このあたりは従来の戦争映画とは異なり興味深い。派手な銃撃戦が苦手という人も、人々の駆け引き、というより責任の押し付け合いを繰り広げる姿には、きっといろいろと考えさせられるだろう。

そして訪れる“命の選択”。1人の命を守るのか、それとも多くの命を救うのか。どちらを選ぶのかは人それぞれの思想や価値観、その他さまざまな要因に左右されるのだろうが、そこにこそ今作のテーマが潜む。自分にとって、人間にとって何が大切でどう生きるべきかを問いかけてくる内容は奥が深い。

そういった問題意識を喚起してくれるだけでなく、戦争映画としてもサスペンスものとしてもエンターテインメント性は高く、クライマックスも含めた衝撃度も含め、見応えは十分だ。

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』で一番グッときたポイントは「機体」

戦闘機のほか、さまざまな形状の偵察機も登場するが、いずれも実用化されている模様。なかでも昆虫型ドローンの動きは驚きに満ち、知らず知らず観いってしまった。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』について

【製作年】2015年
【監督】ギャヴィン・フッド
【出演者】ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン、バーカッド・アブディ、ジェレミー・ノーザム ほか
【あらすじ】ドローンをはじめ最新テクノロジーでテロリストの偵察、捕縛を目指す英米共同軍事作戦会議を舞台に、遠隔操作で行われる現代の戦争の実態を赤裸々に描き出した緊迫の軍事サスペンス。主演は「クィーン」のヘレン・ミレン、共演にアーロン・ポール、アラン・リックマン。監督は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「エンダーのゲーム」のギャヴィン・フッド。ロンドン。英国軍のキャサリン・パウエル大佐は英米合同テロリスト捕獲作戦の指揮に当たっていた。米国軍の最新鋭ドローン偵察機がケニアのナイロビで凶悪なテロリストたちのアジトを突き止めるが、彼らがまさに自爆テロを決行しようとしていることが発覚、パウエル大佐は即座にドローンのミサイル攻撃によるテロリスト殺害作戦の決行を決断するが…。
【Filmarks★評価】3.8(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

出演者 ヘレン・ミレン  アーロン・ポール  アラン・リックマン  バーカッド・アブディ  ジェレミー・ノーザム  フィービー・フォックス  イアン・グレン  バボー・シーセイ  ギャヴィン・フッド  リチャード・マッケーブ
監督 ギャヴィン・フッド
製作総指揮 ザヴィエル・マーチャンド  ベネディクト・カーヴァー  クローディア・ブリュームフーバー  アン・シーアン  ガイ・ヒバート  スティーヴン・ライト[製作]
脚本 ガイ・ヒバート
音楽 ポール・ヘプカー  マーク・キリアン
概要 ドローンをはじめ最新テクノロジーでテロリストの偵察、捕縛を目指す英米共同軍事作戦会議を舞台に、遠隔操作で行われる現代の戦争の実態を赤裸々に描き出した緊迫の軍事サスペンス。主演は「クィーン」のヘレン・ミレン、共演にアーロン・ポール、アラン・リックマン。監督は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「エンダーのゲーム」のギャヴィン・フッド。ロンドン。英国軍のキャサリン・パウエル大佐は英米合同テロリスト捕獲作戦の指揮に当たっていた。米国軍の最新鋭ドローン偵察機がケニアのナイロビで凶悪なテロリストたちのアジトを突き止めるが、彼らがまさに自爆テロを決行しようとしていることが発覚、パウエル大佐は即座にドローンのミサイル攻撃によるテロリスト殺害作戦の決行を決断するが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヘレン・ミレン

生年月日1945年7月26日(75歳)
星座しし座
出生地英・ロンドン

ヘレン・ミレンの関連作品一覧

アーロン・ポール

生年月日1979年8月27日(41歳)
星座おとめ座
出生地米・アイダホ

アーロン・ポールの関連作品一覧

アラン・リックマン

生年月日1946年2月21日(69歳)
星座うお座
出生地ロンドン

アラン・リックマンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST