1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 音楽
  4. LA公演のガーリーヘアも話題に! 30歳の誕生日を迎えたBTS「ジン」の魅力お届けします♡

LA公演のガーリーヘアも話題に! 30歳の誕生日を迎えたBTS「ジン」の魅力お届けします♡

30歳の誕生日を迎えたBTS「ジン」の魅力お届けします

身も心もイケメンな愛され長男

BTSのボーカルラインのジンが2021年12月4日に30歳(日本では29歳)の誕生日を迎えました。

透き通った高音ボイスと美しいルックスで世界中を魅了するグループ最年長のヒョン(兄さん)は、度々自らをワールドワイドハンサムと呼んだり、ギャグを飛ばして場を和ませたりするお茶目な一面もあり、そのギャップにやられてしまった方も多いのではないでしょうか。

最近だと…LA公演での白いバラと赤いリボンを頭に乗せた自撮り写真12月2日には新作がお披露目され、たくさんの人を笑顔にしていました。自分を愛し、メンバーやファンに愛される、BTSの長男ジンの魅力を見ていきましょう♪

デビュー前エピソード

もともとはアイドルではなく俳優志望だったジン。高校2年生のときに時代劇『善徳女王』でピダム役を演じるキム・ナムギルの演技を観て感動したというのは有名な話。その頃はまだ事務所に入っていなかったため、大学で演技を学びながら俳優を目指していました。

現在の事務所に所属するようになったキッカケを、今年3月に韓国で放送されたバラエティ番組内でも話していましたので、その一部をご紹介。20歳のときに大学に向かうバスを降りようとしたところ…BigHit関係者の目に留まり、「うわぁ! あなたみないたイケメンは生まれて初めて見た! ぜひ会社のオーディションに来てください。と声をかけられ、それでオーディションを受けたんです」と答えていました。

練習生として加入した当初、歌やダンスの経験がまったくなかったため、人一倍頑張らなければならなかったようです。そんなジンは並々ならぬ努力の末、デビューメンバーとなり、そして『防弾少年団』として2013年6月13日にデビューしました。

左から3番目の男

抜群のスタイルとチャームポイントでもある広い肩幅、そして、2019年、米サイト「King Choice」が実施した「世界でもっともハンサムな男性」で1位に選ばれたことがあるほど、美しいルックスの持ち主。過去には、そのイケメンぶりからSNSで大きな話題になった呼び名があります。それが「左から3番目の男」。

2017年、BTSが初めてアメリカ三大音楽授賞式のビルボード・ミュージック・アワードに招待され参加した時のこと。ビルボードの公式アカウントがBTSの写真を投稿したところ「左から3番目の男は誰?」という話題でもちきりに。左から3番目に立っていたのが、まごうことなきジンで、その魅力的なルックスに注目が集まりました。まさにワールドワイドハンサム!

モグモグ姿に癒される「Eat JIN」

BTSとARMYをつなぐコミュニケーションツールのひとつ「Vアプリ(V LIVE)」。こちらのアプリ内にあるBTSチャンネルでモッパン(食べる動画)をしてくれるくらい食べることが好きなジン。

作業室や海外での滞在ホテルから生配信を行うことがあり、過去には日本でEat JINする姿も! 美味しそうに頬張る姿はファンにとっては癒される、ご褒美タイムではないでしょうか♪ そういえば、相棒の「RJ(アールジェイ)」も…。

590万回以上観られている魅惑のアニメーション

BTSのメンバーたちがキャラクターをデザインしている「BT21(ビーティーイシビル)」。ジンが大好きだというアルパカがモチーフのRJは、温厚な性格と食べることが好きなところもジンとよく似ています。

そんな相棒でもあるRJがモッパンしているのがこちらです。麺をすする音とか具材のサクサク音やポリポリ音といったASMR効果も相まって、観ているだけでお腹が空いてしまう魅惑のアニメーション。今夜の晩ごはんはうどんに決定(笑)!?

モッパンとは:韓国で生まれた造語。韓国語の食べるという意味の「モク」と、放送を意味する「バンソン」の「バン」の頭文字を組み合わせ、実際の発音がモッパンと聞こえたことから生まれた言葉。出演者が食べ物を食べるシーンをテレビ放送したり動画配信したりする際に使われていたりします。

普段見せない部分がみえるジンのソロ曲

ここでは、BTS名義と個人名義の曲をご紹介!気さくで優しい印象の愛され長男ですが、ジンがソロ曲で書く歌詞は、自分の苦しみや悲しみが綴られているものが多い。普段みることができないジンの人間味を音楽で感じることができます。

※この記事内では、韓国のリリース日で表記しています。

【BTS名義】「Awake」(2016年)

【ジン初のソロ曲】
エピソード155を最後に、しばらくお休みすることが決まったBTS渾身のバラエティ番組『Run BTS!』(通称タリョラ)。エピソード144では「ARMYが選ぶBTS楽曲ランキング」が公開された回でした。そのなかの「1番好きな曲は?」という投票で1位に選ばれたのが「Spring Day」。この曲はWINGS外伝『YOU NEVER WALK ALONE』に収録されていて、さらにジンの初ソロ曲「Awake」も収められています。

「花様年華」シリーズから「LOVE YOURSELF」シリーズまで、何作にも渡り描かれてきた壮大なストーリー。MVを続けて観ると、まるで1本の短編映画のようなドラマ仕立てです。また、推理や考察がしたくなるような描写が多く、この頃の作風の特徴のひとつでもあります。『WINGS』とWINGS外伝『YOU NEVER WALK ALONE』は、「花様年華」シリーズと「LOVE YOURSELF」シリーズの間に発表された作品。

力強さの中に優しさも感じられるような歌い方が印象的な「Awake」。「信じているわけじゃない、耐えてるんだ」「僕にできることは、これぐらいしかないから」といった心情を感じとれるフレーズからも、物語の中でジンがどんな状況に置かれているのか、きっと分かるはず。自分以外の6人を幸せにしようとするなかで感じる葛藤や生き様が垣間見られます。

『WINGS』

2ndアルバム『WINGS』

発売日:2016年10月10日

WINGS外伝『YOU NEVER WALK ALONE』

WINGS外伝『YOU NEVER WALK ALONE』

発売日:2017年2月13日
「ARMYが選ぶBTS楽曲ランキング」で「1番好きな曲」1位をに選ばれた「Spring Day」収録。

【BTS名義】「Epiphany」(2018年)

【自分を愛することの大切さを歌った曲】
「突然のひらめき・物事の本質が姿を現す瞬間・悟り」という意味の曲名が付けられた「Epiphany(読み:エピファニー)」。これまでのストーリーを振り返ると、自分のためではなく、みんなのために走り回ってきたジン。けれども今回の曲では、自分自身を愛することの大切さを悟るお話。「完璧じゃなくても、とても美しい」「自分こそが僕を愛してあげるべき人間なんだ」と、想いを込めて丁寧に歌い上げていくところにも心を動かされます。

『LOVE YOURSELF 結 'ANSWER'』

スペシャルアルバム『LOVE YOURSELF 結 'ANSWER'』

発売日:2018年8月24日

【BTS名義】「Moon」(2020年)

【ジンがARMYに贈るラブソング】
君=ARMYを地球に、JIN自身を地球を回る月に例えて歌った、ファンに捧げるラブソング。「みんな僕のことを美しいって言うけど、僕の海はどこまでも真っ暗なんだ」「ふと考える、君も僕のことを見ているのかなって」「僕の痛みや傷まで、君に知られてしまってるんじゃないかって」というように、ジンの抱える光と影が表れている楽曲です。110ヵ国のiTunesソングチャートで1位となった人気ソング♪

『MAP OF THE SOUL : 7』

4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』

発売日:2020年2月21日

【ソロ名義】「Tonight」(2019年)

【いまはもうそばにいない家族のことを歌った曲】
メンバーたちが時より写真を公開してくれる、我が子のようにかわいいペットたち。2019年に公開された「Tonight」は、天国へと旅立ったペットのことを想い歌った楽曲です。

「僕の毎日に君がいて、君の毎日に僕がいた」「目を閉じると、一緒に過ごした時間が思い出される」といったフレーズからも、切なさなしで聴くことのできない、特別な魅力を放つ1曲です。

【ソロ名義】「Abyss」(2020年)

【29歳の誕生日前日に公開した曲】
曲名の「Abyss」とは、直訳で「深淵・奈落の底」という意味。29歳になる前日にジンがARMYへ贈ったこの曲は、その当時の気持ちが率直に表現されています。

「才能ある人は沢山いるのに、多くの方にお祝いされて良いのだろうか」と、ビルボードでの1位獲得がキッカケとなり、心が苦しくなってしまったことがあると自身のブログで告白。

繊細なメロディと歌詞の「息を止めて、僕の中の海へと入っていく」「美しくも悲しげに泣く、自分に向き合うだ」といった言葉からも、辛かった気持ちがひしひしと伝わってきます。気持ちを共有したいという方は、リリックをチェックしてみてください。

ことみん

【Editor】ことみん

雑誌・漫画からドラマ・映画、ファッション、音楽、インテリア、アートなど、好きなもの多めのエディター。
「新しい趣味」「好きなコト」を見つけたい方のヒントとなるような内容をお届けします!
子どものころ好きだったマンガは『ハンサムな彼女』と『らんま1/2』。
夢は海外のフェスを制すること(お休み中)。

ことみんの記事一覧

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST