1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 10歳の少女の衝撃告白に絶望する児童虐待をテーマにした韓国映画『幼い依頼人』【マニアックでもケンチャナヨ?】

10歳の少女の衝撃告白に絶望する児童虐待をテーマにした韓国映画『幼い依頼人』【マニアックでもケンチャナヨ?】

幼い依頼人

(C) 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

10歳の少女の衝撃告白───「私が弟を殺しました」

今回ご紹介する韓国映画『幼い依頼人』のポスターに書かれた衝撃の一言です。
「児童虐待」をテーマにした本作は、2013年に韓国で実際に起きた「漆谷継母児童虐待死亡事件」が元になっています。
姉妹と兄弟など実際の事件と異なる部分はあるものの、こんなにも残酷で衝撃的な事件の全貌をこの映画を通じて、世界のどこかで実際に起きている事件であることを、私たちは受け止めなければいけないのかもしれません。
果たして10歳の少女は本当に弟を殺したのか、どうしてそのような告白に至ったのでしょうか。

衝撃の真実を解き明かす『幼い依頼人』ストーリー

幼い依頼人

(C) 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

まずはあらすじです。

ロースクールを卒業し、弁護士として就職も中々うまくいかないジョンヨプ(イ・ドンフィ)は、姉の勧めで臨時に児童福祉館に就職する。仕方なく就職したジョンヨプは仕事中もゲームをしたりあまりやる気がない。そんな中、継母から虐待を受けているのではと、10歳の少女ダビンとその弟ミンジュンに出会う。義務感だけでダビン姉弟と接し、ファーストフードや動物園にも連れて行ったりしながら、ダビン姉弟の様子からは、さほど深刻な事態だとは考えていなかった。そんな中、ジョンヨプは法律事務所から就職できる連絡を受け、ダビン姉弟にまた来るといいながら、福祉館から去ってしまう。数日後、ダビンの先生からジョンヨプに連絡が入り、ダビンの鼓膜が破れたことを知る。

(C) 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

(C) 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画の中でダビン姉弟は、とても仲が良く描かれています。姉は弟想いであり、弟も純粋無垢でとっても元気な男の子です。観ていて、この2人に何か起こって欲しくないと思わせるほど、それがこの映画の演出なのか、ダビン姉弟は悪さ一つすることのない、明るい普通の子どもたちとして描かれています。
一方、ジョンヨプは福祉館の仕事にやる気がなく、懐いてくるダビン姉弟をむしろ少し鬱陶しく感じており、自分の弁護士としての道にしか関心がなく、ダビン姉弟と真剣に向き合ってはいませんでした。
10歳のダビンに、家庭で実際に起きていることを正直に相談できるほどの勇気も、いや、勇気ではなく考えすら思いつかない状況だったように感じました。そこがまた虐待を闇に隠していく状況なのだとも感じました。
画面越しに観ていると「どうして起きていることを打ち明けないんだ!」「どうして姉弟を気に留めてあげないんだ!」とイライラしますが、もし10歳の自分だったら素直に相談できるだろうか? 自分がジョンヨプなら気づけるだろうかと、少し怖くもあります。

仲の良いダビン姉弟にこのあと、何が起こってしまうのでしょうか。
そして、関心が薄いジョンヨプはどう変わるのでしょうか。

※ここからネタバレを含みます。

10歳の少女が告白する衝撃のストーリー

幼い依頼人

(C) 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

継母による虐待はだんだんエスカレートしていきます。最初は、弟が箸の持ち方が悪く食べ物を落としてしまうことから始まります。弟のしつけができてないのは姉ダビンのせいだと継母は罵ります。
そしてダビンの鼓膜が破れ入院。ジョンヨプは継母からダビンを引き離そうとしますが、誘拐犯扱いをされてしまいこれ以上は介入できない状況に。そして、最悪の悲劇が訪れます……。
ダビンの弟ミンジュンの死。あんなに仲がよかったダビン姉弟なのに、ダビンは「私が弟を殺しました」と告白し、韓国社会にも衝撃が走ります。間違った方向に進んでしまったことに、ジョンヨプは自らダビンの弁護士になることを決意します。

幼い依頼人

(C) 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

継母が虐待したのは明らかです。そしてダビンには心の拠り所である弟をなくし、1人になったダビンには、どんなに虐待されても頼れるのはもう継母しかいないという、わずか10歳には逃げることができない心境を利用し、継母はダビンに「私が弟を殺しました」と言わせるように仕向けます。
10歳の世界には、何が正しくて間違っているのかもここまでくると判断できないでしょう。わずか10歳の少女に嘘の罪を背負わせる継母がなぜこんなにも残獄なことができてしまうのか、悲しすぎます。
そして、この部分こそ韓国で実際に起きた「漆谷継母児童虐待死亡事件」でも起きたことになります。

幼い依頼人

(C) 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

周りにはいくらでも気付いている人たちがいて、隣人は叫び声を聞いていたり、先生は身体のあざにも気付いていたりします。児童福祉館の職員もある一定のところから介入できなかったり、何か最悪な事態が起きてからじゃないと助けてあげることができない、法の死角に児童虐待が起こってしまう闇を垣間見た気がします。
そして最も辛い事実は、実話ベースの映画は大抵、ストーリーを誇張されていたりするものですが、実際に起きた事件の方が映画よりも残酷なことが起きており、この事実にただただ考えさせられるばかりです。
この映画が現代社会の闇に競輪を鳴らしてくれる作品になるとともに、この作品を通じてこんな事件が起こらない世の中に変わって欲しいと思います。

ぜひこの作品を通じて、世界のどこかでこのような悲しい事件が起きていることを、受けとめていただければと思います。

【マニアックでもケンチャナヨ?】10歳の少女の衝撃告白に絶望する児童虐待をテーマにした韓国映画

幼い依頼人

幼い依頼人

製作年:2019年
出演者:イ・ドンフィ、ユソン、チェ・ミョンビン、イ・ジュウォン、ウォン・ヒョンジュン、コ・スヒ、ソ・ジョンヨン

CHITOSE/ちとせ

【Editor】CHITOSE/ちとせ

執筆記事
【マニアックでもケンチャナヨ?】記事一覧

CHITOSE/ちとせ。韓国語を学びに韓国の語学堂に留学し、韓国の伝統建物「韓屋」のシェアハウスで2年生活した経験を持つ。少しだけマニアックな内容を主にお届けします。

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST