1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 音楽
  4. 凛として時雨は変わらないのか、変わったのか? 直感を必然に変えて作り上げた理由なき傑作。5年振りのオリジナルアルバム『#5』、遂に完成!【インタビュー】

凛として時雨は変わらないのか、変わったのか? 直感を必然に変えて作り上げた理由なき傑作。5年振りのオリジナルアルバム『#5』、遂に完成!【インタビュー】

凛として時雨

凛として時雨

オリジナルフルアルバムはなんと5年振り。その間にミニアルバムとシングルのリリースがあり、メンバー個々の活動は活発に行われていたものの、ファンにとっては待ちに待った最新作がついに完成した。タイトルは『#5』。6枚目なのになぜ? インディーズ時代の『#4』との関連性は? さまざまな謎を秘めた本作について、TK(Vo&G)、345(Vo&B)、ピエール中野(Dr)の3人が語ってくれた。

─ここ数年はソロ活動が目立っていましたが、それぞれ、得たものはありましたか。

ピエール中野 ● クリニックやイベントでいろんなプロドラマーの方と接する機会が爆発的に増えて、奏法や音作りの解釈がだいぶ自分のなかで見えてきました。自分が尊敬している人の言葉をよく聞いて、実際に試してみたことが、凛として時雨の活動にも反映させられたなと思います。

345 ● いろんな活動をやらせてもらって、そこに行ったらそのバンドの自分になれるということがあるなと思いました。そして、いろいろやったかなと思いつつも、時雨に戻ってきたら時雨の演奏パターンになるということをすごく感じました。

─TKさんは、ソロからバンドに持ち帰ったものというと?

TK ● あんまりないですかね。345が言ったみたいに、時雨に戻ってくると3人でしか作れないものに戻るので、ほかの場所で成長していても、時雨の魔力に引き戻されるというか。容易に持ち込めないからこそ、自分がやってきた特異性とか、いびつなことを自然にやっていたんだなと感じるので、あらためて面白いバンドだなと思いますね。

─今回の制作には、優に1年以上かけたと聞いています。

TK ● メンバーでスタジオに入って、ある程度構成を決めて、誰かにエンジニアをお願いして録ってしまえば速いんですよ。でも作る時間、録る時間、ミックスする時間、全部自分でやらなきゃいけないんで、時間的な効率としてはすごく悪いんです。でも、突き詰めるという意味での効率はたぶん一番良くて。自分がほしい音を作るという意味では、それが一番良い作り方なんです。

─アルバム制作の最初は、どの曲から?

TK ● 1曲目「Ultra Overcorrection」ですね。一番最初にやりたいことを詰め込んだものとして、楽曲に対する思い入れもあったので、1曲目にしました。

─リスナーとしては、“これは凛として時雨でしかありえない”という曲ですね。まるでカオスのジェットコースター。

TK ● 詰め込み型ですね。

─1・2・3曲目にそういうタイプの曲を並べて、一気に飛ばしていく流れになっていて。

TK ● あんまり全体のバランスは考えていないんですけど、1曲だけアコギを入れたくて、7曲目の「Serial Number Of Turbo」を作りました。ほかはもう、思うがままに作った感じです。

─レコーディング中のエピソードは?

TK ● 『#5』のドラムソロは、会心のプレーが録れたんじゃない?

ピエール中野 ● スタジオで“ここにドラムソロを入れたくなったからちょっとやってみて”と言われて、何パターンか試してみて。これをどうまとめるんだ? と思ってたんですけど、ちゃんと曲として成立させるのは、さすがTKだなと思いましたね。

TK ● まとまってないんだけどね(笑)。回収はできてない。

ピエール中野 ● できてると思うけどな。そういうスリリングなやりとりが面白かった。あとは、通常はクリックに合わせるか、またはクリックなしで録るんですけど、今回は両方で録ることも試してみたり。

TK ● 「High Energy Vacuum」は、クリックありで録ったドラムに、クリックなしで録ったスネアを混ぜたりしてます。ドラムの音って、クリックがない方が自由に鳴らせるという良さもあるけど、クリックがあった方が楽曲の見え方がはっきりするんです。それを曲によって使い分けることは、昔からやってますね。あと、頭のカウントだけクリックを聴いてあとは3人でやっちゃうとか、本当にいろんなパターンがあって、それをあとからセレクトする。だから効率が悪いんですよ(笑)。

─345さんが、印象に残っていることは?

345 ● 「Chocolate Passion」のデモ音源が届いた時は、“この曲、演奏したい!”って、かきたてられるような思いがあったなって、今思い出しました。あとは…ベースのレコーディングってどんな感じだったっけ? あんまり記憶にない(笑)。

TK ● スタジオに入る時はできるだけ、僕が一人でいろいろ考えた結果を持って行くようにしているので、全部の時間を共有することはあんまりないんですよ。スタジオで過ごす時間を共有していけばいくほど、作品に対する3人の温度感は一緒になっていくんですけど、あまりそれをしてしまうと、3人にしか見えていないものが多くなってくるので。“3人で作ったからこれでいいんだ”という思い込みを、僕は排除したいなと思ってるんで。

─ああ。なるほど。

TK ● 逆に、思い込みだけで作りたい時もあるんですよ。“これは3人でこのノリで作ったからいいよね”っていう瞬間もあっていいんですけど、自分一人で悶々として作って、“せっかく作ったから”というのは本来なくていいことなので。それをパッと二人に聴いてもらって、なるべく客観的に判断してもらうために、全部の時間を共有しないことは重要だと思っています。その結果、エピソードが少ないという。

345 ● うん(笑)。思い出せない。

─そして、本作のタイトルは『#5』。インディーズ時代のアルバム『#4』との関連性を、どうしても考えてしまうんですけども。

TK ● 『#4』を思って作ったとか、そういうわけでもないんですけど、自然とそこに吸い寄せられていった感じはありますね。それで仮タイトルを『#5』にしておいたんですけど、曲を作っていくなかで、そこにどんどん吸い寄せられていく感じがあって。メンバーにそういう話をしたら、中野くんも“俺も『#5』かなと思ってた”と言ってくれて。

ピエール中野 ● 曲順をいろいろ並べ替えて車のなかで聴いてた時に、『#5』っていうタイトルがすごくかっこいいなって、なんとなく思ってたんですよ。で、その日家に帰ってメールを開いたら“仮タイトルは『#5』です”って書いてあって、“マジで!?”と思った。

─2005年にリリースされたインディーズ時代の『#4』と、時空を超えてつながる何かを感じたんですかね。

ピエール中野 ● 作品自体なのか、精神性なのかはわからないですけど。『#4』があって、『#5』と付けられるべき曲が並んでいるなという、直感でそう思ったんですよね。

TK ● “なんとなく今これが歌いたいな”というものって、音楽のなかで一番ピュアな感情な気がしていて、そういうものほど説明ができないものになってくるので。本人も理由はわかってないのかもしれないけど、そっちの方がすごく純度が高く感じるんですよ。

ピエール中野 ● そういう意味で、凛として時雨らしさが、ものすごく詰まっているアルバムなのかなと思います。

─限りなくイマジネーションが広がる作品だと思います。

TK ● うれしいです。僕はもう狭まっていくばかりですよ、イマジネーションが(笑)。狭まっていくなかで何を作り出すか、というところですね。

─そうですか? 広がりつつあるとしか思えないですけどね。

TK ● だったら、心のどこかで僕も求めているのかもしれないです。やっぱり僕は“同じもの”が好きなので、“またここに戻ってきたな”の連続ではあるんですよ。その変わらないものの連続が、人から見た時に“ちょっとずつ変化してるよね”と思われるぐらいが、ちょうどいい変化だなと思うので。本当は変えたいけど、でも変わらないという、それが一番いいのかもしれないです。

(取材・文:宮本英夫)

凛として時雨 リリース情報

#5

NEW ALBUM
2018年3月3日レンタル開始
2018年2月14日発売

初回生産限定盤(CD+DVD):AICL-3479〜80 3,900円(税抜)※トールサイズ・デジパック仕様
通常盤(CD):AICL-3481 3,000円(税抜)

⇒作品紹介・レビューを読む

凛として時雨 オフィシャルサイト

凛として時雨の関連記事をもっと読む

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST