1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. あの映画の主人公が飲むお酒が飲みたい!名作映画に出てくる名脇役カクテルのお話。

あの映画の主人公が飲むお酒が飲みたい!名作映画に出てくる名脇役カクテルのお話。

SEX AND THE CITY

名作と呼ばれる映画には、物語を印象付ける、名脇役のお酒やカクテルの存在があります。
登場人物がお酒を飲むシーンを観ると、憧れの登場人物がどんな味のお酒を味わっているのか気になったことはありませんか?

今日は、名作映画に出てくるお酒たちをご紹介していきます。映画を見ながら同じお酒を嗜んで、お気に入りのシーンを自宅で再現してみては?


SEX AND THA CITY

『SEX AND THE CITY [THE MOVIE]』/コスモポリタン

<あらすじ>
4人の独身女性のファッショナブルなニューヨーク・ライフを赤裸々に描き日本でも女性を中心に社会現象をもたらした大ヒットTVドラマの劇場版。TVシリーズの最終話から4年後を舞台に、ヒロイン4人の友情とそれぞれ歩み始めた人生の行方を綴る。ベストセラー本を出版し、私生活でもミスター・ビッグと順調な関係を築いているキャリー。恋人の俳優とロサンゼルスに移り住んだサマンサ。養女を授かり念願の母親となったシャーロット。弁護士の仕事と家庭の両立に奮闘するミランダ。そんな彼女たちは今も変わらず固い友情で結ばれていたが…。

【お酒の小話】

『SEX AND THE CITY』といえば、薔薇色のコスモポリタン。ドラマ版の『セックス・アンド・ザ・シティ』では、6シーズンを通して、物語の重要な局面に必ずといっていいほど登場していたカクテルです。ライム、クランベリージュース、コアントロー、ウォッカシトロンをシェイクして作り出す甘酸っぱいテイストは、ヒロインたちの彩り豊かな人生を象徴しているかのよう。
 

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

シャイニング

『シャイニング』/ジャック・ダニエル

<あらすじ>
豪雪のため、冬の期間だけ閉鎖されるオーバールック・ホテル。かつてここでは、精神に異常をきたした管理人が一家を惨殺した挙句に自殺するという、痛ましい事件が起きていた。 そんないわくつきのホテルに、小説家志望のジャック(ジャック・ニコルソン)、その妻のウェンディー(シェリー・デュヴァル)、息子のダニー(ダニー・ロイド)が新しい管理人一家としてやってくる。外界と完全に隔離された世界で、最初は穏やかに生活を営んでいたジャックたちだったが、超能力を持つダニーはこのホテルにただならぬ“邪悪さ”を感じていた。 やがてこの一家に、かつてない恐怖が襲いかかる…。

【お酒の小話】

主人公ジャック・トランスが雪に閉ざされたリゾートホテルの中、上手に小説が執筆できず、次第に狂気の淵へ。家族という人生のお荷物から逃げて逃れて逃避して…。辿りついたのは幻想のバー。

ここで幽霊のバーテンダーに注いでもらったのがジャック・ダニエルでした。主人公の“ジャック”が「ジャック・ダニエル」を飲むシーンは、観劇した誰もが印象に残ったシーンのはず。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

ティファニーで朝食を

『ティファニーで朝食を』/ホワイトエンジェル

<あらすじ>
1961年アメリカ映画。自由気ままに生きる美女と彼女に惹かれる作家の愛を描いたロマンティック・コメディ。「ティファニーで朝食を食べるご身分」に憧れるホリーは、玉の輿を狙い複数の男性から援助を受け奔放に暮らしていた。ある日同じアパートに作家ポールが越してくる。やがて2人は惹かれ合うが、富と自由を愛するホリーは別の男性に目移りしてしまう。

【お酒の小話】

本作を見たことがない人は、「あれ、朝食じゃなくてお酒の話?」だなんて思ってしまうかもしれません。でも、オードリー・ヘップバーンが演じたホリー・ゴライドリーのレディなファッションと小悪魔的な振る舞いは、女の子の永遠の憧れであり、そこにはお酒はつきもの。
かなりのカクテル好きでもあるホリーは、シャンパンカクテルやマンハッタン、強めのミシシッピパンチだって飲んでいましたが、そんな彼女がもっとも愛したのがホワイトエンジェルというマティーニの変わり種カクテル。

「ウォッカを2分の1、ジンを2分の1、ベルモットは抜いてちょうだい」とホリーがオーダーしたように、自分らしくアレンジして見るのも良いですね。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

華麗なるギャッツビー

『華麗なるギャッツビー』/ミントジュレップ

<あらすじ>
好景気に沸く狂騒の1920年代を舞台に、ある目的のために全てを捧げるひとりの男の華麗にして空虚な人生の顛末を、ミステリアスかつゴージャスに描き出す。証券会社に就職し、ニューヨーク郊外に移り住んだ青年ニック・キャラウェイ。隣の豪邸では、夜な夜な豪華なパーティが開かれていた。しかし招待客の誰ひとり、屋敷の主人ギャツビーの本当の姿を知る者はいなかった。そんな中、ついにパーティに招かれ、ギャツビーと対面するニックだったが…。

【お酒の小話】

レオナルド・ディカプリオが主役を演じたこの映画に欠かせないのが、ミントジュレップ。
ニューヨークで夫のトムとジェイ・ギャッツビーの2人と言い争いながら、デイジー・ブキャナンがちびちびと口にしていたドリンクが、ミントジュレップ。バーボン、水、クラッシュした氷に、フレッシュなミントを加えた爽快な1杯です。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

パラサイト

『パラサイト 半地下の家族』/サッポロビール

<あらすじ>
全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れるが...この相反する2つの家族の出会いは、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。

【お酒の小話】

劇中序盤、極貧生活のキム一家は発泡酒を好んで飲んでいましたが、仕事が軌道に乗り始めた頃自宅で飲まれていたのがサッポロビール。そこには、確かな生活の変化の象徴として描かれていて、その演出には「たまげた!」と思っていました。日本のビールが韓国で好まれているのも新たな発見ですね。


007 ゴールドフィンガー

『007 ゴールデンフィンガー』/マティーニ

<あらすじ>
メキシコでの任務の帰路、マイアミに立ち寄ったイギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドは、かつてのカジノ・ロワイヤルでの勝負の際同席したデュポンと再会し、彼の頼みでオーリック・ゴールドフィンガー[1]のカードゲーム(カナスタ)のいかさまを暴いた。ロンドンへ戻ったボンドは、ゴールドフィンガーがスメルシュの手先となって金の密輸を行っているらしいことを聞かされ、その調査を命じられた。調査中、ボンドはゴールドフィンガーに捕らわれ、彼がアメリカ合衆国のフォート・ノックス(英語版)を襲撃して合衆国金塊保管所に貯蔵された金塊を奪取し、ソ連の巡洋艦に積み込んで海外に運び去ろうとしていることを知る。

【お酒の小話】

スクリーンに登場した幾多のカクテルの中でも、おそらくもっとも有名な1杯は『007』シリーズ(1965〜2015年)の主人公、ジェームス・ボンドが愛するマルティーニ。

シリーズ第1作の『カジノロワイヤル』(1953年)で、ボンド流の正しいマティーニの楽しみ方を紹介していました。「ステアではなくシェイクで。」というワードが流行しましたが、その楽しみ方はこちら。
「ゴードンジンを3、ウォッカを1、キナリレーを2分の1」をよく冷えるまでシェイクし、「大きな薄いレモンピールを加えて」マティーニグラスでサーブする。このカクテルは、小説の中でボンドが追い求めた女性の名前にちなみ、「ヴェスパーマティーニ」と名付けられたんだそう。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
あみゅう/橋本あやか

【Editor】あみゅう/橋本あやか

橋本あやか(はしもと・あやか)。インターネットと美容やファッション等のガールズカルチャー、そして音楽が好きな25歳。主に映画や書籍について執筆します。美容や雑貨などについての記事も書いていきたいと考え中。

あみゅう執筆の記事一覧 Twitter(@ayam6719)

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST