1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. ゾンビとのハチャメチャアクションとクスっと笑えるブラックユーモア満載の映画『ゾンビランド』

ゾンビとのハチャメチャアクションとクスっと笑えるブラックユーモア満載の映画『ゾンビランド』

ゾンビランド

(C)2009 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC ALL RIGHTS RESERVED.

『ゾンビランド』

目指せ、奴らのいない夢の遊園地へ 32のルールを駆使して生き残れ!!

<あらすじ>
ある日突然、それは起こった。謎の新型ウィルスに感染した者がゾンビと化し、生きた人間を次々と襲ってその肉を喰らい始めたのだ。そのウィルスはパンデミック(爆発感染)を引き起こし、猛烈な勢いで全世界へと広まっていった。それから数ヶ月、地球上は人喰いゾンビで埋め尽くされ、人類はほぼ絶滅状態となった。アメリカに住む人間の大半もこのウィルスに感染し、アメリカはいまやまさに"ゾンビ合衆国(ランド)"となっていた。 大学生だったコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)はテキサス州ガーランドでも数少ない生き残りの1人だった。臆病で胃腸が弱く、引きこもりで友達もいないネットゲームおたくの彼は、"ゾンビの世界で生き残るための32のルール"を作り、それを慎重に実践して生き延びてきた。

(C)2009 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2009 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC ALL RIGHTS RESERVED.

生きるためには自分ルールを作るべし!

今回はゾンビ映画の中でも、2010年に1作目、2019年に2作目が公開された新しいシリーズ『ゾンビランド』をご紹介いたします!
ゾンビ映画ではありがちな突然のゾンビウイルス爆発!という展開の中で、主人公のコロンバスは生き延びるための自分ルールをつくって日々を過ごしていました。

ルール1 有酸素運動

読んで字の如く、時にはゾンビから走って逃げ切る持久戦の場合があります。その時に日々有酸素運動をしていないと体力がなくてすぐ追いつかれてしまうから運動をしましょうという教えです。この基礎体力が生存率をぐんと上げます。

ルール2 二度撃ち

一発命中して気を緩めてしまうと、ゾンビは頭を狙わないと倒せていない場合が多いため起き上がって噛まれてしまいます。当てた後も必ず確認のため、倒れたゾンビには頭に一発撃ちましょう!

ルール3 トイレでは用心

人間誰しも、おトイレでは気を緩めがち。ふぅと一息ついている上から下からどこからゾンビが出てくるか分かりません。用を足している時でも必ず武器を持って構えるべし!

ルール4 シートベルト

ゾンビうんぬんの前に、シートベルトは大切ですね。特に車移動をしていてゾンビにぶつかったり逃げるために荒めの運転になった時にシートベルトをしていないと危ないですよ、ということです。いつでもシートベルトは安全のために絶対! です。

こうしたルールは作中でまだまだ登場してくるのですが、例えば戦う前は準備運動したりと「確かにそれは大事!」というルールが盛り沢山です。
もしゾンビ世界になってしまったら…をよく考えている私にとって、特に有酸素運動など普段からやっておかないといざという時に大変だ! と思うものばかりでした。
生存率を上げるためにも、この映画で勉強しておくといいかもしれません。

ゾンビ×コメディの新定番シリーズ!

昨今、ゾンビコンテンツが溢れる中「この映画を選んでくれてありがとう」とメタ発言をする主人公が登場するなど、普通のゾンビ映画と一味違ったコメディ要素があるのがこのシリーズです。

今回のゾンビタイプは走って追いかけてくるタイプです。のそのそしか歩けなかったり、意思がないタイプのゾンビとは違ってかなり生存が難しいゾンビですね。この映画の名物といえば、このゾンビたちに追いかけられている人間たちや、逆に人間にやられているゾンビをスローモーションでみせるオープニングです。かなりグロテスクですが出演者の紹介テキストと合わせた演出はとても力が入っています!

余談ですが、この映画の製作会社「コロンビア・ピクチャーズ」は映画のオープニングで流れるロゴが作品とマッチしていることが多くて、コロンビア製作の場合はそこにも注目しています。
今回だとコロンビアのロゴである女神がゾンビをボコボコにする姿が見られますよ!

こうしたオープニングからみている人を楽しませてくれる『ゾンビランド』シリーズは本編でもブラックユーモアたっぷりです。
初めて家に入れた女の子に食べられそうになって誰も信じられなくなった主人公がかつていたでしょうか。ビル・マーレイをあんな風に豪華につかう映画があったでしょうか。
遊園地に逃げ込んだ人間がフリーフォールに乗って上からゾンビを撃つなんて間抜けな作戦があったでしょうか!(下にゾンビが溜まってフリーフォールが終了したら自動的にゾンビの元へダイブです)

こうした今までにない工夫や展開もあり、『ゾンビランド』はゾンビ界隈の新しいコメディシリーズとして人気を博していったのではないかと思います。ぜひその面白さを鑑賞してください!


ゾンビランド

(C)2009 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC ALL RIGHTS RESERVED.

ゾンビランド

製作年:2009年
監督:ルーベン・フライシャー
出演者:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン 他

septmersfilms

【Editor】septmersfilms

三度の飯よりホラー好き。ホラーがないと夏が始まらないと思っている。たまにおしゃれ映画・アニメーションも嗜むが、基本的にゾンビ映画をみることで心を癒している。Twitterでは映画以外にも本業のマーケティング関連記事もつぶやきます! ぜひチェックしてください!

septmersfilmsの記事一覧 Twitter(@septmersfilms)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジェシー・アイゼンバーグ

生年月日1983年10月3日(38歳)
星座てんびん座
出生地

ジェシー・アイゼンバーグの関連作品一覧

ウディ・ハレルソン

生年月日1961年7月23日(60歳)
星座しし座
出生地米・テキサス・ミッドランド

ウディ・ハレルソンの関連作品一覧

アビゲイル・ブレスリン

生年月日1996年4月14日(25歳)
星座おひつじ座
出生地アメリカ・ニューヨーク州

アビゲイル・ブレスリンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST