1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 暗い雨続きの日々も、明るく優雅な気持ちに早変わり! 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』

暗い雨続きの日々も、明るく優雅な気持ちに早変わり! 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』

(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『シェイプ・オブ・ウォーター』

切なくとも愛おしい愛の物語。

<あらすじ>
1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。
人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

梅雨が楽しくなる、雨の日に思い出すシーンがたくさん!

今年もジメジメの梅雨の季節がやってきました。雨が続いて洗濯物が干せず、日差しが恋しくて気持ちもどんよりしてしまいますよね(まさしく今も外はどしゃ降りの中、この記事を書いています)。
そんな大雨の日にみたくなる映画を今回はご紹介いたします!

主人公は航空宇宙研究センターの清掃員として、昼夜逆転の生活をするイライザ。
耳は聞こえているものの、話すことができない孤児院育ちの物静かな女性です。子どもの頃からある首の傷が原因なのか? なぜ話すことができないのかは謎のままです。
そんな彼女と不思議生命体(半魚人?)との恋愛がメインストーリーとなっています。

この作品、ことあるごとに雨の降るシーンが登場してきます。
イライザが出勤するバスの外で、ロシアのスパイが密会する倉庫の外で、終盤の桟橋のシーンで、ザーザー降りが続いているのですが、特にイライザのシーンで流れるBGMがとても優雅で印象的です。
『Elisa’s Theme』と題されたこの曲を流しながら傘をさして歩いてみると、どんなにザーザー降りでも楽しくなってきますよ!

愛は水のようにかたちを変えて存在している

この作品の始まりはイライザが住むアパートの隣人、ジャイルズの語りから始まります(このイライザが住むアパートは映画館の上にあって、映画館のタダ券をもらえたりしていてとっても憧れです。将来住むならこんな家がいい!)。

その語りの中に「これは真実と愛と喪失の物語である」という言葉があります。
この物語は、人ではないものを愛したイライザが過ごした真実と、そのために失ったものを描いた大人向けの恋愛ファンタジー映画なのです。

監督であるギレルモ・デル・トロ氏のインタビューでは「愛は水のようにかたちをかえることを表現するために、作中に水をたくさん登場させた」と語っていました。
確かに先ほど話したザーザー降りの雨に始まり、ゆで卵を茹でるお湯、浴室、涙など重要なことは水に関係しているようです。

この作品の締めに紹介される詩も、こうした愛のかたちについて言及されていると受け取れます。

“あなたの姿がなくても気配を感じる
あなたの愛が見える
愛に包まれて私の心は優しく漂う”

「愛が見える」という点においては、イライザの服の色が作品を通して変化していることも関係しているのでしょうか。
初期の淡々とした日常では緑色だけのコーディネートで、画面の彩度もとても緑っぽく描かれています。
その時からショーウィンドウに飾られている赤いきれいな靴を欲しそうに眺めるシーンがあるのですが、ここから「赤」という色に対する憧れのようなものが感じられます。
そこから物語が進むにつれ、カチューシャのような部分的なものから赤い色がイライザに取り入れられていって、最後にはあの憧れていた赤い靴をはいた赤一色のコーディネートになるのです。

緑色は「平和」や「安らぎ」という意味があり、一方で赤色は「情熱」や「生命」という意味があるそうです。
代わり映えのしない繰り返しの日々が愛するものの登場によってガラッと変わった心情が、こうした服の色に表れているのかもしれません。

『スケアリーストーリーズ 怖い本』の記事でも書きましたが、ギレルモ・デル・トロ氏の作品では、観た人によってハッピーエンドかバッドエンドか変わってくるのが面白いところです。水のように包み込む愛は幸せですか?不幸せですか?


シェイプ・オブ・ウォーター

シェイプ・オブ・ウォーター

公開年:2017年
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演者:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ 他

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
septmersfilms

【Editor】septmersfilms

三度の飯よりホラー好き。ホラーがないと夏が始まらないと思っている。たまにおしゃれ映画・アニメーションも嗜むが、基本的にゾンビ映画をみることで心を癒している。Twitterでは映画以外にも本業のマーケティング関連記事もつぶやきます! ぜひチェックしてください!

septmersfilmsの記事一覧 Twitter(@septmersfilms)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST