1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 韓国発の感動大作。泣ける映画『おばあちゃんの家』は親になったら絶対に観てほしい【週末エンタメのススメ】【Editor’s select】

韓国発の感動大作。泣ける映画『おばあちゃんの家』は親になったら絶対に観てほしい【週末エンタメのススメ】【Editor’s select】

おばあちゃんの家

今週はおばあちゃんの深い愛情を感じることができる泣ける作品をセレクト。
今日ご紹介するのは『おばあちゃんの家』。韓国発の最高に感動する映像作品です。

おばあちゃんの深い愛に、さらに上をいく愛で恩返しする孫のとてもリアルな物語

話せない、字もうまく書けないおばあちゃんと、わがまま放題の孫・サンウ。
映画の中での二人のやりとりは、それはそれはリアル。

例えば、

「フライドチキンが食べたい」というサンウの希望を叶えるためにおばあちゃんが作ったのは、「茹でた鶏の足」。
孫はフライドチキンも知らないのかと怒り、一切口にしない。
しかし、空腹に耐えかねた夜、サンウは鶏の足を貪り食う。

少しだけ髪を切って欲しいとおばあちゃんに頼むサンウ。
しかし、おばあちゃんは髪を切りすぎてしまう。
サンウはこんなんじゃ女友達に会えないと怒る。

など、もうわがまま放題な嫌な悪ガキだな!! と思いつつも、何か自分も同じようなことをしたことがあるような気がして少し胸が締め付けられる思いでした。
何か自分の幼少期を追体験しているような感覚です。

そして、そんな孫を暖かくいつも包み込んでいるおばあちゃんに対しても少し気持ちがわかるというか、おそらく自分も子を持つ親になったからでしょう、感情移入してしまいました。そうだよね、何を言われても、どんなことがあろうとも、この子が愛おしいよねと。

最後はサンウは次第におばあちゃんの愛情の深さに気づき、おばあちゃんとお別れのシーン。
それはそれは感動ものです。よくぞここまで成長した、おばあちゃんの愛情に、さらに上をいく愛情で恩返し。
詳細は完全なネタバレになるので控えておきますが、絶対涙を流すはず。

ぜひ、この週末体験してみてください。

Editor's select

おばあちゃんの家

おばあちゃんの家

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

【Editor】お弁当パパ/伊東寛雄

伊東寛雄(いとう・ひろお)。一姫二太郎(5歳♀、1歳♂)を子に持つ父親。毎朝こどものお弁当をつくってSNSに投稿するのが日課。スマイルサプリでは子育て中の妻に”作品をプレゼントする”シーンを妄想して記事を書いている。稀に音楽熱が燃え上がり、音楽関連の記事を書くこともある。

執筆記事
【スマイルパパ】記事一覧 【パパサプリ】記事一覧 【スマイルサプリ】記事一覧 【サクセスサプリ】記事一覧 【週末エンタメのススメ】記事一覧

SNS
Twitter(@chiromanpapa)

週末エンタメのススメとは、週末・休日に体験してもらいたい作品(映像、本・コミックなど)を紹介しています。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST