1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 自然を破壊する人間と、自然を守る妖精…対立の先にある未来とは! 映画『羅小黒戦記』

自然を破壊する人間と、自然を守る妖精…対立の先にある未来とは! 映画『羅小黒戦記』

羅小黒戦記

(C)Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』

妖精のためにー。妖精とともにー。

<あらすじ>
人間たちの自然破壊により、多くの妖精たちが居場所を失っていた。森が開発され、居場所を失った黒猫の妖精シャオヘイ。そこに手を差し伸べたのは同じ妖精のフーシーだった。フーシーはシャオヘイを仲間に加え、住処である人里から遠く離れた島へと案内する。その島に、人間でありながら最強の執行人ムゲンが現れる。フーシーたちの不穏な動きを察知し、捕えにきたのだ。 戦いの中、シャオヘイはムゲンに捕まってしまう。
なんとか逃れたフーシーたちはシャオヘイの奪還を誓い、かねてから計画していた「ある作戦」を始める。一方、ムゲンはシャオヘイとともに、人と共存する妖精たちが暮らす会館を目指す。シャオヘイは、新たな居場所を見つけることができるのか。そして、人と妖精の未来は、果たして――

 

左から最強の執行人ムゲン、黒猫の妖精シャオヘイ
(C)Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

最新中国アニメのアクションがすごい!

2021年が終わってしまうこのタイミングで、今年を振り返ってみると中国コンテンツにハマった1年だったなと感じます。
書籍では『三体』というシリーズの最終巻が今年の5月に発売され、SFの世界にどっぷりと浸かった夏でした…!
そして映画では今回ご紹介する『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』をこの年末のタイミングに鑑賞し「やっぱり中国コンテンツは面白いな~」と改めて思ったので、皆さまにもオススメさせていただきます!

オープニングのシーンからとても良かったです。森に住む黒猫の妖精の小黒(シャオヘイ)はのんびりと暮らしていたのですが、人間の土地開発によって森を荒らされ追い出されてしまいます。その伐採機から逃げるシャオヘイのシーンは麻酔銃から逃げる、崩れた崖で破片から破片へジャンプするなど、動作のバリエーションが多く映画スタートから一気に躍動感が感じられるようになっていました。この間一切シャオヘイが話さず、動作のみで進んでいくのもこのアクションを際立たせている演出を感じました!

また中盤の戦いでは、妖精それぞれの能力(岩、氷、火…)を駆使したバトル描写もとても勢いがあります。それぞれの攻撃のエフェクトだけでなく、1秒ごとに展開するカットが攻撃の素早さを表現していて、実際に目の前で起こっているかのような迫力です。

後半から舞台がだんだんと街中になっていくにつれて「私たちが生活している場所で起こっていること」という意識も生まれていきます。
地下鉄の中でおかしな人たちが戦いを始めても最初は携帯で写真を撮っているだけ…とか、助けてもらっているはずなのに化け物扱いをしてしまったり…とか。
森から街へ、移り変わるシーンによって観ている私たちにも最後は「自然破壊」や「対立」について考えさせるものへと変わっていきます。

ところどころに見える中国文化

アニメーション映画ということで、日本の作品をかなり研究していたという監督のインタビューを読みましたが、中国作品ならではの良さも随所にありました。

登場人物たちの服装は中国らしい漢服のようなデザインで戦いのシーンにもとてもマッチしていました。街並みも日本とは違った広い道路や赤い提灯の下がった軒先など。
広い街も魅力的でしたが、一番印象に残っているのはおいしそうな中国料理でした…!
シャオヘイが仲間と一緒に食べていた串に刺したお肉や、お店で運ばれてくる料理はどれもおいしそうでシャオヘイも食べた後に目を輝かせていました。(ウーーーン!とうなりながらおいしそうに食べる姿がとってもかわいい)
こうした細部に製作国ならではの文化が感じられるのは、海外作品を観る良さですね!

また今回は敵味方、善悪などははっきり決めずに主人公のシャオヘイが様々な出会いを通して成長しながら考えていくという進め方なのも良かったです。
最近は、悪役にもこんな背景があって…という作品が増えてきていますが、特に今作では対立や衝突の理由が現実の問題とかなりリンクをしていて、中国という国から世界への問題提起のように感じられました。

公開時の中国では48億円以上の功績をおさめた今作は、もともとウェブアニメからスタートしたものでMTJJという監督のデビュー作でもあります。
約2年経った今でも日本ではじわじわと話題を広げ、2021年7月に日本語吹き替え版のDVD、Blu-rayが発売になりました。
中国語のオリジナル音声はもちろんのこと、日本語吹き替えの声優陣が花澤香菜さん、櫻井孝宏さん、宮野真守さんと超豪華ですので日本語での鑑賞も大変オススメです!
ぜひレンタルにてご鑑賞ください!


羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来

(C)Beijing HMCH Anime Co.,Ltd

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来

製作年:2019年
監督:MTJJ
声の出演(日本語吹替版):花澤香菜、宮野真守、櫻井孝宏 ほか

septmersfilms

【Editor】septmersfilms

三度の飯よりホラー好き。ホラーがないと夏が始まらないと思っている。たまにおしゃれ映画・アニメーションも嗜むが、基本的にゾンビ映画をみることで心を癒している。Twitterでは映画以外にも本業のマーケティング関連記事もつぶやきます! ぜひチェックしてください!

septmersfilmsの記事一覧 Twitter(@septmersfilms)

アーティスト情報

花澤香菜

生年月日1989年2月25日(33歳)
星座うお座
出生地東京都

花澤香菜の関連作品一覧

宮野真守

生年月日1983年6月8日(38歳)
星座ふたご座
出生地埼玉県

宮野真守の関連作品一覧

櫻井孝宏

生年月日1974年6月13日(47歳)
星座ふたご座
出生地愛知県岡崎市

櫻井孝宏の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST