1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『グーニーズ』が好きな人にオススメ!“子どもが活躍する冒険活劇” 映画【オススメ3選】

『グーニーズ』が好きな人にオススメ!“子どもが活躍する冒険活劇” 映画【オススメ3選】

TOP

どんな時だって、不思議なファンタジーの世界で、ヒーローが活躍する映画には胸が躍ります。

今日オススメするのは、ただのヒーロー映画ではなく、子どもが活躍する冒険活劇。
「子どもなのにこんなことできちゃうの!?」と驚かされたり、「子どもだからこそできる技よね…」と納得したり。

沢山の驚きと感動をくれる子どもが活躍する作品たち。
『ハリー・ポッター』シリーズや『グーニーズ』などが好きな人はきっとハマってしまうはず!

〜あたらしいネバーランドへようこそ〜

PAN

『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』

(C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc., RatPac-Dune Entertainment LLC and RatPac Pan Holdings, LLC

【あらすじ】
永遠の少年ピーターパンの誕生秘話を美しい映像美と共に描く。
孤児院で暮らす12歳の少年ピーターは、いつの日か母が迎えに来てくれることを夢見ていた。ある日、彼は地下室で“別の世界で必ず会える”と書かれた母の手紙を発見する。そんな中、ピーターと親友のニブスは、孤児院の子どもたちが空飛ぶ海賊船によってさらわれていることを知ってしまう。ほどなくしてピーターもさらわれ、不思議な世界ネバーランドへと連れ去られる。そこは、冷酷な海賊・黒ひげが支配していた。孤独なピーターはいかにして不思議な力を手にするのか。黒ヒゲとの戦いは必見!

【オススメ解説】
『つぐない』のジョー・ライト監督がピーター・パンが誕生するまでの物語を描く3Dアドベンチャー大作。
ピーター・パン役には新星リーヴァイ・ミラー、共演にヒュー・ジャックマン。

本作で一番びっくりしたのは、「フック船長」って元々は悪役じゃなかったんだ…ということ。
そして何より映像が美しすぎる…! CGで作られるとても高く作り込まれた世界観を見て、誰もがこの美しい世界の中にどうにか入りたいと思ってしまうと思います。

〜世界を救うために不思議な時計の謎に挑む〜

ルイスと不思議の時計

『ルイスと不思議の時計』

(c)2018 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

【あらすじ】
イーライ・ロス監督、ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット共演によるファンタジー・ムービー。
両親を亡くした少年ルイスは、不思議な力を使える魔法使いの叔父さんと暮らすことになる。その屋敷には、世界を破滅に導く時計が隠されていることを知り…。

【オススメ解説】
トラウマになりそうでならない、不思議でファンタジーな良質子ども向けホラー映画。
『ハリー・ポッター』の原点とも言われることがある本作、不気味に描いた魔法の世界に大人もどハマりできます。
でも、子どものお話だとみくびっていたら、あらびっくり! 普通にちょっと怖いです(笑)。

人形達が集まってくるシーンや、首が一気に揺れるシーンなど、夢に出てきそうな不気味さに動揺…!
でも、全体的に50年代を意識したようなクリエイティブが可愛くて見入ってしまいます。

~僕らの“はてしない物語”~

ネバーエンディング・ストーリー

『ネバーエンディング・ストーリー』

(c)1984 Neue Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

【あらすじ】
おなじみのテーマ曲はあまりにも有名な大名作。空想好きのいじめられっ子が本の世界へ。彼は“虚無”に襲われた、おとぎの国を救えるのか。
『U・ボート』のW・ペーターゼン監督が多額の製作費をかけ、ミヒャエル・エンデの原作を映画化したファンタジー大作。いじめられっ子の少年バスチアンが古本屋で手にした一冊の本。それは空想の国を舞台にした冒険物語だったが、いつしか不思議な力に導かれバスチアンは本の中の世界に入っていった……。

【オススメ解説】
いじめられっこ少年が、ある本の物語に魅せられてそのストーリーに自分を投影しながらのめりこんでいくというお話。
少年が物語を読むのを追体験するというメタ的な作風が、大人が見ても不思議とハマります。

本の中の世界と現実世界が同時並行に進みながらも所々連関し、終いには本の中の住人達が自分達が物語の住人であるという。
こども向けかなと思いつつも、結果ワクワクしながら見てました。そして、最後は物語と少年が繋がるという展開にびっくり!

私はミヒャエル・エンデといえば『モモ』が大好きで何度も小説も読んでいるのですが、『ネバーエンディング・ストーリー』も原作を読みたくなるくらい大人もハマれる作品でした。

あみゅう/橋本あやか

【Editor】あみゅう/橋本あやか

橋本あやか(はしもと・あやか)。インターネットと美容やファッション等のガールズカルチャー、そして音楽が好きな26歳。主に映画や書籍について執筆します。美容や雑貨などについての記事も書いていきたいと考え中。

あみゅう執筆の記事一覧 Twitter(@ayam6719)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST