1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 子育てパパ的最高傑作『HUGっと! プリキュア』の映画。恥ずかしながら娘の前で号泣したワケとは?【週末エンタメのススメ】【Editor’s select】

子育てパパ的最高傑作『HUGっと! プリキュア』の映画。恥ずかしながら娘の前で号泣したワケとは?【週末エンタメのススメ】【Editor’s select】

映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

今週は僕が本当に泣いた映画・本・漫画の中から、お子さんと一緒に体験してほしい作品をセレクト!
今回紹介する『映画HUGっと! プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』。
「はいはい、プリキュアね」と思ったそこのあなた! 同じ父親、子を持つ親の僕を信じて、ぜひ観てみてください。

この子は本当に中学生か? すべてを包み込む愛の大きさが半端ない

アニメを見ていた時もそうでしたが、特にこの映画の主人公の野乃はな(キュアエール)ちゃんは本当に素晴らしい。
もともと母親というテーマがあることもあり、彼女からは母の愛がひしひしと伝わってきますが、今回は敵キャラをも包み込む最高の愛に、僕の涙腺がやられてしまいました。

また敵キャラが「自分にはキラキラした思い出がない」という、とても人間臭い悩みを抱いていることも感情移入しやすいポイント。
終始バトルをする中、傷つきながらも、敵キャラの心に問いかけ続け、最後は心を通わせてしまう彼女の芯の強さは、本当に中学生かと思ってしまうほど立派なものでした。
僕は娘がいますが、その影響もあり、なおさら、深く入り込んでしまうのかもしれません。

「頑張れ! 負けるな! すごいぞ! いつでも、応援しているぞ!」と。

1作目からHUGっと! プリキュアまで。神がかった総攻撃の演出に涙。

僕はプリキュアについて詳しいわけではないので、オールスターといってもあんまりピンとこなかったのですが、終盤に歴代プリキュアたちが総攻撃するシーンでも涙してしまいました。
いやいや、知らないキャラクターたちだし、女の子のアニメだし、嘘でしょ!? って思いますよね?
いや、これが本当なんです。

見たことのないプリキュアたちが次から次へと、何やら強そうな必殺技をバンバン繰り出していくのですが、そのバトルシーンにかかる曲たち(各シリーズの主題歌)、これがもう涙腺を攻撃してくるのです。
どれもこれも知らない曲なのですが、なぜか彼女たちを表現する曲であり、応援する曲に聞こえてきて自然にぽろぽろ涙がこぼれてしまいました。
こうして記事を書きながらも、ぽろぽろ。

正直、プリキュアなんて…って思っていましたが、まさか泣かされる日が来るとは…。

ぜひ、パパたちにはお子さんと一緒に観てもらいたいおすすめ作品です。

Editor's select

映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

映画HUGっと! プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

【Editor】お弁当パパ/伊東寛雄

伊東寛雄(いとう・ひろお)。一姫二太郎(5歳♀、1歳♂)を子に持つ父親。毎朝こどものお弁当をつくってSNSに投稿するのが日課。スマイルサプリでは子育て中の妻に”作品をプレゼントする”シーンを妄想して記事を書いている。稀に音楽熱が燃え上がり、音楽関連の記事を書くこともある。

執筆記事
【スマイルパパ】記事一覧 【パパサプリ】記事一覧 【スマイルサプリ】記事一覧 【サクセスサプリ】記事一覧 【週末エンタメのススメ】記事一覧

SNS
Twitter(@chiromanpapa)

週末エンタメのススメとは、週末・休日に体験してもらいたい作品(映像、本・コミックなど)を紹介しています。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST