1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 音楽
  4. BLACKPINK、MAMAMOO、そのカッコよさ反則♡女性が惚れ込むガールクラッシュなグループ

BLACKPINK、MAMAMOO、そのカッコよさ反則♡女性が惚れ込むガールクラッシュなグループ

BLACKPINK

同性が惚れ込むかっこいい女性たち

先日『BLACKPINK THE MOVIE』を観ました。こちらの映画のお話についてはまた後日、書きたいと思います! といいつつちょっとだけ感想を(笑)。ひしひしと伝わってくるファンへの想いに幸せを感じました。観終わったあと…ライブを観に行った日のことを思い出してジーンときてしまいました。そして何より4人がカッコいい…(ため息)。

さて、そんなBLACKPINKですが、ガールクラッシュグループと形容されていますよね。そこで今回はガールクラッシュをテーマに代表格なBLACKPINKMAMAMOOの魅力&おすすめしたいアルバムをご紹介します。

『BLACKPINK THE MOVIE』

「ガールクラッシュ」とは

この言葉が使われるようになったのは今から約10年前のこと。KARA、少女時代、東方神起などの活躍により、日本でK-POPブームが巻き起った当時、韓国ではガールクラッシュが流行しました。

ガールクラッシュとは、同性が思わず惚れ込んでしまうような魅力を備えた女性を意味します。ガーリーな女性像とは真逆の誰にも媚びることなく自分に素直に生きている凛としたカッコいい女性を表すときに使われることが多いようです。韓国の音楽シーンのなかにもガールクラッシュの魅力を持ったアーティストはたくさんいます。たとえば…。

「自分らしく生きる女性」の姿を体現してみせた2NE1(トゥエニィワン)は、ガールクラッシュの先駆け的存在として知られています。残念ながら2NE1は2016年に解散してしまいましたが、BLACKPINKの先輩にあたるガールズグループで、自立した女性を的確に表現した歌詞の世界やパワフルなステージなど、誰にも媚びない力強いスタイルで女性たちのハートを鷲掴みにしました。

その後、時代の空気感を反映しながらガールクラッシュの価値観も多様化していき、自分は自分、ありのままでいいといった女性の自己肯定を意識したスタイルも登場。いつの時代も私たちの背中を押してくれる素敵な女性たちだなと、私の周りでもそんな声をよく耳にします。

BLACKPINK

BLACKPINK

BIGBANGや2NE1などを輩出したYGエンターテインメントが約7年ぶりにプロデュースするガールズグループとして、2016年にデビューさせたのが“ブルピン”ことBLACKPINK。韓国出身のジスとジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4人組。

まるでお人形のような美貌ながら、美しくもエネルギッシュなパフォーマンスで多くの女性を魅了してやまないグループですよね。私がK-POPに本格的にハマっていったのもBLACKPINKとの出会いがきっかけでした。何度かライブに行ったことがあるのですが、凄みさえ感じさせるライブパフォーマンは圧倒的で感動する。

ハスキーで伸びやかな歌声のジス。クールな低音ボーカルと力強いラップが魅力のジェニー。高い歌唱力を持つロゼ。パワフルな声によるラップとダンススキルが高いリサ。本当かっこいいグループだなと思います。

BLACKPINKのデビュー曲「WHISTLE」

グループ名の由来・意味:グループ名の「BLACKPINK」は、最も綺麗な色と表現されるピンクを少し否定する意味で、“美しいものが全てではない”という意味が込められている。またスペシャルなものの前に「BLACK」という名称がつけられるように“スペシャルな女性グループ”を意味するものでもある。―――BLACKPINKオフィシャルサイトより

『THE ALBUM -JP Ver.-』(2021年)

『THE ALBUM -JP Ver.-』

BLACKPINKにとって初の日本フルアルバム
『THE ALBUM -JP Ver.-』は、2020年10月に全世界でリリースされた1st フルアルバム『THE ALBUM』の日本盤。米ニュース週刊誌『タイム』にて「今年最高のK-POPソング10曲」に選定された「Lovesick Girls」をはじめ、「How You Like That」「Pretty Savage」「You Never Know」が日本語バージョンとして新録&オリジナル・バージョン4曲を加えた全8曲を収録。

Lovesick Girls -JP Ver.-

”愛”に傷ついて苦しみながらもまた“愛”を求めていくことを歌った強烈なメッセージ性を持ったラブソング。

Ice Cream(Feat. Selena Gomez)

”見た目はクールだけど実はスイートな人” というメッセージをアイスクリームに例えて表現したセレーナ・ゴメスとコラボ曲。

MAMAMOO

MAMAMOO

韓国のヒットメーカー、キム・ドフンが発掘し育てあげた初のガールズグループとして、2014年にデビューを飾ったMAMAMOO。圧倒的な歌唱力と高いパフォーマンススキルを持ち合わせ、“新人らしくない新人”と評価されるほどデビュー当時から実力を兼ね備えていた、ソラ、ムンビョル、フィイン、ファサのクールビューティーな4人組。

かっこいいイメージの曲も多いグループですが、抜群の歌唱力で聴かせるバラードも格別。メッセージ性の強い歌詞もMAMAMOOの特徴のひとつで、「自分自身を愛そう」「ありのままでいい」といった意志を持つことの大切さを音楽を通じて気づかされることがあります。

K-POP界でもトップクラスといわれる歌唱力を誇る、パワフルな美声の持ち主のソラ。低音のラップがかっこいい、MAMAMOO唯一のラップ担当のムンビョル。グループのほとんどの曲でサビ部分を担当し、深みがあるハスキーボイスが特徴のフィイン。MAMAMOOのマンネ(末っ子)で、妖艶な魅力を放つハスキーなボイスのファサ。自分の思想をまげず、力強く堂々と生きるMAMAMOOは本当に素敵なグループです。

ヒット曲「HIP」

グループ名の由来・意味:「赤ん坊たちが一番初めに覚え話す‘ママ(MAMA)’のように、全世界の全ての人たちに親しまれる音楽を披露したい」という意味で‘ママム(MAMAMOO)’と名付けられた。―――MAMAMOOオフィシャルサイトより

『WAW -Japan Edition-』(2021年)

『WAW -Japan Edition-』

日本語バージョンの曲も収録!
全曲がバラードで構成されたミニアルバム『WAW』収録の4曲に加え、リード曲「Where Are We Now」の日本語バージョンや、日本オリジナル楽曲などを追加収録した日本盤。アルバムタイトル「WAW」は「Where Are We」の略語。

Where Are We Now

哀愁を感じる歌声やメロディーに乗せ「私たちは今 どこにいるんだろう?」という切ない歌詞が心に染みるバラード。

『I SAY MAMAMOO: THE BEST』(2021年)

7年間の活動を網羅したベストアルバム
9月16日にリリースされる『I SAY MAMAMOO: THE BEST』は、2014年のデビュー以来、7年間の韓国での活動を網羅したベストアルバム。新曲「mumumumuch」をはじめ、さまざまなバージョンに編曲された歴代のヒット曲や、他のアーティストたちとコラボした楽曲もMAMAMOOバージョンとしてどう生まれ変わるか注目です。

ドラマのOST

お仕事系恋愛ドラマ『恋愛ワードを入力してください~Search WWW~』の5番目のOST(劇中歌)として登場したのがMAMAMOOの「WOW」。聴く人を勇気づけ背中を押してくれる応援ソング。

こちらの記事もCHECK!!

BTS

【韓国ドラマ】『トッケビ』の制作会社が手掛け、実力派俳優「チャン・ギヨン」が一途な年下男子を好演『恋愛ワードを入力してください』など、おすすめラブコメディ3選

詳細はこちら

ことみん

【Editor】ことみん

雑誌・漫画からドラマ・映画、ファッション、音楽、インテリア、アート、家電、手土産など、好きなもの多めのエディター。
「新しい趣味」「好きなコト」を見つけたい方のヒントとなるような内容をお届けします!
子どものころ好きだったマンガは『ハンサムな彼女』と『らんま1/2』。
夢は海外のフェスを制すること(お休み中)。

ことみんの記事一覧

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST