1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 音楽
  4. 横山剣(クレイジーケンバンド)もお墨付き!『バンヒロシ・プレゼンツ コロムビア・ロッキン歌謡大全 Vol.2』12月22日リリース!!

横山剣(クレイジーケンバンド)もお墨付き!『バンヒロシ・プレゼンツ コロムビア・ロッキン歌謡大全 Vol.2』12月22日リリース!!

バンヒロシ PRESENTS コロムビア・ロッキン歌謡大全 Vol.2

ロックと歌謡曲が融合して日本独自の発展を遂げた「ロッキン歌謡」。音楽ファンの間でも、もしかしたらあまり耳馴染みのないジャンル名かもしれませんが、聴けばそのかっこよさにハマる人も多いことでしょう(私もその1人)。
その歴史を語る上で欠かせない名曲を集めた、京都在住の"お座敷ロックンローラー”バンヒロシさん選曲・監修によるコンピレーションアルバム「ロッキン歌謡大全」の第2弾が2021年12月にリリースされます!

ロッキン歌謡って?

冒頭でも説明したとおり、海外から輸入されたロックというアイテムが日本の芸能界とタッグを組み、日本独自の解釈により花開いた音楽が「ロッキン歌謡」。
2019年にリリースされた第1弾の『バンヒロシ・プレゼンツ コロムビア ロッキン歌謡大全』に引き続いて、第2弾では50年代のロカビリーマナー歌謡やオリジナルを凌駕するカバー・ポップス、60年代のビート歌謡やGS歌謡、フィフス・ディメンションやバート・バカラックなどの影響を受けた70年代ソフト・ロッキン歌謡、さらには今もなお生み出されている、2010年代リリースの現行ロッキン歌謡まで幅広い時代の楽曲を網羅しています。アルバムの最後には、バンさん自らがロッキン歌謡の実践として、ヒロシ&EVE名義でリリースしたファンキー歌謡「TIN TIN」を収録!また、バンヒロシさんによる充実したライナー・ノーツも注目! ロックと歌謡界の歩みを辿るロッキン歌謡ヒストリー決定版となっています。
このコンピを聴き終わったら「ロッキン歌謡、サイコー!!!!!」って叫びたくなるかもしれませんよ。

CDはこちら

 『バンヒロシ PRESENTS コロムビア・ロッキン歌謡大全 Vol.2』
2021年12月22日発売

『バンヒロシ PRESENTS コロムビア・ロッキン歌謡大全 Vol.2』

横山剣(クレイジーケンバンド)もお墨付き!京都が誇る“お座敷ロックンローラー”バンヒロシが監修したコンピレーション・アルバム第2弾!

【収録内容】
1. ロック・アラウンド・クロック(ROCK AROUND THE CLOCK)/ ダーク・ダックス
2. 俺はハイティーン/神戸一郎
3. ボロ船ロック/小野 透
4. 愛さずにいられない(I CAN'T STOP LOVIN' YOU)/トミー藤山
5. 現代っ子/鈴木やすし
6. チンチン電話(CHING CHING & A DING DING DING)/後藤久美子
7. 涙のクラウン(EVERYBODY LOVES A CLOWN)/クール・キャッツ
8. 涙のゴーゴー/エミー・ジャクソン
9. BLUE EYES(青い瞳)/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
10. 野次馬がいく/松方弘樹
11. フレンド東京/都 はるみ
12. 恋のチューリップ/港 孝也 とパッション・グループ
13. おさけ/ジョージ山下とドライ・ボーンズ
14. 帰り道は遠かった/ザ・ジェノバ
15. 悲しみのかげに (FIND SOMEBODY)/スケルトンズ
16. 僕の恋人/舟木一夫
17. 関やんのヨサホイ節/関 敬六
18. じんじろげ/森山加代子
19. いつか何処かで/平山三紀
20. ハイソサエティ/近田春夫&ビブラトーンズ
21. アンジェリーナ/風間杜夫
22. ヨコハマ・ホンキー・トンキー・ブルース/清水節子
23. ムーンライト, スターライト/大村波彦 ※初CD化
24. リバーサイド ホテル/渥美二郎
25. TIN TIN/ヒロシ&EVE ※初CD化

第1弾はこちら

『バンヒロシ PRESENTS コロムビア・ロッキン歌謡大全』
2019年9月18日発売

『バンヒロシ PRESENTS コロムビア・ロッキン歌謡大全』

京都が生んだお座敷ロックンローラー、 バンヒロシ監修による企画コンピレーション。日本独自の解釈によって花開いたロッキン歌謡にスポットを当て、ロカビリー・マナーのある歌謡曲、オリジナルを超えた日本語カヴァーなど、さまざまな楽曲を網羅している。

【収録内容】
1. ハートブレーク・ホテル(MONO) /小坂一也とワゴン・マスターズ
2. ロカビリー剣法(MONO)/美空ひばり
3. お座敷ロック(MONO)/五月みどり
4. ロックを踊る宇宙人(MONO)/清野太郎
5. 俺のあの娘(MONO)/守屋浩
6. 狂っちゃいねえぜ(MONO)/ささきいさお
7. 青春をぶちかませろ(MONO)/小野透
8. 銀色の雨に濡れて(MONO)/守屋浩
9. サンセット77(MONO)/WATERAグレイセス(スリー・グレイセス)
10. カレンダー・ガール(MONO)/WATERAグレイセス(スリー・グレイセス)
11. のっぽのサリー/麻生京子
12. ジェニ・ジェニ/鈴木やすし
13. 大人になりたい(MONO)/後藤久美子
14. 土曜の夜のツイスト(MONO)/小野透
15. ひばりのツイスト(MONO)/美空ひばり
16. ツイスト・ナンバー・ワン/小林旭
17. ミスター・ツイスター(MONO)/森サカエ
18. 恋人もお金もない夜/飯田久彦
19. 悲しきゴスペル/ボニー井田
20. プレイボーイ・ボビー/森サカエ
21. ハロー・ドーリー/森山浩二
22. はじめての恋人/弘田三枝子
23. スイム・タイムUSA/ザ・スカーレット
24. 1965年夏/菅原進
25. ダイアナ/平尾昌晃
26. トラブル/内田裕也
27. レモン・ロック(MONO)/チェリー・ボーイズ
28. ミチコ・フロム・トーキョー/Be-Bops
29. 東京キケン野郎/沖山優司

“京都のロックンロール番長”バンヒロシさん

監修されているバンヒロシさんとは何者? と思われるかもしれませんが、私の大好きなクレイジーケンバンドの横山剣さんや小西康陽さんら多くのアーティストから愛されリスペクトされている、京都が生んだ、“お座敷ロックンローラー”。
その経歴はこちらです。芸歴でいうと44年って、すごい!(ここだけの話、ほぼ私の年齢です…)

バンヒロシ
(お座敷ロックンローラー)
1958年生まれ。
1977年に京都のインディーズレーベルMIXレコードよりアップルドールズとして「あの娘に投げKISS」でレコード・デビュー。
1979年月刊宝島誌にてコラム「京都てなもんや通信」執筆。
1982年ダイヤモンドヘッヅレコードより歌謡ロカビリーバンドスマッシュヒッツ「テルミー」で全国デビュー。
2000年自身のバンドBambino「すっ飛びひろし五十三次」がリリースされた。
2002年小西康陽氏主宰の524レコードより1985年発売された「バンちゃんとロック」を10インチで復刻。このアルバムに収録されていた「いかすぜこいつ!」がクラブヒットした。
現在は、Bambinoでのライブや授業式公開エンターテイメント「バンヒロシ大学」等カウンターカルチャープロデューサーとして精力的に活動している。

 

そんなバンさん率いるバンドが"Bambino”。昭和歌謡のアナログ感と平成ダンスビートのデジタル感をミックスしたような多幸感溢れるサウンドは、こちらのCDで堪能できますので、こちらも是非とも聴いてみてくださいね!!

CDはこちら

bambino『お座敷ロック』
2018年4月11日発売

Bambino『お座敷ロック』

京都が誇る還暦ロックンローラー、バンヒロシが率いるバンビーノによる約3年ぶりのアルバム。あれこれ考える前に自然と体を揺らしてしまうゴキゲンな曲ばかり、全10曲を収録。演奏中の空気もまとめて閉じ込めたような、アナログな雰囲気がたまらなく良い。

【収録内容】
1.お座敷ロック
2.今夜はロック・ウィズ・ユー
3.シング・ア・ソング
4.君の瞳に恋してる
5.おさけ
6.生命のうた
7.バンビフル・ストラット
8.赤いブルースの女
9.あの娘に投げKISS
10.ジェレミー

nanayae

【Editor】nanayae

好きなものにはサブカルの香りがすこし。カルチャーに囲まれ、カルチャーとともに生きている。大切なものは「土曜ソリトン SIDE-B」に教わった気がする。おもいっきり昭和生まれ。好きな音楽ジャンルは、90年代の音楽全般(特に渋谷系とその周辺)、日本のフォーク&ロック、テクノポップ、シティポップ、ソフトロック、AOR、ジャズ、ソウル、ラテンもの。I LOVE 柴犬。TSUTAYA MUSIC PLAYLISTでも執筆(⇒記事はこちら)。

nanayaeの執筆記事一覧 Twitter(@7iromagic)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

横山剣

生年月日1960年7月8日(61歳)
星座かに座
出生地神奈川県横浜市

横山剣の関連作品一覧

小西康陽

生年月日1959年2月3日(62歳)
星座みずがめ座
出生地北海道札幌市

小西康陽の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST