1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『仮面ライダーBLACK SUN』でダブル主演が発表された西島秀俊&中村倫也、それぞれの気になる出演作を今一度チェック

『仮面ライダーBLACK SUN』でダブル主演が発表された西島秀俊&中村倫也、それぞれの気になる出演作を今一度チェック

先日、俳優の西島秀俊&中村倫也が、特撮ドラマ『仮面ライダーBLACK』のリブート作『仮面ライダーBLACK SUN』で、西島が南光太郎/仮面ライダーBLACK SUN、中村が秋月信彦/仮面ライダーSHADOWMOONを務め、ダブル主演することが発表され話題となった。そこで『仮面ライダーBLACK』や『仮面ライダーBLACK RX』の視聴も考えたが、それはリブート作直前まで待つことにして、今回は西島秀俊&中村倫也のそれぞれの出演作の中から、個人的に気になる映画を1本ずつ紹介してみたい。

西島秀俊出演作:『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

2014年に公開された日韓合作映画で、第15回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞した司城志朗の小説が原作。西島演じるデザイン会社に勤める石神武人が、自宅で死んでいる妻を発見するも、直後に妻から電話がかかってきたことをきっかけに、自身の記憶の謎を追っていくという、サスペンスタッチのストーリーがくり広げられる。

自分の記憶に自信が持てず、自分が何者であるのかといった自分を取り戻すストーリーもさることながら、緊迫感あふれるカーチェイスも織り交ぜてくるなど、脚本も務めたキム・ソンス監督がメガホンをとっていることが、邦画にはない雰囲気を醸し出している。日本人キャストや日本の風景なども、どこか異国間が感じられるテイストなのも興味深い。

意外と追う側を演じることの多いイメージの西島だが(現在放送中のドラマ『真犯人フラグ』は奇しくも追い詰められる役だが……)、今作では追われる側に。逃走シーンでは屋根の上をよじ登ったり走り続けたりしているのだが、その姿が自らの記憶にまつわる現象への焦燥感と妙にシンクロ。少し薄暗いテイストな映像と相まって、ほどよくミステリアスに演出しているのが良い。

テンポ感が独特な点やラストの描き方は好みが分かれるポイントだろうが、謎めいたストーリーと緊張感ある空気感、アクセント的にも効いていたアクションなど、総じて完成度は高い。余談だが、西島秀俊が内野聖陽と共に主演を務めた連ドラ『きのう何食べた?』の出演者に関して、西島の変身が決まったので、小日向大策役の山本耕史、井上航役の磯村勇斗含め、主要キャスト4人中3人が“変身”することに。有事の際も何だか安心だ。


ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

出演者:西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子、浜田学、中村ゆり ほか

中村倫也出演作:『人数の町』

(C)2020「人数の町」製作委員会

(C)2020「人数の町」製作委員会

2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、準グランプリを受賞した作品が原作。衣食住が保証され、快楽を貪る毎日を送れる“謎の町”を舞台にストーリーが展開する「ディストピア・ミステリー」で、中村演じる蒼山(中村)が住人となって、その謎に迫っていく姿を描く。

主人公の蒼山は借金で首がまわらなくなり、怪しげな男に連れられてやって来た……と聞くと、思わず某有名ギャンブルマンガが頭に思い浮かんでしまうが、あちらは強制労働やら危険なゲームに挑戦させられるが、対照的に本作では簡単な労働の対価として衣食住はもちろん、あちらの方も自由に……といった具合。何でも許される奇妙な“町”という設定が興味深い。

人によっては、ある意味で“理想郷”のような場所ではあるのだが、そんな日々が続いていく内に蒼山は“町”のシステムや金銭、“町”の外はどうなっているのかなど、さまざまな点に疑問を抱いていく。このあたりは観ている側としても、蒼山の気持ちに大いに共感できるポイント。ただ、当然ながら、そのあたりを突っ込むことは……という構成は、ストレートながらどこか現実社会に投影できるような要素も感じられ、グイグイと引き込んでくれる。

クライマックスに向けて、ある人物が登場してからは物語の世界観が一変。世界のバランスや物事の価値観、各々の人生観など、観る人によって感じ方がさまざまに変わる描き方がされているはず。本作はありそうでなさそう、かつ、なさそうでありそうな設定が秀逸。特に自分が置かれている現状に何かしら思うところがある人は、手に取って観てみてほしい。そういえば磯村勇斗は、『珈琲いかがでしょう』で中村倫也と共演。こちらも2人“変身”に。ある意味“最強”だ。


人数の町

人数の町

出演者:中村倫也、石橋静河、立花恵理、山中聡、橋野純平 ほか

【フリーライター】遠藤政樹

【フリーライター】遠藤政樹

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心にインタビューやスチール撮影ありのイベント取材、コラム、レビューを執筆。IT系や企業案件もこなせるフリーの編集・ライター。お仕事も随時、募集中。

執筆記事一覧

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

西島秀俊

生年月日1971年3月29日(50歳)
星座おひつじ座
出生地東京都八王子市

西島秀俊の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST