1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 暴力的な映画が苦手な私が観たヤン・イクチュン主演・監督『息もできない』の感想【マニアックでもケンチャナヨ?】

暴力的な映画が苦手な私が観たヤン・イクチュン主演・監督『息もできない』の感想【マニアックでもケンチャナヨ?】

(C)2008 MOLE FILM All Rights Reserved

(C)2008 MOLE FILM All Rights Reserved.

話題のNetflix最新作「地獄が呼んでいる」で刑事役のヤン・イクチュン。彼を見るたびに「役柄がによって見た目もガラッと変わり、見る度にまた違う雰囲気だ!」とついワクワクしてしまいます。

日本でも『あゝ、荒野』で菅田将暉と主演を努めたことでご存知の方も多いと思います。私はなんと言ってもヤン・イクチュンが製作・監督・脚本・編集・主演した映画『息もできない』を観てからすっかりファンになってしまいました。国内外で評価が高いこの作品。最近ヤン・イクチュンを知ったという方は、ぜひ観てみてはいかがでしょうか?

そこで今回は映画『息もできない』+おすすめ作品をご紹介します!

映画『息もできない』ストーリー

ヤン・イクチュンが長編初監督で放つ衝撃の映画。愛を知らずに社会の底辺で生きるヤクザな暴力男と心に傷を抱えた勝気な女子高生ヨニが繰り広げる魂と魂のぶつかり合いが、赤裸々かつ緊張感いっぱいに綴られる。主演はヤン・イクチュン自身と本作の演技が絶賛された韓国期待の若手キム・コッピ。情け容赦ない暴力で周囲を震え上がらせる借金の取り立て屋、サンフン(ヤン・イクチュン)。ある日、道端で唾を吐き、偶然通りかかった女子高生ヨニ(キム・コッピ)のネクタイを汚してしまう。見るからに強面のサンフンに対しても怯むことなく突っかかっていくヨニ。最悪な出会いを果たした2人だったが、不思議とウマが合い、奇妙な交流が始まるが…。

映像を観始めるや否や、リモコンで観るのを止めようかと思ってしまうくらいに、主人公の男サンフンは、汚い言葉を吐き出し続けます。特に韓国語が聞き取れてしまうと、ほぼ9割のセリフが汚い言葉しか話してないのでは? と思うほど耳を塞ぎたくなるくらい酷いセリフしか主人公のサンフンからは出てこない。そして、汚い言葉だけではなく冒頭から暴力、暴力、暴力……なぜこの映画が評判いいのか…と正直半信半疑なところもありつつも観続けていたら、途中からあることに気づかされました。

サンフンという男の暴力と汚い言葉が精一杯の感情表現

(C)2008 MOLE FILM All Rights Reserved

(C)2008 MOLE FILM All Rights Reserved.

主人公のサンフンにとっては、取り立て屋のような社会の底辺で生きてきてしまったゆえ、彼が意志を表現するために使いこなせるのが、暴力と汚い言葉しかレパートリーを持ち合わせていない人物であることだということに気づきました。彼は父親に恨みを持ち、学校にもちゃんと通ったこともなく、悪い世界しか知らないで生きてきた人物。本当はもっと伝えたいこと、人にわかって欲しいことがあるのに、それを伝えられる語彙を持ち合わせていないため、暴力と汚い言葉で懸命に伝えている姿が、まるでそれは2、3歳の子供が、親に何か伝えたいけどまだ伝えることができなくて泣き出す状況と似ている気がしてなりません。

彼が彼なりに精一杯の伝える言葉なのだと気づかされると一気に映画の世界に引き込まれていきました。

女子高生ヨニとサンフンだけが通じ合う苦しみ

(C)2008 MOLE FILM All Rights Reserved

(C)2008 MOLE FILM All Rights Reserved.

サンフンは暴力的で汚い言葉しか使わないのに、とても純粋で、決して嫌な奴ではないのが不思議と伝わってきます。お姉さんと甥っ子に会いに行っては、不器用ながらもお金をあげたりゲームを買ったり、悪態つきながらも遊んであげたり。また、サンフンを心配しながらも温かい眼差しを送るお姉さんの姿を見ていると、サンフンはそこまで悪い奴ではないということを感じさせます。どうして彼がこのように生きるようになってしまったかは、「家族」のとある過去が引き金になっていました。

一方で出会う女子高生のヨニも同じように、「家族」という逃げられないしがらみの中で生きていました。素行の悪い弟や、ベトナム戦争帰還後精神的に不安定になってしまい錯乱気味な父に耐えながら、家事全てをヨニが担当していました。そんなヨニとサンフンが出会い、お互いがどん底の状況でありながら、懸命に生きているからこそヨニがサンフンを理解することが出来たのではと思います。ただヨニが一体どういう家族なのかサンフンは最後まで知らないし、きっと裕福な悩みのない家庭の子なのだろうとさえ思っている様子でした。

サンフンとヨニを苦しめるのはそれぞれの「家族」でした。父親の暴力から家族に歪みが起き、サンフンの人格を作り上げ、そして暴力が暴力の連鎖を生み衝撃のラストへ繋がっていきます。ぜひラストまで目を背けずに観て欲しい作品です。

この作品以降、監督した作品はないヤン・イクチュン。俳優としての活躍も楽しみですが、また監督としての作品も楽しみに待っていたいと思います!

ヤン・イクチュンの俳優としての他の作品もぜひ観て欲しい

『詩人の恋』

チェジュ島から出たことがない、泣かず飛ばずの詩人のテッキ。詩は行き詰まり妻には妊活を攻められ、とあるドーナッツ店の青年セユンに心惹かれ始める…。お腹ぽっこりのちょっと頼りない詩人テッキに、ヤン・イクチュンのまた違う一面を見ることができます。

『あゝ、荒野』

寺山修司の原作を大胆に再構成し、菅田将暉とヤン・イクチュンのW主演で映像化。吃音と赤面対人恐怖症に悩む“バリカン”こと建二をヤン・イクチュンが演じています。

ヤン・イクチュン主演! 映画『息もできない』+おすすめ作品

息もできない

 

息もできない

製作年:2008年
出演者:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク  ほか


詩人の恋

 

詩人の恋

製作年:2017年
出演者:ヤン・イクチュン、チョン・ヘジン、チョン・ガラム、キム・ソンギュン  ほか


あゝ、荒野

 

あゝ、荒野

製作年:2017年
出演者:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也  ほか

CHITOSE/ちとせ

【Editor】CHITOSE/ちとせ

執筆記事
【マニアックでもケンチャナヨ?】記事一覧

CHITOSE/ちとせ。韓国語を学びに韓国の語学堂に留学し、韓国の伝統建物「韓屋」のシェアハウスで2年生活した経験を持つ。少しだけマニアックな内容を主にお届けします。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST