1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『パニック・フライト』主人公の魅力とアイデアの良さで勝負したサスペンス・アクション【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『パニック・フライト』主人公の魅力とアイデアの良さで勝負したサスペンス・アクション【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

パニック・フライト

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年12月17日の鑑賞タイトル『パニック・フライト』

鑑賞前の期待値「巨大な密室の中で繰り広げられる頭脳戦」

本日は、「飛行機の日」ということで、『エルム街の悪夢』や『スクリーム』シリーズなどで知られるホラー映画界の巨匠の一人、ウェス・クレイブンが監督を務めたこちらをチョイス。

飛行機内で繰り広げられるサスペンス・アクションということで、ホラー映画の名手がどのような緊迫感あふれる演出で楽しませてくれるのか。おおいに期待したい。

鑑賞後の感想「静と動を使い分けた展開の妙が最後まで引っ張ってくれた」

一流ホテルのマネージャーとして働くリサ(レイチェル・マクアダムス)。勤務地のマイアミへ戻る飛行機に乗り込むと、フライトを待つ間に空港で知り合った男性リップナー(キリアン・マーフィ)が偶然隣同士の席となる。しかし、彼の正体は国家要人暗殺チームの一員だった…。

飛行機という基本的には逃げ場のない“空飛ぶ密室”を舞台に、主人公とテロリストが知能戦を繰り広げるというアイデアは魅力的で、両者の駆け引きは派手さこそないものの見応えは十分だ。

そして派手さを求めていると、後半戦にかけて飛行場での逃走劇や肉弾戦とヒートアップ。静かなる戦いだった前半とは打って変わってスピード感にあふれた怒濤の展開に釘付けとなった。このあたりの緩急は見事と言える。

物語の大半がリサとリップナーによる攻防戦で進行していくが、それでも単調さや飽きを感じないのはキャスト2人の演技力に拍手。ただその他登場する思わせぶりなキャラクターたちを、もう少しメインストーリーに絡ませてもいいのではと、少しぜいたくに思ったりもした。

観ていて面白いと思ったのがロケットランチャー。この演出には度肝抜かれたし、設定的にそこまでするなら細かい計画は必要ではないのでは…と内心ツッコミを入れつつも、そんなシュールすぎるダイナミックさも含めて魅力を放っているように見えるのだから不思議だ。

本作の原題『RED EYE』を放題では『パニック・フライト』としているが、全編通してパニック感はかなり薄め。どちらかというと最初に書いたようにサスペンスやアクション要素を中心とした攻防戦がしっかり描かれているので、タイトルのネーミングで敬遠しているようなら再考をおすすめしたい。

『パニック・フライト』で一番グッときたポイントは「リサ」

本作のヒロインのような状況に置かれたら、普通は何もできない。ところがリサは機転を効かせて敵と丁々発止に応戦。堂々と渡り合うリサが持つ心の強さに乾杯だ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『パニック・フライト』について

【製作年】2005年
【監督】ウェス・クレイブン
【出演者】レイチェル・マクアダムズ、キリアン・マーフィー、ブライアン・コックス、ジェイマ・メイズ ほか
【あらすじ】マイアミの豪華ホテルでマネージャーとして働くリサは、郷里テキサスからの帰りに深夜フライトに乗り込む。偶然にも隣席には空港で知り合った男性リップナーがいた。だがリップナーの正体は、要人暗殺を企むグループの一員だった。リサの勤務するホテルに宿泊する要人の部屋を変えるように脅迫するリップナー。要求をのまなければリサの父親の命は無い。地上30,000フィート、密室と化した機内でリサとリップナーの静かな闘いが始まった…。
【Filmarks★評価】4.0(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST