1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 日曜夜はおうちでゆっくり映画タイム! 20代女子がリアルに見てる人気の映画作品をご紹介。

日曜夜はおうちでゆっくり映画タイム! 20代女子がリアルに見てる人気の映画作品をご紹介。

シングストリート

日曜の夜から、迫りくる月曜日にもうすでにブルーな気持ちのみなさんへ。お休み最終日は、せっかくならばゆったりおうちで楽しめる映画を見て、明日からのウィークデイに備えませんか? 今日は、20代の女性がリアルに見ている映画作品をランキング形式でご紹介します。

1位 「パラサイト」

パラサイト

パラサイト

<あらすじ>
半地下住宅”に暮らす貧しい4人家族のキム一家。ある時長男ギウの友人ミニョクが自分が留学中に家庭教師を代わってほしいとバイトの話を持ってくる。向かった先は高台にある豪邸のパク一家。初日に母娘の信頼を勝ち取り、見事家庭教師の職を得たギウは、パク家の息子ダソンに紹介したい家庭教師がいると巧みに持ちかける。そして連れてきたのはジェシカと名乗る妹のギジョンだった。ダソンの美術教師になり母の信頼を得たギジョンは次にある仕掛けをする。徐々にパク家に取り入っていくキム一家。この二つの家族に待ち受けている衝撃の展開とは……。

2位 「アラジン」

アラジン

アラジン

<あらすじ>
ガイ・リッチー監督が名作アニメ『アラジン』を実写映画化。自分の居場所を探す貧しい青年・アラジンは、自由を求める王女・ジャスミンと、3つの願いを叶えることができる“ランプの魔人”ジーニーと出会う。

3位 「ヲタクに恋は難しい」

ヲタクに恋は難しい

ヲタクに恋は難しい

<あらすじ>
ふじたの同名人気マンガを「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」の福田雄一監督が実写映画化したラブコメディ。不器用なヲタク男女が織りなすピュアな恋の行方をコミカルに描く。26歳のOL桃瀬成海は、BL好きの隠れ腐女子。何よりも“ヲタバレ”を恐れていた成海だったが、転職先で重度のゲームヲタクで幼馴染の二藤宏嵩と再会する。自分を隠すことなく趣味を語り合えるヲタク友達を得て、毎晩のように居酒屋でヲタ話に花を咲かす成海。そんなある日、宏嵩からヲタク同士で付き合えばメリットばかりと合理性を説かれ、宏嵩と交際することにした成海だったが…。

新作「パラサイト」が圧倒的人気。知らない韓国の一面に触れることができる…!?

コメディとサスペンスの要素が混ざり合った『パラサイト』。本作は今年1番の名作と言っても過言ではないくらい大ヒットした作品です。今や韓国コスメや韓国ドラマなどを通じて、日本でもファンが増えている韓国文化ですが、本作では格差社会や“半地下”というソウルの住宅事情など、ダークな部分をストーリーと撮影の構図で表していて、自分の知らない韓国を知ることができました。

作品内では、度々「計画」という言葉が出てきます。様々な計画を試みながらやり過ごすキム一家の姿をエンディングまで見ると、「計画は状況によって変化するので無意味。だが、計画なしでは何も成し遂げられない」という人生の教訓のような言葉が心に刻まれました。

また、2位のアラジンはディズニー作品の中でも特に20代の支持率の高い作品です。
今回ランクインした実写版はミュージカル調の映画で、楽曲と共に人気となったのもヒットのポイントですね。
 

残念ながら今回ランク外ですが、editorおすすめの名作はこちら。

シング・ストリート 未来へのうた

私のおすすめの名作映画は『シング・ストリート 未来へのうた』です。

1980年代のアイルランド・ダブリンを舞台に、さえない日々を送る14歳の少年が一目ぼれした少女を振り向かせるためバンドを組み、音楽活動に没頭する姿を描いているこの作品。音楽と出会って、少しずつ変わっていく主人公を描いているストーリーが勇気を与えてくれるのはもちろん、この作品はBGMがとにかく素晴らしいのです!

主題歌を担当したのは、Maroon5(マルーン5)のアダム・レヴィーン。映画を見た翌朝、サントラを聞きながら向かう会社や学校までの道は、なんだか当たり前の日々が変わるドラマが起こりそうな、ドキドキの予感がするかもしれません。

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた

<あらすじ>
14歳のコナーはバンドを組む。街でいちばんイカした彼女を振り向かせるために―。1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった─。 

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
あみゅう/橋本あやか

【Editor】あみゅう/橋本あやか

橋本あやか(はしもと・あやか)。インターネットと美容やファッション等のガールズカルチャー、そして音楽が好きな25歳。主に映画や書籍について執筆します。美容や雑貨などについての記事も書いていきたいと考え中。

あみゅう執筆の記事一覧 Twitter(@ayam6719)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST