1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『ガラスの城の約束』家族の難しさと価値観の違いによる苦さのリアルさを痛感【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ガラスの城の約束』家族の難しさと価値観の違いによる苦さのリアルさを痛感【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

ガラスの城の約束

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年11月5日の鑑賞タイトル『ガラスの城の約束』

鑑賞前の期待値「家族という普遍のテーマをどう描くのだろうか」

本日は、今日が「縁結びの日」ということで親子の縁も“縁”の内ということから、こちらをチョイス。

今作は、『ルーム』でアカデミー主演女優賞に輝き、『キャプテン・マーベル』などで知られるブリー・ラーソンが、『ショート・ターム』ダスティン・ダニエル・クレットン監督と再タッグを結成。ラーソンのほか、『スリー・ビルボード』などのウディ・ハレルソン、『インポッシブル』などのナオミ・ワッツらも出演している。

自由すぎる両親に振り回されつつも成長していくヒロインの姿を描くヒューマンドラマを、じっくりと味わってみたい。

鑑賞後の感想「心が悲鳴を上げそうになるが深いところで共鳴できる部分も」

人気コラムニストのジャネット(ブリー・ラーソン)は、ファイナンシャル・アドバイザーの恋人・デヴィッド(マックス・グリーンフィールド)と暮らし、婚約を決まるなど順満帆な日々。ただ両親について、理想や夢を追い求めて自由奔放に暮らす両親との関係を絶っていたため、周囲には嘘をついていた。ある日、ホームレスになっていた父親のレックス(ウディ・ハレルソン)と再会する…。

ヒロインの父親は定職を持たず酒に溺れ、母親も絵を描くことに没頭するあまり子育てに手が回らない…という、まさに“自由”を地で行くタイプ。当人たちからすると自分の意思でそう生きているのだろうが、ほかの人、それも子どもとなれば話は違う。日常生活での苦労は想像に難くないし、たまったものではないだろう。

この「価値観の相違」というのは意外と根深いもので、自分に近しい人とそうであるほど、何かしら“つらさ”を感じてしまう。仮にしっかりとした両親であったとしても、生きる上での違いは実にやっかいだ。

本作に登場する家族は価値観の違いに悩まされつつもなぜかつながっている、かなりいびつな関係性を構築。親子なのだから、という言葉ではすまされないのは、そこに貧困の問題もあれば、親の愛情が深すぎるあまりに子どもが重荷に感じてしまうという事実も描かれている。

親という立場に“正解”もなければ、“あるべき”子どもの姿もない。引いては人付き合いにも通じるが、環境や状況、生き方によってベターなものを意識的にも無意識的にも取捨選択していくのだろう。そう考えるとヒロインが父親と再会してからの行動は、一見すると自分自身を否定しているようにも感じるが、そこには本人しかわからない葛藤や思い、決断があったことは、ラーソンの真摯な演技から伝わってくる。

親に似るうれしさと似た切なさ。何とも言えない感情は誰しもが少なからず共感できるはずで、ジャネットに肩入れして観ていると、何とも言えない心情にさせられ、良くも悪くも心をかき乱される。そして改めて今作が実話に基づいていることに驚かされた。

『ガラスの城の約束』で一番グッときたポイントは「リアルな手触り感の演技」

ヒロインのブリー・ラーソンのリアリティーを伴った演技も拍手喝采だが、両親を演じたウディ・ハレルソン&ナオミ・ワッツも素晴らしい。自由に見えてそこには暗さがある。家族というものの温かさと怖さを絶妙に醸しだし、作品に深みを与えていると感じた。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ガラスの城の約束』について

【製作年】2017年
【監督】デスティン・ダニエル・クレットン
【出演者】ブリー・ラーソン、ウディ・ハレルソン、ナオミ・ワッツ、マックス・グリーンフィールド ほか
【あらすじ】1989年、ニューヨーク。“ニューヨーク・マガジン”で活躍する人気コラムニストのジャネット・ウォールズは、真面目な青年デヴィッドとの結婚を控え、仕事もプライベートも順調な日々を送っていた。そんなある夜、車道に飛び出してきたホームレスの男性と遭遇したジャネット。なんとその男性は彼女の父、レックスだった。
【Filmarks★評価】3.6(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ブリー・ラーソン

生年月日1989年10月1日(31歳)
星座てんびん座
出生地

ブリー・ラーソンの関連作品一覧

ウディ・ハレルソン

生年月日1961年7月23日(59歳)
星座しし座
出生地米・テキサス・ミッドランド

ウディ・ハレルソンの関連作品一覧

ナオミ・ワッツ

生年月日1968年9月28日(52歳)
星座てんびん座
出生地英・ケント・ショアハム

ナオミ・ワッツの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST