1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 【今年のうちにもう一度観たい!】原作のテイストと実写映画らしい構成がマッチ、熱くてグッとくる快作――映画『東京リベンジャーズ』

【今年のうちにもう一度観たい!】原作のテイストと実写映画らしい構成がマッチ、熱くてグッとくる快作――映画『東京リベンジャーズ』

映画『東京リベンジャーズ』

(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

ビジュアルもキャラクター性も見事に体現したキャスト陣

俳優の吉沢亮主演のNH大河ドラマ『青天を衝け』が惜しまれながらも最終回を迎えたが、そんな彼がマイキーこと佐野万次郎を演じ、北村匠海がタケミチ役で主演を務めた実写映画『東京リベンジャーズ』。原作は、ここでも一度取り上げたこともある、言わずと知れた和久井健が手がける大ヒットマンガ『東京卍リベンジャーズ』だ。アニメ化もされて人気を博し、先日、アニメ第2期となる「聖夜決戦編」の製作決定も発表されている。

マンガ原作の実写化というのはなかなかハードルが高いのも事実だが、こと本作に関してはそんな心配は不要。北村匠海演じるタケミチをはじめ、“マイキー”吉沢、さらにドラケンこと龍宮寺堅の山田裕貴、橘直人の杉野遥亮、ヒナの今田美桜、キヨマサの鈴木伸之、ミツヤの眞栄田郷敦、半間修二の清水尋也、アッくんこと千堂敦の磯村勇斗、稀咲鉄太の間宮祥太朗など、ビジュアルはもちろん内面に至るまで、まさに原作へのリスペクトと愛にあふれ、その完成度が高すぎて目を見張ってしまう。

もちろん熱いのはキャスト陣だけではなく、ストーリー面も言わずもがな。原作マンガが連載中のため、どこまでも映画として描くのかにも公開前は注目が集まったが、その部分に関しても、原作以上にタケミチに強くスポットライトを集中させることにより、原作の持ち味や後に製作されるかもしれない続編も踏まえた必要十分な伏線についても、しっかりと盛り込まれ、映画らしく再構築されており、原作ファンも心の底から楽しめる構成となっていた。

アクションもあり青春感もあり、胸アツなドラマもある。そのすべてをひっくるめて、魅力いっぱいのキャスト陣が誠実に、かつダイナミックにキャラクターを体現。一見すると不良ものと感じてしまう人もいるかもしれないが、たしかにそこには若者の情熱と成長のドラマが存在し、エンタメとしても、一本の映画としても原作を知らずとも楽しめるはず。もっともっと彼らの活躍を観たくなる。


映画『東京リベンジャーズ』

映画『東京リベンジャーズ』

原作:和久井健
監督:英勉
出演者:北村匠海、山田裕貴、吉沢亮、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之 ほか

【フリーライター】遠藤政樹

【フリーライター】遠藤政樹

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心にインタビューやスチール撮影ありのイベント取材、コラム、レビューを執筆。IT系や企業案件もこなせるフリーの編集・ライター。お仕事も随時、募集中。

執筆記事一覧

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

吉沢亮

生年月日1994年2月1日(28歳)
星座みずがめ座
出生地東京都

吉沢亮の関連作品一覧

山田裕貴

生年月日1990年9月18日(31歳)
星座おとめ座
出生地愛知県

山田裕貴の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST