1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 音楽
  4. B'z、三浦大知、池田エライザ、YOASOBIの幾田りらが歌う、松本隆トリビュートアルバムが豪華過ぎる!!

B'z、三浦大知、池田エライザ、YOASOBIの幾田りらが歌う、松本隆トリビュートアルバムが豪華過ぎる!!

松本 隆 作詞活動50周年トリビュートアルバム「風街に連れてって!」

松本隆 作詞活動50周年を彩る、新たな風街

日本にロックが入ってきて初めて日本語の歌詞とロックのリズムとを掛け合わせることに挑戦し、<日本語ロックの金字塔>と言われるバンド「はっぴいえんど」(メンバーは細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂)。
松本隆さんは、そんな日本のロック史に残る伝説的バンドのドラマーでした。

バンド解散後に、本格的な職業作詞家に転向。
幅広いジャンル、幅広い世代のアーティストに数々の歌詞を提供され、今では「松本さんの手がけた曲を知らない日本人は、もしかしていないのではないか!?」と思ってしまうほど、音楽界を代表する作詞家として知られています。

そんなレジェンド・松本隆さんの作詞活動50周年を記念して、松本さんが手がけた名曲を様々なアーティストたちがカバーした、トリビュート・アルバム『風街に連れてって!』が、2021年7月14日(水)にリリースされます。

ちなみに“風街”とは、古き良き東京の原風景を「風街」という架空の街にみるといったテーマで、はっぴいえんどが1971年11月にリリースしたセカンド・アルバム『風街ろまん』にも象徴されているように、松本さんの歌詞世界を表わすキーワードとなっています。

本作に収録される曲は、以下の11曲。

【収録曲】

01. 夏色のおもいで/吉岡聖恵
(作曲:財津和夫 オリジナルアーティスト:チューリップ)
02.君は天然色/川崎鷹也
(作曲:大瀧詠一 オリジナルアーティスト:大滝詠一)
03.SWEET MEMORIES/幾田りら
(作曲:大村雅朗 オリジナルアーティスト:松田聖子)
04.SEPTEMBER/宮本浩次
(作曲:林哲司 オリジナルアーティスト:竹内まりや)
05.Woman “W の悲劇”より/池田エライザ
(作曲:呉田軽穂 オリジナルアーティスト:薬師丸ひろ子)
06.セクシャルバイオレット No.1/B’z
(作曲:筒美京平 オリジナルアーティスト:桑名正博)
07.スローなブギにしてくれ(I want you)」/GLIM SPANKY
(作曲:南佳孝 オリジナルアーティスト:南佳孝)
08.キャンディ/三浦大知
(作曲:原田真二 オリジナルアーティスト:原田真二)
09.風の谷のナウシカ/Daoko
(作曲:細野晴臣 オリジナルアーティスト:安田成美)
10.ルビーの指環/横山剣(クレイジーケンバンド)
(作曲:寺尾聰  オリジナルアーティスト:寺尾聰)
11.風をあつめて/MAYU・manaka・アサヒ(Little Glee Monster)
(作曲:細野晴臣 オリジナルアーティスト:はっぴいえんど)
ALL SONGS 作詞:松本隆 プロデュース :亀田誠治


今回はここに集められた珠玉中の珠玉である11曲について、ざざざっとご紹介させていただきます!

「夏色のおもいで」

オリジナルは1973年10月5日に発売されたチューリップの通算4枚目のシングル。
本作ではいきものがかりのボーカル・吉岡聖恵さんがソロとして歌っています。吉岡さんは「世界観がぴったり!」とプロデューサーの亀田さんに言われたそうですよ。

「君は天然色」

元「はっぴいえんど」のメンバーでもある大滝詠一さんが1981年にリリースしたソロ・アルバム『A LONG VACATION』(通称『ロンバケ』)の1曲目です。BREEZEが心の中を通り抜ける“ナイアガラ・サウンド”の象徴ともいえる名曲で、現在でも、CM、アニメーション、映画のテーマ・ソングなどに使用されています。
TikTok動画で使われてブレイクした「魔法の絨毯」で話題のシンガーソングライター・川崎鷹也さんがカバー。


[Official] 大滝詠一「君は天然色」Music Video (40th Anniversary Version)

「SWEET MEMORIES」

YOASOBIの幾田りらさんがカバーされた「SWEET MEMORIES」は、松田聖子さんが1983年にリリースしたシングル。
当初は「ガラスの林檎」のB面扱いだったのですが、お酒のCM(ペンギンのやつです)で使用されて大人気となり、両A面扱いで再発売されたという逸話を持つ曲です。

幾田りら「SWEET MEMORIES」(松本隆トリビュートアルバムより)

「SEPTEMBER」

竹内まりやさんが1979年にリリースした3枚目のシングル。
今回は、エレファントカシマシのボーカリストでもある宮本浩次さんによるカバーです。
宮本さんはソロとして、2020年11月に発表した自身初となるカバー・アルバム『ROMANCE』の初回限定盤ボーナスCDにも、この曲のカバーを収録されていました。

⇒アルバム『ROMANCE』についてはこちら

「Woman”Wの悲劇“より」

薬師丸ひろ子さんが主演した角川映画『Wの悲劇』(1984年)の主題歌。
ちなみに作曲を担当している呉田軽穂(くれだ かるほ)さんとは、松任谷由実さんが他のアーティストへの作品提供の際に使うペンネームです。
女優の池田エライザさんがカバーされています。


池田エライザ「Woman”Wの悲劇“より」(松本隆トリビュートアルバムより)

「セクシャルバイオレット No.1」

桑名正博さんの代表曲でもあるこの曲は1979年にリリースされ、化粧品メーカーのキャンペーンCMソングとして一世を風靡。
カバーしているのは、なんとB'z!…もはや説明不要ですね(カッコいいに決まっています)。

「スローなブギにしてくれ(I want you)」

青春映画『スローなブギにしてくれ』(1981年)の主題歌で、映画のサントラを担当していた南佳孝さんの作曲、歌唱によるこの曲は、その出だしのフレーズもとても印象的で当時大ヒットしました。
このロッカ・バラードな曲をGLIM SPANKYがカバー。こんなにも男らしい曲を女性ボーカルで、というのもちょっと斬新で面白いですよね!

GLIM SPANKY「スローなブギにしてくれ(I want you)」コメント動画

「キャンディ」

抜群のソングライティングセンスとともに、アイドル的なルックスでも人気のシンガーソングライター原田真二さん(なんと当時10代!)による、1977年にリリースされた2枚目のシングル。
ダンサー、歌手、​エンターテイナー、作詞、作曲、振付、演出などとこれまた多彩ぶりを見せてくれる、三浦大知さんがカバーしているのですが、これまたスウィートな歌声がとっても素敵です!

三浦大知「キャンディ」コメント動画(松本隆トリビュートアルバムより)

「風の谷のナウシカ」

誰もが知る、ジブリ映画『風の谷のナウシカ』ですが、その劇中で使われていないという幻のテーマソング。
この曲を歌った安田成美さんは映画の「イメージガール」コンテストで選ばれ、この曲で歌手デビューしました。
カバーしているのは、米津玄師さんや岡村靖幸さんとの共演など、様々なコラボレーションでも話題を集め続けるラップシンガーのDaokoさんです。

「ルビーの指環」

俳優としても有名な寺尾聰さんが自ら作曲したこの曲は、1981年にリリースされたシティポップの金字塔とも言われる大ヒット曲です。
当時、TBS系『ザ・ベストテン』では12週連続1位と最長記録を樹立し、番組終了までその記録は破られることはありませんでした。
渋くてクールでカッコ良さもありつつ、どこかかわいらしさも持ち合わせている―そんな「大人の男性が歌うとしっくりくる名曲だなぁ」なんて思っていたら、私も大好きなクレイジーケンバンドの横山剣さんがカバー!
まさにピッタリ!イイネイイネ!​イイネ!!

「風をあつめて」

はっぴいえんどの『風街ろまん』に収録され、松本隆さんが作詞、作曲を細野晴臣さんが手がけた「風をあつめて」。
まさに松本さんの歌詞世界「風街」を象徴するシンボルのような名曲です。
人気の女性ボーカルグループ、Little Glee MonsterのMAYUさん、manakaさん、アサヒさんの3人がカバーしています。

映画のような歌詞世界

「作詞:松本隆」と書いてある曲には、いつもハッとする何かがありました。

曲の中に映画のスクリーンのようなものが現れ、そこに吹く風や、匂い、その情景、ストーリーがいきいきと映し出される…「松本隆」という人は、そんな不思議な魔法のようなものを持つ人だなぁと感じます。

特に、2020年10月にお亡くなりになった作曲家の故・筒美京平さんとのコンビで生み出した曲のパワーはすさまじく、中でも「木綿のハンカチーフ」(歌:太田裕美)なんて、歌詞なんてとっくに全部(最後のオチまで)知っているのに、条件反射のように毎回、涙腺がゆるんでしまうほど。

2021年3月にリリースされた筒美さんのトリビュートアルバム『筒美京平SONG BOOK』には、女優の橋本愛さんカバーによる「木綿のハンカチーフ」が収録されていますので、よろしければこちらもあわせてどうぞ!
ちなみに、筒美さんのトリビュートアルバムに収録されている全12曲中「東京ららばい」「木綿のハンカチーフ」「卒業」の3曲が、松本さんの歌詞によるものです。

おまけ:「100%松本 隆」とはなんぞや?

初回限定生産盤についてくる、「100%松本 隆」。

「松本隆が歌詞を提供したアーティストとの対談やソロインタビューのほか、松本隆を偏愛する著名人たちのインタビュー、楽曲をイメージした撮り下ろしグラビア、描き下ろし短編漫画、様々な切り口で松本隆の詞の世界を表現したコラム等で構成される100ページ以上の雑誌仕様の特典本」とのこと。

この本の表紙は、若き日の松本さんなのですがイケメン、いや、めっちゃハンサム!!
ファンは是非とも特典付きの初回限定生産盤をゲットしてくださいね!

リリース情報

松本 隆 作詞活動50周年トリビュートアルバム「風街に連れてって!」
2021年7月14日(水)発売

松本 隆 作詞活動50周年トリビュートアルバム「風街に連れてって!」

【初回限定生産盤】(CD+LP+豪華特典本)TOL販売価格:11,000円(税込)
【通常盤】(CD)TOL販売価格:3,300円(税込)

01. 夏色のおもいで    吉岡聖恵    
02. 君は天然色    川崎鷹也    
03. SWEET MEMORIES    幾田りら    
04. SEPTEMBER    宮本浩次    
05. Woman“Wの悲劇”より    池田エライザ    
06. セクシャルバイオレットNo.1    B’z    
07. スローなブギにしてくれ(I want you)    GLIM SPANKY    
08. キャンディ    三浦大知    
09. 風の谷のナウシカ    DAOKO    
10. ルビーの指環    横山剣    
11. 風をあつめて    MAYU・manaka・アサヒ(Little Glee Monster)

こちらもチェック!

筒美京平SONG BOOK

筒美京平SONG BOOK

TOL販売価格:3,300円(税込)

01. 人魚 LiSA 
02. 東京ららばい 片岡健太
03. 木綿のハンカチーフ    橋本愛 
04. ブルーライト・ヨコハマ    アイナ・ジ・エンド
05. 卒業    生田絵梨花
06. また逢う日まで    北村匠海
07. サザエさん    miwa
08. 魅せられて(エーゲ海のテーマ)    芹奈・かれん from Little Glee Monster
09. シンデレラ・ハネムーン    一青窈 
10. さらば恋人    前田亘輝

nanayae

【Editor】nanayae

好きなものにはサブカルの香りがすこし。カルチャーに囲まれ、カルチャーとともに生きている。大切なものは「土曜ソリトン SIDE-B」に教わった気がする。おもいっきり昭和生まれ。好きな音楽ジャンルは、90年代の音楽全般(特に渋谷系とその周辺)、日本のフォーク&ロック、テクノポップ、シティポップ、ソフトロック、AOR、ジャズ、ソウル、ラテンもの。I LOVE 柴犬。TSUTAYA MUSIC PLAYLISTでも執筆(⇒記事はこちら)。

nanayaeの執筆記事一覧 Twitter(@7iromagic)

アーティスト情報

松本隆

生年月日1949年7月16日(72歳)
星座かに座
出生地東京都港区

松本隆の関連作品一覧

三浦大知

生年月日1987年8月24日(34歳)
星座おとめ座
出生地沖縄県

三浦大知の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST