1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 瀧内公美と神尾楓珠が共演の映画『裏アカ』。加藤卓哉監督と師匠の木村大作監督にインタビュー!

瀧内公美と神尾楓珠が共演の映画『裏アカ』。加藤卓哉監督と師匠の木村大作監督にインタビュー!

映画『裏アカ』

(C)2020映画『裏アカ』製作委員会

葛藤や欲望、そして性への衝動…
この時代に生きる私たちに「本当の自分は?」を問う究極の人間ドラマ

2015年のTSUTAYA CREATORS' PROGRAM(以下、TCP)で準グランプリを受賞した『裏アカ』の企画。2019年に映画『裏アカ』が完成し、2020年6月に公開を控えていました。ところが、想定外の災厄が襲った2020年。日本映画界にも大きな影響を及ぼし、春以降、新作映画が続々と公開延期が発表されました。映画『裏アカ』もそのひとつで、約1年の公開延期を乗り越えて、2021年4月2日(金)から全国で絶賛上映中です!

映画『裏アカ』は、人間の二面性を象徴するSNSの裏アカウントを題材とした作品で、「本当の自分は?」を問う究極の人間ドラマが描かれています。今回、劇場公開のタイミングに合わせて、加藤卓哉監督(以下、加藤監督)が助監督時代に、さまざまな教えを乞い、今も師弟関係にあたるという木村大作監督(以下、木村監督)に対談形式でインタビューを実施!映画公開前の 映画『裏アカ』に込めた思いなどについて語っていただきました。

 加藤卓哉監督×木村大作監督 対談形式インタビュー

――悩みや苦しみを抱いてもがく主人公・伊藤真知子を観ていると、自分ではないけれど、どこか自分と重なる部分もあって、本当に大切なことは何かを見つめ直すきっかけを与えてくれる作品でした。ストーリーもリアリティがあって、すごく心に響くテーマだなと強く感じました。そこで加藤監督にお伺いしたいのですが、今回の映画を撮る上で、一番意識したこと、大切にしたことがあれば教えてください。

加藤監督:僕も「なかなかなりたい自分になれない」っていうところがあって。『裏アカウント』っていう割と手軽に「なりたい自分になれる世界」というか、もう一人の自分になれる世界があるっていうのが面白いなと思い、企画しました。

30代半ばって、女性の方が男性より、結婚だとか出産だとか、いろんな選択肢があるなかで、心の変化みたいなものが顕著だなと思ったので主人公を女性にしました。なので、主人公の感情が観ている人にしっかり伝わって欲しいなと思っていたので、そこは主演の瀧内さんともけっこう話をして、意識して気をつけていた部分ではありますね。

――映画を通して感じたのは、主人公の真知子は、もともとは主体性のある女性だったと思うんです。自分の才能や魅力を高めるために自分磨きを頑張ってきたけれどその反面、仕事がうまくいかなくなって悩みができたり、自分の美意識がSNS上で思ったような評価を得られなかったり。ついには心が耐えられなくなり、主体性が薄れ、自分という存在を認めて欲しくて過激な行動を起こしてしまうのですが、誰にでも起こり得る怖さを感じましたし、女性目線を意識して描かれている作品だなと思いました。

加藤監督:裏に走る人っていうのは、表がなかなかうまくいかない人が多いと思うんですよね。表の世界が充実していたら、表でそのまま頑張ればいい話なので。裏アカは、うまくいかない人のストレスだったり、思いのはけ口だったり、そういうので使われることが多いと思います。

特に思ったのは、見るからに不幸そうな主人公がいて、その人が裏アカに走るよりも、真知子みたいに周りから見ると幸せそうだなという人の方が奥に潜んでいる欲望みたいなのは多いんじゃないのかな、と。それは自分の感覚ではありますが、あえて意識的にそういう設定にしました。

――ストーリーの随所で花が印象的に使われている作品だと感じましたが、どういった意図があったのかお聞かせください。

加藤監督:今回、僕がこの映画でやろうと思っていた、心の乾き。渇望ではなく、乾燥の方の乾きですが、それを表現するために使いました。

女性の脚本家さんが合流していた時期があったんですけど、その方が「女性は水だ」っておっしゃったんですね。「ずっと溜まっていると干からびて乾いちゃう。だから常に流れてないとダメなんだ」みたいなことをおっしゃっていて。それが印象に残っていたので、その「乾き」と「水」と、「花が咲く」というのが、なんかこう繋がっているなという発想から、花は意識的に入れました。あと、水もですね。車窓の水滴とか、川の流れとか、冒頭のシーンにあるドロっとしたヘドロとか。

――映画を観ていて、これからサスペンスがはじまるのかなと思いました。

全員:

――主演の瀧内公美さん、相手役を務めた神尾楓珠さんは体当たりで演じていらして、空気感がリアルに伝わってきました。今回、お二人と一緒にお仕事をされて、監督はどんな印象でしたか?

加藤監督:瀧内さんは、ガラス玉みたいな人だなと。役によって全然カラーが違う人だと思うんですけど。繊細さと、ちょっと角度を変えるとキラキラしているような感じがある方ですね。

神尾さんは、以前作った短編にも出てもらっていたので、実は現場も2回目だったんです。若いけどお芝居の勘がいい人だなと思っていました。コミュニケーションもそれほど取らなくても、彼に任せてやってもらえたっていう感覚はありますね。

――監督から何か指示や、演じるにあたってのリクエストをしたことはありましたか?

加藤監督:瀧内さんには、「感情がずっとつながって見えるように」というのは意識して話はしました。僕は割と人に任せたいと思うタイプで。それは丸投げという意味ではなくて、例えば、映像のことはキャメラマンの池田さんの意見を聞いて、彼がいいと思うアングルから撮って欲しいし、美術も僕なんかよりも神田さんが考えるデザインの中でやりたいから。基本、しっかり話した上で、最終的には任せるっていう考え方です。

瀧内さんに関しても、彼女が考える真知子像があったので、僕の思っているものと、現場でそれをすり合わせて。彼女が思っているお芝居の方がいいなと思ったときは、そのまま託してやってもらいましたし、どうしても違うっていうところは話し合って変えてもらったりしました。スタッフもキャストもコミュニケーションをよく取ってきてくれて、向こうから提案してくれる人達が多かったので、それは本当に助けられましたね。

――瀧内さん、神尾さんの濡れ場のシーンで特に印象に残っていることがあればぜひ教えてください。

加藤監督:濡れ場のシーンのお手本として、僕と助監督でやってみせました。もちろん裸にはなってませんけど(笑)

先ほど「任せる」っていう話をしましたが、そのときは、ちょっとふたりで話にくそうな感じだったから、スタッフ全員外に出てもらって。「僕はこう考えるんだけど、どう?」って、僕と助監督とで体位とかを1回やってみせた上で、2人の意見を聞きつつ、修正していった感じですね。

濡れ場に関しては…(木村監督の方を見ながら)

木村監督:僕は、濡れ場はなかなか得意な分野じゃないですね。好きなんだけどね。いざ自分がやってみせることもできないし、ある程度俳優さんに任せないとね、できないことだよね。難しいですよ。

 加藤卓哉監督×木村大作監督 対談形式インタビュー

――先日女性限定試写会が開催され、SNSでは「いろいろ考えさせられる映画だった」「リアリティがあって面白かった」「モヤモヤした感情を抱いて、生きづらさを感じている人に観て欲しい」という声も届いています。映画『裏アカ』は、どんな方に観て欲しい作品ですか?

加藤監督:僕もそうだったんですけど。みんながみんな、イチローじゃないし、大谷翔平じゃないし、やっぱりなりたい自分になれている人って、本当にコンマ数パーセントだと思うんですよね。「自分はもっとできるはずだ」とか「こんな自分になってるなんて」いう人が大半だと思います。そういう人達の心の乾きみたいなのが、みんな共通する部分がきっとあると思うので、そういう意味では、幅広く、特に女性には観て欲しいです。とはいえ、脚本を書いたのも監督も男性なので、そこは瀧内さんの表現力を信じるしかないですけれども。

――最後に、映画『裏アカ』をご覧になる方へメッセージをお願いいたします。

加藤監督:この映画のような行動をする人は本当に少ないと思います。でも、真知子が考えていることや感じている感情に似たものをきっと感じてもらえると思います。表とか裏とかを決めているのは自分の心。最後にもがいて一歩踏み出すところまで描いたつもりなので、それを観て自分自身のことを考えてもらえたら、こんなにうれしいことはないなと思います。

木村監督:作品がどういう風に観られるか。難しいですよね。自分とはまったく違う人が撮ってるわけだから、それをどう自分が理解するか。自分は『裏アカウント』なんて存在は、まったく知らないことでしたからね。僕、スマホで見るのは株価ぐらいかな。

――株価のチェックされていらっしゃるんですね!

木村監督:でも不思議に思わない?コロナ禍なのに、基本的には株価が上がってるんだよ。世の中には理解できないことはいっぱいありますよ。そういう意味ではそのひとつだよね、裏アカは。そういう風にとらえると映画は観やすいんじゃないかな。

本日はありがとうございました。

(取材・文:奥山あゆみ)


【TCPインタビュー】映画『裏アカ』加藤卓哉監督×木村大作監督「基本的にやりたいことはやれた」

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2015 準グランプリ受賞作品
映画『裏アカ』
2021年4月2日(金)新宿武蔵野館、池袋HUMAXシネマズ、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

映画公式サイト公式SNS

公式SNS(裏アカウント):※閲覧するには表アカウントをフォローする必要があります。

出演:瀧内公美 神尾楓珠
市川知宏 SUMIRE 神戸浩 松浦祐也 仁科貴 ふせえり 田中要次 他
監督:加藤卓哉 | 脚本:高田亮 加藤卓哉
製作:映画『裏アカ』製作委員会
配給:アークエンタテインメント
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
(C)2020映画『裏アカ』製作委員会

あらすじ

青山のアパレルショップで店長を務める伊藤真知子(瀧内公美)は、どこか満たされない毎日を送っていた。自分の意見は採用されず、さらに、ナノインフルエンサーでもあるショップ店員の新堂さやかに仕事を取られるなど、ストレスは溜まる一方に。何気ない一言がきっかけでSNSの裏アカウントを作った真知子は、その裏アカに際どい写真を投稿した。すると表の世界では得られなかった多くの反応に快感を覚え、どんどん過激な写真をアップするように。同じ心の乾きを持った年下の男 “ゆーと(神尾楓珠)”と出会って惹かれていく。表と裏、愛情と憎悪、真実と嘘、理性と欲望という、相対する2つが激しく交錯する中、真知子に訪れる結末とは…。


加藤卓哉監督プロフィール

1978年生まれ。東映株式会社 東京撮影所所属。『劔岳 点の記』(09)(木村大作監督)、『孤高のメス』(10)(成島出監督)、『わが母の記』(11)(原田眞人監督)、『あなたへ』(12)(降旗康男監督)、『アゲイン 28年目の甲子園』(15)(大森寿美男 監督)、『くちびるに歌を』(15)(三木孝浩監督)など、 さまざまな監督のもと、多岐に渡る作品で助監督を務める。 短編『春の佳き日』でSHORT MOVIE CONTEST グランプリを受賞。TSUTAYA CREATORS’ PROGRAMで準グランプリを受賞した企画の本作で、長編デビューとなる。長編第2作目となる『完全なる飼育 étude』は2020年に公開されている。

木村大作監督プロフィール

1939年生まれ。1958年、東宝撮影所に撮影助手として入所。『隠し砦の三悪人』(58)で黒澤明組に初参加、『用心棒』(61)『椿三十郎』(62)『どですかでん』(70)で撮影助手を務め、73年、須川栄三監督『野獣狩り』で撮影を初担当。『八甲田山』(77)『復活の日』(80)『駅 STATION』(81)『居酒屋兆治』(83)『火宅の人』(86)『あ・うん』(89)『誘拐』(97)『鉄道員』(99)など代表作多数。09年、初監督作『劔岳 点の記』でキネマ旬報ベスト・テン監督賞を受賞。監督作に『春を背負って』(14)『散り椿』(18)がある。

「TCP」について

「創りたい映画の企画があるがどう実現すれば良いのか分からない」「撮影した作品の提供先がない」といった映画ファンやクリエイターたちのアイデアや希望を形にすることを目的に立ち上がったプログラム。プロ・アマ問わず募集した企画の中から受賞した作品を映画化するためにTSUTAYAが総製作費・制作体制のバックアップをします。

TCP公式サイト

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST