1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『ゲティ家の身代金』身代金を惜しむ義父&誘拐犯相手に奮闘する母の姿に応援したくなる【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ゲティ家の身代金』身代金を惜しむ義父&誘拐犯相手に奮闘する母の姿に応援したくなる【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

ゲティ家の身代金

ゲティ家の身代金

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年10月15日の鑑賞タイトル『ゲティ家の身代金』

鑑賞前の期待値「誘拐事件で身代金を払いたくないとは、どういうこと?」

本日は、リドリー・スコット監督と『ジョーカー』でアカデミー主演男優賞を獲得したのも記憶に新しいホアキン・フェニックスが、フランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトがテーマの映画『Kitbag』(原題)で再タッグを組むというニュースを目にしたので、こちらをチョイス。

ホアキンが名優なら、スコット監督も『グラディエーター』『ブラックホーク・ダウン』でアカデミー監督賞ノミネート経験があるなど、名監督の一人。そんな彼が手がけた本作は、1973年に発生したアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を基に映画化された。

身代金の支払いを拒否するという前代未聞の出来事が描かれるが、どのような展開でどのようなてん末となるのか。

鑑賞後の感想「怖いものは数あれど、やはりもっとも怖いのは人間なのかも」

世界一の大富豪と言われるゲティ(クリストファー・プラマー)の孫ポール(チャーリー・プラマー)が誘拐され、犯人から1700万ドルの身代金を要求される。ところがゲティは支払いを拒否。離婚して一家離れていたポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、誘拐犯のみならず、支払いを拒むゲティとも戦うことに。一方、犯人は身代金が支払われないことに痺れを切らしはじめる…。

鑑賞する前、あらすじを読み思わず「本当に!?」と大きな声を出しそうになるほど、本作の“設定”はエッジが効いているというか、ぶっ飛んでいる。しかも、それが事実に基づいたことというのだから、言葉は陳腐になってしまうが心底、驚きだ。

莫大な資産を有しながらも孫が誘拐されたのに、身代金を払おうとしない。もはやケチという言葉では言い表せないほどの守銭奴ぶりが突き抜けている。さらに驚愕なのが、あろうことか身代金を息子に貸したことにして利子を得ようとする。ここまでいくとかえってすがすがしいほどだが、いざ有事の際に身内にこのような人物がいたら…と想像するだけで背筋がゾッとしてしまう。

そんな義父を相手に、本来ならしなくてもいい戦いをしいられるゲイル。何をどう観ようと、思想信条に関わらず彼女に少しでも肩入れせずにはいられない。そして決してあきらめずに、ゲティにも犯人にも立ち向かい続ける姿は美しく、ある意味輝いて見える。

物語の核となる要素やゲティという人物の人間性にちょっと…と引っかかりを覚えてしまうと難しいかもしれないが、彼の“ゲスぶり”は一見の価値あり、かもしれない。

『ゲティ家の身代金』で一番グッときたポイントは「ゲティ」

とにもかくにも金銭に関する考え方が、いろいろな意味で異次元にしてモンスター級。ここまで執着できるというのは逆に感心してしまう。演じたがクリストファー・プラマーが醜悪さを濃厚に演じているのも効いていた。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ゲティ家の身代金』について

【製作年】2017年
【監督】リドリー・スコット
【出演者】ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、マーク・ウォールバーグ、チャーリー・プラマー ほか
【あらすじ】世界一の大富豪の孫が誘拐されるが、身代金の支払いを拒否。母親は救出を願い、誘拐犯と父と対決していくことに……。
【Filmarks★評価】3.5(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST