1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『ジオストーム』テーマ大盛りのディザスターパニックアクションはB級的なノリがツボ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『ジオストーム』テーマ大盛りのディザスターパニックアクションはB級的なノリがツボ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

ジオストーム

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2021年4月22日の鑑賞タイトル『ジオストーム』

鑑賞前の期待値「ディザスターアクションのハラハラ」

本日は、4月20日が「アースデイ」ということで、こちらをチョイス。

『300 <スリーハンドレッド>』などのジェラルド・バトラーが主人公演じ、『インデペンデンス・デイ』の製作・脚本を手がけたディーン・デブリンの初監督作となった今作。気候のコントロールを可能にした人工衛星の暴走により地球が危機に瀕する…といった、ディザスターアクションならではのハラハラ感を味わいたい。

鑑賞後の感想「要素が数多く盛り込まれた作風は想像以上に悪くない」

人類は自然災害に対抗するため、天候を制御する気象コントロール衛星を開発。世界の天候が管理されるようになってから3年あまり経過したある日、衛星が突然暴走を始めて世界中で異常気象が発生させてしまう。地球滅亡を阻止するため、科学技術者のジェイク・ローソン(ジェラルド・バトラー)は、プログラム異常を解決するため宇宙へ向かう…。

物語のきっかけとしては、自然災害への対抗策として開発された気象制御のための衛星「ダッチボーイ」がシステムエラーを起こすという危機系作品の王道ではあるのだが、個人的には気象管理というアイデアが意外と嫌いじゃない。さらにシステム暴走からその裏には陰謀が…といった展開は、政治的なサスペンス感も醸しだし、一気に作風が変わったかのような印象。あまりの激変ぶりに違う映画を観ているかのような気分にも。

さらにそこへ主人公のジェイクと、その弟で何かしらのわだかまりがあるマックス・ローソン(ジム・スタージェス)が共闘していく姿をはじめ、さまざまな人間模様まで描かれ、まさにテーマの大盛りで満腹感は間違いなし。多少の既視感はなんのその。疾走感ある物語やスリリングなアクションといった映像面、かき回すだけかき回された末にたどり着くクライマックス含め、大作風味の超重量級のB級映画として、十分に楽しめた。

『ジオストーム』で一番グッときたポイントは「世界崩壊への描写」

「地球の日」にちなみ地球滅亡系の今作を選んだわけだが、とにもかくにもあらゆる自然災害や異常気象といった厄災がこれでもかと詰め込まれていて、その描写だけでもある意味で釘付けにさせられる。世界が滅亡に向かって歩き出す様子を派手な描写で見せられていると、そのなかに東京も含まれていることもあってか、何とも言えない迫力と恐怖が押し寄せてくる。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ジオストーム』について

【製作年】2017年
【監督】ディーン・デヴリン
【出演者】ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、アレクサンドラ・マリア・ラーラ ほか
【あらすじ】度重なる自然災害に苦しめられてきた人類は、ついに世界各国が協力して、全世界の天気を管理できる気象コントロール衛星“ダッチボーイ”を完成させる。ところがある日、そのダッチボーイが謎の暴走をはじめ、世界各地に未曾有の大災害をもたらしていく。かつてダッチボーイの開発に携わった天才科学者ジェイクは、この史上最大の危機を前に立ち上がり、人類滅亡を引き起こす地球規模の自然災害“ジオストーム”を食い止めるべく奔走するのだったが…。
【Filmarks★評価】3.5(5点満点中)

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST