1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 音楽
  4. 細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』主人公の女子高生役に大抜擢! シンガーソングライター・中村佳穂のおすすめ曲【3選】

細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』主人公の女子高生役に大抜擢! シンガーソングライター・中村佳穂のおすすめ曲【3選】

中村佳穂『AINOU』

中村佳穂、細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』に主人公・すず/ベル役に大抜擢!

(c)2021 スタジオ地図

先日、中村佳穂が2021年7月16日(金)に公開予定の細田守監督最新作、映画『竜とそばかすの姫』に主人公・すず/ベル役で出演し、物語の軸となる劇中歌を担当することが発表された。
以前から監督自身が彼女のファンであり、主人公役の決定にあたっては、このオーディションで圧倒的な歌声と存在感を発揮した彼女が大絶賛され、主人公役に決定した。
圧倒的なライヴパフォーマンスで音楽ファンから定評があった中村佳穂が、まさかの細田守監督の最新作に主演すると発表されると音楽ファンの間でも驚きと衝撃が走った。
また、メインテーマはKing Gnu常田大希率いる音楽集団『millennium parade』と中村佳穂で務めることになった。メインテーマの『U』はmillennium parade × Belle名義で7月12日(月)に配信リリースされる。

(c)2021 スタジオ地図 メインテーマの『U』millennium parade × Belle

自己紹介やMCまでもが音楽で溢れた彼女のパフォーマンスは圧倒的で、歌唱力も抜群である。透き通った声と、生命力あふれる歌声は素晴らしい音響や自然の中で聴くとその世界観に時間を忘れる。
そんな彼女が、あの細田守監督の映画で主演を務め、尚且つ歌声も映画館に響き渡ると思うと今から公開が待ち遠しい。

今回は、『竜とそばかすの姫』を観る前に合わせて聴きたい中村佳穂のおすすめ曲を彼女の1stアルバム『AINOU』より3曲セレクトしました。

シンガーソングライター 中村佳穂とは

シンガーソングライター 中村佳穂(よみ:なかむら かほ)。
1992年生まれ、京都出身のミュージシャン。数々のイベント、フェスの出演を経て、その歌声、音楽そのものの様な彼女の存在がウワサを呼ぶ。
ソロ、デュオ、バンド、様々な形態で、その音楽性を拡張させ続けている。
ひとつとして同じ演奏はない、見るたびに新しい発見がある。今後も国内外問わず、共鳴の輪を広げ活動していく。
2016年、『FUJI ROCK FESTIVAL』に出演。2017年、tofubeats『FANTASY CLUB』、imai(group_inou)『PSEP』、ペトロールズ『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? -EP』に参加。
2018年、自身のレーベル「AINOU」をスペースシャワーミュージック内に立ち上げ、同タイトルのアルバムを11月7日に発売する。

おすすめ曲1「You may they」

You may they、有名税。
細田守監督の映画の主演を務めることになり、確実に露出が増えることが間違いなく、幅広い世代に中村佳穂の名は広まるであろう。
そんな彼女の、有名になることについての気持ちが綴られているリリックが印象的な一曲をセレクト。

この曲は、彼女自身が友人がテレビに出ることを嬉しく思っていたら、ネットで叩かれていた。その時の心情を表現した一曲である。
嫌な人もいるし、どこかで誰かの悪者になってしまうのは仕方ないけれど、叩かれたことによって志すものが、向かうはずだったものが曲がってしまわないようにしたい。
彼女の歌はどの曲も歌詞というより、日記のように綴られている。その魅力が最大源に表現されている。
ライヴでのパフォーマンスも最高だが、アルバムで聴くと2曲目の「GUM」との音の混ざりがとても気持ち良い。
いつか見たその先を信じて、最高の気持ちをめざす彼女の意思が強く刺さる一曲だ。

おすすめ曲2「きっとね!」

ロンドン在住のアニメーション作家 シヴァン・キドロンによる全編アニメーションのMVも可愛らしい。
「何度も何度も何度も」観たくなる、聴きたくなる中毒性のある一曲。
MVの可愛さとは裏腹に秘密や痛みが多い方が優しく、強くなれるんだという愛と強さと優しさを表現した大人なリリックが刺さる。
ポジティブに溢れた世界観に“きっとね!”あなたも彼女の魅力にハマるはずだ。

おすすめ曲3「アイアム主人公」

『天気の子』『君の名は』『未来のミライ』などアニメ作品のMac登場シーンで構成されていて話題となった、Apple「Macの向こうから」シリーズのCM「Macの向こうから - まだこの世界にない物語を」でも使用されていた楽曲。

『Greenroom Festival』と『NEWWW vol.17』で中村佳穂のライヴを観たが、「この曲のどこが正しく どこが見当違いで…?」とリリックにもあるとおり、どちらも全く違う「アイアム主人公」がいた。
中村佳穂といえば震え声の表現力が天才的に上手いと思っているが、それを上手に生かしながら中村佳穂流のラップのように聞こえる。話すように、語りかけるように、祈るように、でもポップに表現する。そこにいる一人一人に話しかけているようだ。

彼女のパフォーマンスは一つとして同じパフォーマンスがない、見るたびに新しい発見があるその姿は輝いている。
何か靄がかかったような気持ちが、晴れ晴れするスッキリした気持ちになる爽快な一曲だ。

今、まさに「アイアム主人公」になった彼女は、今後どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか今後に期待したい。

中村佳穂『AINOU』

中村佳穂『AINOU』

TOL販売価格:3,080円(税込)

【CD収録内容】
1.You may they
2.GUM
3.きっとね!
4.FoolFor日記
5.永い言い訳
6.intro
7.SHE’S GONE
8.get back
9.アイアム主人公
10.忘れっぽい天使
11.そのいのち
12.AINOU

ayacho

【Editor】ayacho

誰かの人生に彩りを加えられる人になりたいと日々を模索中。 和モノからシティポップ、R&B、ダンスミュージックなどジャンルレスに音楽探求。今、おすすめな音楽をセレクトしています。 名探偵コナン好きのアラサー。主にインドア派だけど、ライブ好き。

ayachoの記事一覧 Note(ayacho)Twitter(@aya_______cho24)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

細田守

生年月日1967年9月19日(53歳)
星座おとめ座
出生地富山県中新川郡上市町

細田守の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST