1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 美しい女性が活躍するスカッとアクション映画といえばこちら! 映画『チャーリーズ・エンジェル』

美しい女性が活躍するスカッとアクション映画といえばこちら! 映画『チャーリーズ・エンジェル』

映画『チャーリーズ・エンジェル』

(C) 2019 Columbia Pictures Industries, Inc., Perfect World Pictures (USA) Inc. and 2.0 Entertainment Borrower, LLC. All Rights Reserved.

『チャーリーズ・エンジェル』

女スパイ? 私たちは天使(エンジェル)よ。

<あらすじ>
国際機密企業チャーリー・タウンゼント社で特殊訓練を受けたエリート女性エージェント組織、通称“チャーリーズ・エンジェル”。彼女たちは世界各地に拠点を置き、平和を見守る天使=“エンジェル”として隠密に活動している。ある日、巨大テクノロジー企業に勤める天才プログラマーのエレーナ(ナオミ・スコット)は、自身が開発したプロダクト=新エネルギー源“カリスト”を会社が武器として軍事利用していることに気づき、エンジェルたちに調査を依頼。それがきっかけで、エレーナは命を狙われることに。姿を見せないチャーリーに代わり、エンジェルたちにミッションを与える司令塔ボスレー(エリザベス・バンクス)は、変装と潜入を得意とするサビーナ(クリステン・スチュワート)、元MI6であらゆる武器を自在に操るジェーン(エラ・バリンスカ)と共に、エレーナを守りながら調査を開始。さらにはエレーナのハッキングスキルを高く評価し、新たなエンジェルとしてスカウトする。それぞれの特技を最大限に活用し調査を進める“チャーリーズ・エンジェル”は、ハンブルク、リオデジャネイロ、イスタンブールなど行く先々で立て続けに危機に直面する。チャーリー・タウンゼント社に内通者がいるのか―?

2000年版とはまた違ったエンジェルの魅力が盛り沢山!

2000年に公開された映画『チャーリーズ・エンジェル』から19年の時を超えて公開された本作は、同じくチャーリーという名の上司からの指令でスパイ活動をするエンジェルを描いたものです。
2000年公開の映画版の『チャーリーズ・エンジェル』シリーズは何十回もみるほど大好きなので、最新版を軸にシリーズ全体の魅力について今回はご紹介をしたいと思います!

まずはメインの3人組のキャストについて。
2000年公開版では金髪でお茶目なナタリー役のキャメロン・ディアス、セクシーで気の強いディラン役のドリュー・バリモア、クールビューティーなアレックス役のルーシー・リューの3人でした。
今回はというと、『アラジン』のジャスミン役が記憶に新しいナオミ・スコット、『トワイライト』のベラで大ブレイクしたクリステン・スチュワート、モデルと役者を両立しているエラ・バリンスカです!

2000年版から変わらず、キュートやセクシーな魅力を出しつつも「強い女性」という部分を強調しているキャラクターが今回も主役!
特に今回はナオミ・スコット演じるエレーナがエンジェルとしてではなく、事件に巻き込まれた女性というキャラクターで出ているところが今までのシリーズと違うところではないでしょうか。 何も分からず「え? それ銃!?」という一般人のリアクションをとる姿がなんともかわいいです。

銃といえば、今回は街中で銃撃戦やバリバリのカーチェイスが初っ端にあったところもシリーズではあまりないシーンでした。
なんとなく今までは潜入からどんどん敵組織を暴いて、最後に人気のないところで成敗! という流れを想像していたので、最初からトップスピードの戦闘でびっくり。
2000年版ではコスプレ(?)をして潜入メインだったミッションも、かなり戦闘が多く見応えのあるシーンがたくさんあるのが今作ならではです!

(C) 2019 Columbia Pictures Industries, Inc., Perfect World Pictures (USA) Inc. and 2.0 Entertainment Borrower, LLC. All Rights Reserved.

(C) 2019 Columbia Pictures Industries, Inc., Perfect World Pictures (USA) Inc. and 2.0 Entertainment Borrower, LLC. All Rights Reserved.

強い女性はいつの時代も美しい!

「女性用にパステルカラーにできます」「君が選んだんじゃなくて僕が選んだんだ」というミソジニスト発言をしまくる男性陣がゴロゴロ出てくるのがチャーリーズ・エンジェルですよね。

2000年版では比較的ロングヘアな女性キャラクターばかりだったのが、今作のエンジェルはみんなショートカット、またはボブでした。こういったところも昔ながらのロングヘア=女らしさという考え方への問題提起なのかもしれません!
男性から受けのいい「細身でセクシーな女性」というアイコン的エンジェルからそれぞれのエンジェルが思い思いの服装、見た目で任務をしている姿は今の時代の自由さを感じられます。

こうした変化もありながらも、前シリーズから受け継がれていたのはダンスシーンです!
今回はパーティーに潜入してみんなでダンス(敵の警備を偵察するため?)をするキメキメのシーンがはさまります。
前シリーズのセクシーなダンスから一転、今回はディスコ風にキリッと踊るもので、どちらもとても目を惹くものとなっています。

個人的には2000年版のエンジェルたちがゲスト出演してくれるのかな〜という淡い期待をしていて、残念ながらそれはなかったものの、今作の衣装部屋には前エンジェルたちが潜入につかった衣装が!特に印象的なヨーデル娘のふりふりワンピースが映った時は「はわわ…」となりました。前エンジェル好きの方はこのシーン必見です。

19年という時を超えて愛されるチャーリーズ・エンジェルシリーズ。
強い気持ちになりたい!という時に背中を押してくれること間違いなしの作品です!


チャーリーズ・エンジェル

(C) 2019 Columbia Pictures Industries, Inc., Perfect World Pictures (USA) Inc. and 2.0 Entertainment Borrower, LLC. All Rights Reserved.

チャーリーズ・エンジェル

公開年:2019年
監督:エリザベス・バンクス
出演者:クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカ、パトリック・スチュワート 他

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
septmersfilms

【Editor】septmersfilms

三度の飯よりホラー好き。ホラーがないと夏が始まらないと思っている。たまにおしゃれ映画・アニメーションも嗜むが、基本的にゾンビ映画をみることで心を癒している。Twitterでは映画以外にも本業のマーケティング関連記事もつぶやきます! ぜひチェックしてください!

septmersfilmsの記事一覧 Twitter(@septmersfilms)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

エリザベス・バンクス

生年月日1974年2月10日(47歳)
星座みずがめ座
出生地米・マサチューセッツ

エリザベス・バンクスの関連作品一覧

クリステン・スチュワート

生年月日1990年4月9日(31歳)
星座おひつじ座
出生地米・カリフォルニア・ロサンゼルス

クリステン・スチュワートの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST