1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 作品の前後でガラッと変わる展開、サイコホラージャンルの始まり…映画『サイコ』

作品の前後でガラッと変わる展開、サイコホラージャンルの始まり…映画『サイコ』

サイコ

(C)1960 Shamley Productions, Inc. Renewed 1988 By Universal Studios. All Rights Reserved. Supplemental material written, Produced and directed by Laurent Bouzereau.

『サイコ』

<あらすじ>
不動産会社に勤めるマリオンは、慰謝料の支払いに追われて再婚を渋る恋人との関係に悩み、会社の金を持ち逃げしてしまう。彼のもとに車で向かう途中、大雨に見舞われた彼女は、寂れた宿で一夜を明かそうとして、1人で宿を切り盛りする青年と出会う。

サイコホラージャンルの原点!

少し前にホラー映画の原点『悪魔のいけにえ』をご紹介しましたが、今回はサイコホラーの原点である、その名も『サイコ』という作品です!

今作は1960年製作で60年以上も愛されるベテラン映画のひとつ。監督はサスペンス映画の神とも称されるヒッチコック監督で、今作は数ある作品の中でも代表作と言われています。(私は『サイコ』の次に製作された1963年公開の『』も好きです。パニック映画のいいところを余すところなく描いていて、さらに対象が鳥という…外を歩いていても鳥がちょっと怖くなるようなリアルさがありました)

物語の始まりはマリオンとその恋人サムのシーンから。マリオンは今すぐにでも結婚をしたいと考えているのですが、サムは前の奥さんとのお金の問題など金銭的にトラブルがあるためマリオンとの結婚を決心できずにいる様子です。それに気づいたマリオンは「じゃあもう会うのやめましょ」といいながら出て行ってしまうのでした…。

不動産屋さんで働くマリオンはそのまま会社へ出勤。すると大口の客が現金4万ドルで支払いをするところでした。「こんな現金を会社に置いておけないから銀行で小切手に変えてきて」と上司に依頼されます。ここで「しめた」と考えたマリオンは、この現金4万ドルを銀行に持っていくことはせず、そのまま持ち逃げをしてサムのいるカリフォルニアへと向かうのでした。

途中で車を変えたりして、警察を上手くごまかしつつ本当に初犯か? と疑いたくなるような手慣れた様子で持ち逃げをするマリオン。
しかし夜になると大雨が降ってきてしまい、仕方なく道路沿いにあったモーテルで一泊することになるのでした。
夜中×大雨×モーテルは何か事件が起こると相場は決まっているわけです。お金持ち逃げの話か…? と思いきやこのモーテルから一気にストーリーは転換していくのでした。

撮影手法を知ると怖くなくなるあの場面

60年製作の白黒映画だからこそ、役者さんたちの表情がパキッとしていて分かりやすいのはサイコホラー作品としてとても魅力的でした。特に恐怖の叫び顔はこの映画を代表するシーンです。それまで意気揚々と身体を洗っていたと思ったら、振り向いた瞬間に絶叫という切り替えの迫力は見事です。

かの有名なバスルームでの殺人の場面。きっと誰もが聞いたことのある犯行に合わせたBGM、シャワーカーテンに倒れ込み、プチプチと取れていくカーテン…。
45秒のこのシーンの撮影に1週間かけたという記事をみたときは、もう一度このシーンを見直しました。この時代にこんな革新的な演出をしたシーンを1から作る大変さを感じました。 この『サイコ』を代表する犯行場面が怖くなくなるちょっと面白い情報があるのです。切りつけられて飛び散る血が印象的ですが、実は撮影にはチョコシロップが使われていたとか。甘い匂いが充満する現場を想像するとあまり怖くないですね。

怖くないつながりですと、ファッションに注目するととたんにおしゃれ映画になるほどどのキャラクターも着ているお洋服が素敵です。
マリオンのワンピースにベルトでウエストマークしたスタイルもかわいいですし、それに合わせた黒い鞄までトータルコーディネートとして完璧です。
モーテルにいたノーマンという男性も、シャツの上に黒っぽいニットと今でも通用するおしゃれな着こなしです。
男性女性関係なく、60年前とは思えないレトロながらもフォーマルでおしゃれな服装もこの作品の魅力となっています。

〇〇ジャンルの原点、という原点シリーズはいかがでしたでしょうか!今でも映画の演出の勉強に使われているという伝説的な本作『サイコ』は、ご紹介したような様々な観点でみても面白い作品となっております。
これからも原点シリーズを更新して参りますのでぜひお楽しみに!


サイコ

(C)1960 Shamley Productions, Inc. Renewed 1988 By Universal Studios. All Rights Reserved. Supplemental material written, Produced and directed by Laurent Bouzereau.

サイコ

製作年:1960年
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演者:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ジョン・ギャビン 他

septmersfilms

【Editor】septmersfilms

三度の飯よりホラー好き。ホラーがないと夏が始まらないと思っている。たまにおしゃれ映画・アニメーションも嗜むが、基本的にゾンビ映画をみることで心を癒している。Twitterでは映画以外にも本業のマーケティング関連記事もつぶやきます! ぜひチェックしてください!

septmersfilmsの記事一覧 Twitter(@septmersfilms)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アルフレッド・ヒッチコック

生年月日1899年8月13日(80歳)
星座しし座
出生地英・ロンドン・レイトンストーン

アルフレッド・ヒッチコックの関連作品一覧

アンソニー・パーキンス

生年月日1932年4月14日(60歳)
星座おひつじ座
出生地

アンソニー・パーキンスの関連作品一覧

ジャネット・リー

生年月日1927年7月6日(77歳)
星座かに座
出生地米・カリフォルニア州

ジャネット・リーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST