1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. カラッと晴れた夏が待ち遠しいあなたにオススメ! 映画『君の名前で僕を呼んで』

カラッと晴れた夏が待ち遠しいあなたにオススメ! 映画『君の名前で僕を呼んで』

映画『君の名前で僕を呼んで』

(C)Frenesy, La Clnefacture

『君の名前で僕を呼んで』

何ひとつ忘れない。

<あらすじ>
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。
眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

夏の陽気さに隠れたさみしさ

夏を感じるサマー映画の王道といえば、私はこちらの『君の名前で僕を呼んで』をご紹介したいです!
夏はハイテンションで楽しい…はずなのに一瞬だけさみしくなる瞬間がありませんか?
今作では男性同士の恋愛を描きながら「会えない、寂しい会いたい、話したい」というジリジリした想いが細かく表現されています。

17歳のエリオは、大学で考古学を教える父親の教え子としてオリヴァーに出会います。知り合った初めは「later」(後でね)が口癖のオリヴァーに「なんか感じ悪いよね」と反抗的なエリオ。
ところが夏の間サイクリングに行ったり、ピアノで曲の変調をしたり、水場で泳いだり…二人の時間を過ごすうちにエリオは段々とオリヴァーに惹かれていきます。
初めは目も合わせていなかったのに、いつからか目で追うようになり、振り向いて欲しいと願うようになる。恋が始まる瞬間はいつもこんな風に突然なのでしょうか(そしていつの間にか「later」の口癖がうつるエリオがなんとも可愛いです)。

淡い夏の恋心がどう変化していくのか、夏のキラキラした眩しさと夕暮れ時の胸が苦しくなる感覚にのせて描かれていきます。

美しさが溢れる北イタリアの風景とメッセージ

本作の舞台は北イタリアのどこか。夏風に草がゆれるのどかな自然がみたい時はこの作品がぴったりです。
エリオのお気に入りの小さな湖は「本を読む秘密基地」としてよく訪れる場所らしく、泳いでつかれたら近くの木陰で本を読みながらゴロゴロできる最高なスポット!

この映画に出てくる最高なスポットはこれだけではありません。エリオの実家の庭にはアプリコットの果樹園があり、昼間はこの庭先のテラスでお昼ご飯をとったり、のんびり過ごしていました。
他にも父親の仕事にエリオがついて行ったのは遺跡の発掘現場。
古代ローマの貴重な遺跡と近くの湖は実際にある場所で、避暑地として知られているそうです。エリオ…なんとうらやましい環境に育っているんだ…!

私が美しいと感じたのは、風景もさることながら、登場人物が何気なく話す言葉です。エリオと仲良しなマルツィアが道を歩きながら「本を読む人は秘密主義なんだよ」と言っていたり、終盤の父親からエリオへかけた言葉「喜びと同じくらい悲しさを忘れるな」も印象的です。
この作品に出てくる人物はみんな落ち着いていて言葉に重みを感じます。
登場人物といえば、個人的には相手によってフランス語と英語とイタリア語を使い分ける人が多くて、そこにもグッときます。マルチリンガルかっこいい。

最後に忘れてはいけないのが、ティモシー・シャラメの顔面の美しさですね。
何を着ていても何をしていてもまさに彫刻のようなお顔立ちにホレボレとしてしまいます。ラストの顔に寄ったカットだけでエンドロールが耐えられるのはこの人しかいないのではないでしょうか。
自然好き、遺跡好き、哲学好きだけではなくイケメン好きにもオススメできる映画はこれだけです!


パッション

君の名前で僕を呼んで

公開年:2017年
監督:ルカ・グァダニーノ
出演者:アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグ、 アミラ・カサール 他

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
septmersfilms

【Editor】septmersfilms

三度の飯よりホラー好き。ホラーがないと夏が始まらないと思っている。たまにおしゃれ映画・アニメーションも嗜むが、基本的にゾンビ映画をみることで心を癒している。Twitterでは映画以外にも本業のマーケティング関連記事もつぶやきます! ぜひチェックしてください!

septmersfilmsの記事一覧 Twitter(@septmersfilms)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST