1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 店舗
  4. 「TSUTAYA冬のセレクション100」小澤征悦さん インタビュー

「TSUTAYA冬のセレクション100」小澤征悦さん インタビュー

小澤征悦

【小澤征悦 プロフィール】
俳優。1974年米国生まれ。『一度死んでみた』('20)などに出演。主演の日本語吹き替え版を務めた『キングスマン:ファースト・エージェント』が2021年2月11日公開予定。

少年時代から現在まで――人生を共に歩んできた、思い出の映画・音楽・書籍

TSUTAYAの商品ラインナップの中から、オススメ作品を選んでもらう「TSUTAYA冬のセレクション100」。今回は、俳優・タレントの小澤征悦さんにイチオシの映画・音楽・書籍をピックアップしていただきました。

小澤さんが推すのは、映画『スタンド・バイ・ミー』、音楽「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」(キース・ジャレット)、小説「風の歌を聴け」(村上春樹)の3作品。

それぞれの作品にまつわるエピソードや魅力、さらにはいま気になっているコンテンツ、最新出演映画『水上のフライト』(公開中)のお話まで、教えていただきました!

――『スタンド・バイ・ミー』をオススメする理由や、初めてご覧になった際のエピソードを教えてください。

『ONE PIECE』

『スタンド・バイ・ミー』

映画『スタンド・バイ・ミー』が公開された1986年の夏、自分は12歳でした。父の働くアメリカ、ボストン交響楽団の夏のフェスティバルが行われるタングルウッドという田舎町にいる時、この映画を観ました。

映画の中に出てくるキャッスルロックという田舎町がタングルウッドと重なり、映画の中の少年たちも同じ12歳、なんだか自分も映画の物語に参加しているような、そんな一体感を感じたのを覚えています。

子ども時代にしか見られない景色や友だちの大切さ、将来への不安や希望。そんな子ども時代のキラキラした感情を思い出させてくれる映画です。

――素敵な思い出ですね。「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」についてはいかがでしょうか?

「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」

「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」

「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」のアルバムの根底に流れる、優しくて温かくて、そしてもの悲しい感じが好きですね。

夜風を感じながらこのアルバムを聴くと、どこまでもどこまでも夜が深まっていくような、好きな人に会いたくなるような、そんな感情を覚えます。

――アルバム「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」の中で、イチオシの曲はありますか?

自分が特に好きな曲は「マイ・ワイルド・アイリッシュ・ローズ」です。自分の勝手な解釈ですが、キースはおそらくこの曲を弾いていた時、愛する人のことを考え、感じていたんじゃないかと思っています。

それくらい、キースの心がこちらに伝わってくるような感覚になる力を持っている曲だと思います。

――ありがとうございます。では、「風の歌を聴け」を選ばれた理由を教えてください。

『風の歌を聴け』

「風の歌を聴け」

何十回読み返したか分からないくらい「風の歌を聴け」が好きです。なのに、この小説を紹介しようとすると、なぜか言葉が出てきません。それくらい、毎回読む度に印象が違う作品だと、自分は思っています。

物語を簡単に説明すれば、主人公の僕と友達の鼠、2人の大学生の一夏の話です。そこにはジェイズバーがありビールがあり小説があり二日酔いがありジョン・F・ケネディがあり犬の漫才師があり古墳があり蟬がいます。なんのことか分かりませんよね(笑)。

なので、興味を持ったら読んでみて下さい。ちなみに自分が一番好きな言葉は、「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか。」です。

――3作品それぞれについて、魅力的にご紹介いただき、ありがとうございました。ちなみに小澤さんは普段、どうやって観る・読む・聴く作品を選んでいますか? 自分にピッタリくる作品に出会うコツがあれば、教えてください。

音楽はジャケ買いする時もあります。小説は、最初の何行かを読んでみて、ピンときたら読むようにしてます。

――では、まだ体験していないけれど、気になっているコンテンツや商品はありますか?

お肉などを低温調理できる機材に興味ありますね。買ってみようかな。

――最後に、最新出演作の『水上のフライト』についても、教えてください!

不慮の事故によって半身不随になってしまった子が、パラカヌーや周りの人々との交流を通じて再生していく物語です。

明るく前向きに生きるヒロインの姿からパワーをもらえる、サクセスストーリーです。

小澤征悦さんおすすめ作品

映画『スタンド・バイ・ミー』

映画『スタンド・バイ・ミー』

スティーヴン・キング原作による半自伝的小説を、名匠ロブ・ライナー監督が瑞々しい青春映画に仕上げた傑作。何度観てもリヴァー・フェニックスの若々しい演技や、全編を彩るオールディーズ・ソングの数々に泣かされる。

キース・ジャレット「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」

キース・ジャレット「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」

難病に冒された直後に吹き込まれた非常にパーソナルな99年作品で、数あるキースのピアノ・ソロ作品の中でも極めて大きなターニング・ポイントとなった一枚。自宅で録られた奇跡のようなメロディが胸に沁みる。

村上春樹「風の歌を聴け」

村上春樹「風の歌を聴け」

一九七〇年の夏、海辺の街に帰省した“僕”は、友人の“鼠”とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。二人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、“僕”の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

お店で買う ネットで買う

小澤征悦さん出演最新作

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM 2017年審査員特別賞受賞作品
映画『水上のフライト』
公開中

公式サイトTwitter

出演:中条あやみ/杉野遥亮 高月彩良 冨手麻妙・高村佳偉人 平澤宏々路/大塚寧々/小澤征悦
監督:兼重淳
脚本:土橋章宏・兼重淳
配給:KADOKAWA

TSUTAYA冬のセレクション100

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

小澤征悦

生年月日1974年6月6日(47歳)
星座ふたご座
出生地米国サンフランシスコ

小澤征悦の関連作品一覧

キース・ジャレット

生年月日1945年5月8日(76歳)
星座おうし座
出生地米・ペンシルベニア

キース・ジャレットの関連作品一覧

村上春樹

生年月日1949年1月12日(73歳)
星座やぎ座
出生地京都府京都市

村上春樹の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST