1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『悪夢のエレベーター』鑑賞前から鑑賞後まで何が起きるか読めない面白さを堪能させてくれる秀作【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『悪夢のエレベーター』鑑賞前から鑑賞後まで何が起きるか読めない面白さを堪能させてくれる秀作【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

悪夢のエレベーター

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年11月10日の鑑賞タイトル『悪夢のエレベーター』

鑑賞前の期待値「ワンシチュエーションものならではの面白さ」

本日は、1890年に日本初の電動式エピソードが設置されたことから「エレベーターの日」に制定されているということで、こちらをチョイス。

映画『サンブンノイチ』の原作や『家族ごっこ』の共同監督などで知られる木下半太の小説「悪夢シリーズ」の一作を映像化。堀部圭亮が長編初監督作で、内野聖陽、佐津川愛美、斎藤工、モト冬樹らが出演している。

停止してしまったエレベーターに閉じ込められた男女が繰り広げる“密室劇”という、ワンシチュエーションものならではの予測できない展開を味わいたい。

鑑賞後の感想「綿密に作り込まれたプロットとヌルッとだまされる展開が◎」

頭の痛みにより目を覚ました小川順(斎藤工)がいたのは、見知らぬ男女3人と乗り合わせた急停止したエレベーター内。非常ボタンは故障しているうえに携帯電話の電池は切れているため、救助を呼ぶことができない状況の中、なぜか互いの秘密を暴露し合うことに なり…。

個人的にはワンシチュエーションものは嫌いじゃなく、期待感に胸躍らせながら鑑賞を始めると、期待通り、良い意味で登場人物たちによる“意味不明”な会話が進行していき、順と同じく違和感だらけで引き込まれる。

ただ、いくら切羽詰まった状況とはいえ、見ず知らずの人を相手に秘密を明かすというのはちょっとご都合主義的なことは否めないが、そこはご愛敬。その設定に目をつぶれば、各キャラクターが絶妙にウソをついていることが、後々明らかになってきて面白い。すべてをウソで固めるより、ちょっとした事実を織り交ぜる。興味深い手法だ。

そして驚いたのが、エレベーター内ですべてが終わるのかと思いきや物語は思いもよらぬ方向へ。外へと広がったストーリーは予測不能な「どんでん返し」が繰り広げられ、前半でついたウソがあらぬ角度で影響を与えてくる連鎖が気持ちいい。登場人物たち的にはあわてふためくところだが、見ている方はほころびが出続けるのに物語は終結に向けてテンポ良く進んでいくのは、素敵な演出だ。

もしかしたらワンシチュエーションもの、コメディータッチの心理劇と思って観始めている時点で、今作のトラップにハマっているのかも。そんな意外性をメインに据えながらも、各登場人物のキャラが立っているのも味わいを深めている。

『悪夢のエレベーター』で一番グッときたポイントは「どんでん返し」

今作は、使い古されてはいるがこの言葉がよく似合う。大きいものから小さいものまで各種取りそろえられ、そこに向けて地道に伏線を積み重ねていく過程が○。アンフェアさが少ないのも悪くない。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『悪夢のエレベーター』について

【製作年】2009年
【監督】堀部圭亮
【出演者】内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まなみ ほか
【あらすじ】産気づいた妻からの連絡で自宅に急いでいた小川順は、エレベーターの急停止の際に気を失ってしまう。順が意識を取り戻した時、エレベーター内には他に、関西弁のヤクザ風男・安井、ジャージ姿の中年男・牧原、ゴスロリファッションの少女・カオルの3人が一緒に閉じ込められていた。非常ボタンも反応せず、唯一の携帯電話も電池切れで、完全に外部との連絡の手段を絶たれてしまった4人だったが…。
【Filmarks★評価】3.3(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

堀部圭亮

生年月日1966年3月25日(54歳)
星座おひつじ座
出生地東京都

堀部圭亮の関連作品一覧

内野聖陽

生年月日1968年9月16日(52歳)
星座おとめ座
出生地神奈川県

内野聖陽の関連作品一覧

佐津川愛美

生年月日1988年8月20日(32歳)
星座しし座
出生地静岡県静岡市葵区

佐津川愛美の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST