1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 昇進するには奇人を連れてこい! 変な相棒に振り回される映画『奇人たちの晩餐会 USA』

昇進するには奇人を連れてこい! 変な相棒に振り回される映画『奇人たちの晩餐会 USA』

奇人たちの晩餐会 USA

(C)2010 DW STUDIOS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『奇人たちの晩餐会 USA』

おバカにカンパイ!

<あらすじ>
昇進のために奇人を集めて馬鹿にするという、悪趣味な晩餐会が行われる不思議な会社に勤めるティム。将来に悩む彼の元に偶然知り合った変人のバリーを選んだティムだったが、仕事や恋人との関係を彼に邪魔されながらも、最後の晩餐会のシーンでは…。

おバカを探して連れてこい!

気温が下がってきて、憂鬱な気持ちになりがちな11月になってきました。秋の夜長にしんみり映画を観ることもとても魅力的ですが、今回は暗い雰囲気を吹き飛ばさすような笑えるコメディ作品を紹介いたします!

投資会社で働く主人公ティムは、社内会議で大型の新規顧客を獲得できそうと発表し、出世のチャンスが巡ってきます。会議後に呼び出されたティムは、社長が毎月行っている奇人・変人を集める会に人を連れてくるように言われてしまいます。実はこの会に連れてくる人が個性的で社長が気に入れば昇進ができるという不思議なルールがあるのでした。上司が言うには前任者はこの会に変人を演じる役者を連れて行ってそれがバレたためにクビになったそう。突然のクビの理由を知ったティムは驚愕します。

こんな奇人を集めてバカにするような悪趣味な会合なんかに参加したくない! でもうまくいけば昇進できるのか…という葛藤をしているティムの元に、バリーという男が現れます。「現れる」というか、悩みすぎたティムの車にぶつかって危うく殺しかけてしまうのですが…。
なんでもネズミを剥製にしてアートを作っているらしく、その作品が妙に可愛く名画や偉人を真似ているものもあり、とても面白いのです。「これはウケるかも…」とティムは考え、罪悪感はありつつも昇進の誘惑に負け、バリーと一緒に晩餐会へ参加するのでした。

このバリーが作るネズミの剥製アートは作品のオープニングシーンから登場し、最後のエンドロールが終わった後まで作品の至る所で登場しています。特にオープニングは、ネズミがデートをしている様子がとても可愛らしい作品で、さらに細かな作業に圧倒されます。ネズミの着るシャツにアイロンをかけたり、ネズミのメガネを作る様子だったり、ミニチュアが好きな人はホレボレするような作業シーンが観られますよ!

絶妙な掛け合いと爆笑のシチュエーション

コメディ映画らしく、声を出して笑えるようなシーンが盛り沢山でしたので、魅力的な場面を一部をご紹介いたします。
まずはなんと言っても、バリーを演じるスティーブ・カレルのウザい顔ですね。スティーブ・カレルといえば、コメディジャンルの映画やドラマに引っ張りだこの俳優さんです。他の出演作品も鑑賞したことはありましたが、今作の憎たらしい役はピカイチでした。笑い方やこっちを見る表情一つひとつが観ているこちらもイラつかせるような完璧な演技でした。

このバリーのウザさが全開だったのが、ティムの彼女が浮気をしているかも!?の現場に忍び込むシーンでした。ティムとバリーは一緒に現場に向かうと、まずバリーがティムの彼女に合図を送ろうとティムの車の鍵を浮気現場の部屋に投げ込みます(なんで?)。
車の鍵ないと帰れないやん…となるティムと一緒に部屋に忍び込む作戦に切り替えたところ、なんやかんやでバリーが代表して部屋に入ることに。すると何故か目の前にいるはずなのにバリーから電話がかかってきて、電話に出ると「いま! 部屋に入ったよ!」と言い始めます。いや、いま見てるから分かるよ! とイライラするティム。
そのまま何故かルームツアーを始めるバリー。マイペースすぎるバリーのペースに完全に支配されながらの展開は最高です。

続いて、終盤のいろんな奇人が集まる晩餐会のシーン。
ぜひ一人一人の魅力は実際に作品を観て体感をしてほしいのですが、やはりここでもバリーは最強です。自分のペースで会場全体を巻き込んで最後は火事まで起こってしまうのですから全く展開が読めません。もちろん最後まで笑えるし、バリーはウザいままなのですがこの晩餐会のシーンは不意にうるっとくる場面もありますので、ぜひ注目をしてご覧ください。

今回紹介したシーン以外でも一つひとつのコメディシーンが長めなので、テンポが良いというよりはシチュエーションコントのようなじっくりした笑いが今作の特徴です。
114分と割と長めの上映時間ということもあり、サクサクっと見るというよりはゆっくり観たい方にオススメの作品なのではないかなと思います。
合わせて、今作は1998年に製作されたフランス版『奇人たちの晩餐会』のリメイクとなっております。USA版が気に入ったあなたはぜひ、TSUTAYAレンタルにありますのでお手に取ってみてください!


奇人たちの晩餐会 USA

(C)2010 DW STUDIOS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

奇人たちの晩餐会 USA

製作年:2010年
監督:ジェイ・ローチ
出演者:スティーヴ・カレル、ポール・ラッド、ザック・ガリフィアナキス 他

septmersfilms

【Editor】septmersfilms

三度の飯よりホラー好き。ホラーがないと夏が始まらないと思っている。たまにおしゃれ映画・アニメーションも嗜むが、基本的にゾンビ映画をみることで心を癒している。Twitterでは映画以外にも本業のマーケティング関連記事もつぶやきます! ぜひチェックしてください!

septmersfilmsの記事一覧 Twitter(@septmersfilms)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST