1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 日常の中にある幸せを教えてくれる韓国映画『チャンシルさんには福が多いね』※ネタバレあり【マニアックでもケンチャナヨ?】

日常の中にある幸せを教えてくれる韓国映画『チャンシルさんには福が多いね』※ネタバレあり【マニアックでもケンチャナヨ?】

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

(C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

上手くいかないことばかりだな。なんだか寂しさや孤独感ばかり感じる。
もし今そんな気持ちになっていたら、ぜひこれからご紹介する映画を観てほしい。
きっと本作の主人公を通じて、日々の大切なことに気づかされるからだ。

今回ご紹介する韓国映画は『チャンシルさんには福が多いね』。

主人公のチャンシルさんは40歳の女性。インディーズ映画のプロデューサーとして長年尊敬する監督の側で、仕事一筋で走ってきた。
ある時突然、ずっと支えてきた映画監督が心臓発作で急死してしまい、人生の全てを仕事に捧げてきたチャンシルさんは、制作会社にも見放され仕事を失ってしまう。子供もいない、彼氏もいない、仕事以外何もないことに気づいたチャンシルさんは、人生の岐路に立たされるところからスタートする。

私もチャンシルさんと同じ人生の中心を仕事になっていたからこそ、幸せは仕事だけではないことに気づくチャンシルさんには共感ばかりで、私はこの映画に出会えたことを嬉しく思う。
チャンシルさんの不器用で愛らしい不思議な魅力に、この年代に限らずともチャンシルさんに共感する人は多いはず。

チャンシルさんは映画愛が強い

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

(C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

チャンシルさんは素直で不器用でどこか愛らしい。老女が一人で暮らす丘の上の家に間借りして暮らし始め、お婆さんに文字を教えたり一緒にもやしのひげ根をとったり、仲良しの女優の家で家政婦さんとして働き始めたり。
女優の家にフランス語の家庭教師にきた男性が映画監督を目指していたこともあり、チャンシルさんは恋心を抱き始め2人で飲みにいくのだが、その中でとても面白い場面がある。

小津安二郎が世界で一番大好きな監督だというチャンシルさんに対して、男性は小津監督の映画は退屈だと話し、男性はクリストファー・ノーランが好きだと言う。これだけでこの2人は性格が合わないだろうと想像がつくし、そこに思わずムキになるチャンシルさんの不器用さが愛らしい。恋愛は後回しにして仕事に生きてきた、チャンシルさんの人生がにじみ出ていて、なぜだか共感と共にホッとする。

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

(C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

チャンシルさんは映画愛がとても強い。映画をこよなく愛し、小津安二郎の映画が大好きであり、エミール・クストリッツァ監督製作の映画『ジプシーのとき』をきっかけに映画業界を目指したと話す。実は『チャンシルさんには福が多いね』の監督であるキム・チョヒ自体が小津安二郎を好きな監督であるとのこと。気のせいかキム・チョヒ監督とチャンシルさんが重なって見える時がある。

そして、何といってもこの映画で一番重要な登場人物がいる。それは映画好きの監督ならではでもあり、この映画を一段とコミカルに明るくさせてくれる人物だ。

自称レスリー・チャンの幽霊

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

この映画は思いっきり意表をついてくる。ある日突然、レスリー・チャンの幽霊が出てくるのだから。それも寒い季節にも関わらず、自称レスリー・チャンの幽霊はタンクトップと短パンでチャンシルさんの前に現れる。その姿はまさしく、ウォン・カーウェイ監督の『欲望の翼』の時のレスリー・チャンの服装と前髪を少しだけ垂らしたあの髪型で現れる。

欲望の翼

欲望の翼【1990年/香港】

<あらすじ>ヨデイは養母レベッカに育てられ、自己の複雑な内面を持て余す青年、自分を足のない鳥にたとえ、飛び続ける人生を夢みる。彼は後にフィリピンを訪ねるが……。プレイボーイのヨデイに惑わされる身持ちの堅いサッカー競技場の売り子スーは警官タイドにも愛されるようになる。船乗りに憧れるタイドはやがて異国の地でヨデイと出会うだろう。ミミはレベッカの店のダンサーでヨデイに惚れぬいていたが、その親友で彼女に恋するサブにあてがわれる。ウォン・カーウァイ監督の香港青春映画。

いやいやおかしいだろうと言いたくなる瞬間なのに、なぜだかすんなりとこの状況を受け入れらるから不思議だ(笑)。チャンシルさんの周りなら出てきても違和感がない。そしてこのレスリー・チャンがチャンシルさんを後押ししてくれる心の友のような重要人物だ(幽霊だけど)。

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

(C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

レスリー・チャンがチャンシルさんにこんな導きの言葉をくれる。
「問題は、自分がどうしたいかわかってないこと。時には誰かに頼って逃げたくなることだ」
そんなレスリーの言葉に、チャンシルさんはどんな答えを出すのでしょうか。

※ここからネタバレです※

さりげなく素敵なセリフが散りばめられている

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

「今日やりたいこと、今日を一生懸命それをやるの」
「全てを欲しいという気持ちを捨てればどれだけ良い友達になれると思ってるんだ」
「寂しいあまりに愛だと錯覚してるんです」
「手放してこそ新しい物が入ってくる」

この映画は心に突き刺さるセリフがさりげなくいくつも出てくる。
一人でちゃんと立つことの大切さ、それをチャンシルさんを通して教えてくれている気がするのだ。

「愛を知らなくても仕事をしてれば満たされると思っていた」と語るチャンシルさん。
40歳まで仕事一筋で懸命に生きてきた人は少なからずこの気持ちがわかるのではないだろうか。

そしてチャンシルさんは気がつく。
映画が全て(=依存)ではなくて、人生の幸せの一つ(=形成される中の一つである)が映画なのだと。

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films(C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

先ほどの小津監督の映画を語るシーンでチャンシルさんはこう語っている。「日常の中にこそ大切なことがあります。そのすべてが詰め込まれた映画です。日々の幸せや宝物を描いています」と熱弁するこのセリフは、まさしくこの映画そのもの。
人生にちょっと疲れたなぁって思ったら、チャンシルさんを観ると自分の周りに小さな「福」があることを気づかせてくれる。そしてこの映画に出会えたことも小さな「福」の一つかもしれない。

このコロナ禍でもがいても成果が思うようには得られない時期だからこそ、「福」の見つけ方をこの映画で学んでみてはどうだろうか。

上手くいかないことばかりに孤独感を感じる方へ。「福」の見つけ方を学べる韓国映画

チャンシルさんには福が多いね  (C)KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/Really Like Films

チャンシルさんには福が多いね

製作年:2019年
出演者:カン・マルグム、ユン・ヨジョン、キム・ヨンミン、ユン・スンア、ペ・ユラム

CHITOSE/ちとせ

【Editor】CHITOSE/ちとせ

執筆記事
【マニアックでもケンチャナヨ?】記事一覧

CHITOSE/ちとせ。韓国語を学びに韓国の語学堂に留学し、韓国の伝統建物「韓屋」のシェアハウスで2年生活した経験を持つ。少しだけマニアックな内容を主にお届けします。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

レスリー・チャン

生年月日1956年9月12日(46歳)
星座おとめ座
出生地香港

レスリー・チャンの関連作品一覧

小津安二郎

生年月日1903年12月12日(60歳)
星座いて座
出生地東京都

小津安二郎の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST