1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 女優・池田エライザの記念すべき監督デビュー作『夏、至るころ』ほか心に響く良策を厳選!『良質邦画工房』

女優・池田エライザの記念すべき監督デビュー作『夏、至るころ』ほか心に響く良策を厳選!『良質邦画工房』

良質邦画工房
良質邦画工房
良質邦画工房

今月のおすすめ!

夏、至るころ

(C) 2020「夏、至るころ」製作委員会

夏、至るころ

夏、至るころ

7月2日(金)レンタル開始

地域の“食”をフィーチャーし、市民参加型で青春映画を制作するプロジェクト“ぼくらのレシピ図鑑”シリーズの第2弾として福岡県田川市を舞台に贈るご当地青春ムービー。女優・池田エライザの記念すべき監督デビュー作。主演は倉悠貴とオーディションで選ばれた新人・石内呂依。共演にさいとうなり、安部賢一、杉野希妃、高良健吾、リリー・フランキー、原日出子。

高校最後の夏を迎えた翔と泰我。2人は幼い頃からずっと一緒に祭りの太鼓をたたいてきたが、突然泰我が受験勉強に専念するからと太鼓をやめると言い出した。泰我の思いもよらぬ宣言に、急に不安と焦りを感じ始める翔。そんなある日、謎めいた少女・都と出会う翔だったが…。

こちらもおすすめ!

佐々木、イン、マイマイン

(C)「佐々木、イン、マイマイン」

佐々木、イン、マイマイン

佐々木、イン、マイマイン

レンタル中

「ヴァニタス」の内山拓也監督が「his」の藤原季節を主演に迎えて贈る青春ドラマ。共演は本作の原案に加えて共同脚本も務めた細川岳。他に萩原みのり、村上虹郎。

俳優を目指して上京したものの、鳴かず飛ばずの日々を送る石井悠二。ある日、バイト先で旧友と再会し、高校時代にカリスマ的存在だった同級生の佐々木のことを思い出す。佐々木コールが起こると、どこであろうとすぐに脱いで踊り出すような破天荒でお調子者だった佐々木。そんな佐々木と仲間たちとの楽しくもほろ苦い青春の日々が脳裏に蘇ってくる悠二だったが…。

日本独立

(C)2020「日本独立」製作委員会

日本独立

日本独立

レンタル中

「プライド 運命の瞬間」の伊藤俊也監督がGHQ占領下の日本で吉田茂の側近として奔走した白洲次郎を主人公に、敗戦から新憲法制定へと至る歴史の裏側をイマジネーションを交えて描き出したドラマ。主演は浅野忠信、共演に宮沢りえ、小林薫。

終戦直後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領下にあった日本。外務大臣に就任した吉田茂は、実業の第一線を退いて、郊外で農業に専念していた白洲次郎を呼び寄せ、GHQとの交渉役を託す。やがてGHQは、松本国務大臣が中心となり作り上げた憲法改正案を拒否し、GHQ自らが作成した憲法草案を提示するのだったが…。

おらおらでひとりいぐも

(c)2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

おらおらでひとりいぐも

おらおらでひとりいぐも

レンタル中

若竹千佐子の芥川賞受賞作を「南極料理人」の沖田修一監督が、主演に田中裕子を迎えて映画化したヒューマン・ドラマ。突然夫に先立たれた75歳の主人公が、孤独な日々に戸惑いながらも、やがて現実を受け止め、自由を謳歌しながら寂しさとともにたくましく生きていく姿をユーモラスに綴る。共演は蒼井優、東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎。

1964年に故郷を飛び出し上京した桃子さんは、75歳にして夫に先立たれ、突然孤独な日々を送ることに。単調で退屈な毎日に戸惑いと不安が募っていく。そんな時、桃子さんの前に現れたのは不思議な3人の男たち。彼らは桃子さんの心の声がつくりだした“寂しさたち”だった。以来、賑やかな“寂しさたち”に囲まれ、これまでの人生を振り返りながら、自由でちょっと不思議なひとり暮らしを送っていく桃子さんだったが…。

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST