『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.1―“受け”と“攻め”の両面に見えるAAA西島隆弘の演技力

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

園子温監督がメガホンを取り、『第59回ベルリン国際映画祭』で国際批評家連盟賞とカリガリ賞をW受賞した映画『愛のむきだし』。信仰や罪といったテーマを、超個性的な登場人物が抱えるむきだしの愛とともに描き出した本作が、未収録の映像や再構築された音楽などを追加して、全10話のTVドラマシリーズ『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』として生まれ変わった。8月23日にDVDがTSUTAYA先行でレンタル開始(9月27日Blu-ray発売)となった本作の魅力を全4回で紹介する連載の第1回は、主演を務めた西島隆弘の芝居に焦点を当てる。

クリスチャンなのに盗撮魔となった男子高校生・ユウ(西島)が、妻の死を機に神父となった父・テツ(渡部篤郎)、テツの教会に通っていたカオリ(渡辺真起子)、男嫌いでカオリとともに暮らしている女子高校生・ヨーコ(満島ひかり)、新興宗教“ゼロ教会”の信者・コイケ(安藤サクラ)らと織りなす人間模様を描いた本作。耳を疑う設定や荒唐無稽な展開で公開当時から異彩を放ったが、園監督が描いたことは極めて単純だ。登場人物たちは皆、愛を探し求めているのである。その中でも西島が演じるユウは、恐らく最も純粋に愛を求める人物だろう。西島はその純粋な少年を、飾り気のないストレートな心理描写を用いて演じており、そのプロセスの中では、“攻め”と“受け”双方の芝居が機能している。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

序盤では、最愛の母の死や、テツとカオリの出会いといった出来事に対してネガティブな感情を抱く“受けの芝居”で非凡な演技力を見せる西島だが、ある時点では“攻めの芝居”が効果を発揮する。それは、盗撮を懺悔したこと(ユウが盗撮を行う背景には、テツによる“罪を認めることの強要”がある)によって、ユウがテツに殴られるシーンだ。息子の暴挙を聞いたテツは憤慨するが、ユウは殴られることで希薄化していたテツとの父子関係を再確認できたことに喜びを感じ、テツをドン引きさせる。その様は、一歩間違えば頭のいかれた少年として映ってしまいかねないが、彼には「父の愛に飢えている純粋な少年」という前提があるため、ここで狂気に振り切れるとキャラがぶれてしまう。西島はこれを踏まえた上で、「純粋性」と「狂気性」のバランスが取れた“攻めの芝居”を、渡部による“受けの芝居”と嚙み合わせることで、純粋に愛を求めるユウの姿を強く印象付けることに成功している。

ヒロインであるヨーコとの運命的な出会い・学校での予期せぬ再会・同居生活の開始、コイケ(安藤サクラ)による家族への介入と洗脳など、ユウを取り巻く人々の関係性が複雑化していく物語の中盤では、西島による“受けの芝居”が際立つ。ユウは様々な状況の変化に直面して当惑し、葛藤を積み重ね、その結果として惨めな主人公としての存在感を強めていくが、この“受けの芝居”を通じて西島が醸し出す“いじらしさ”が絶妙なのだ。コイケに弱みを握られた結果、ヨーコに真実を明かすことができず、いいように傷つけられるユウの姿には、イライラさせられることも事実である。しかし、西島は途方もない情けなさを感じさせるユウを、単純にダメな主人公として演じているのではない。彼は必ず“愛すべきダメさ”=“いじらしさ”を添えているのだ。これによって、見る側は自然とユウを応援したくなる。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

愛するヨーコがコイケによって洗脳されていき、これを打開しようとユウが立ち上がる終盤においては、西島による“攻めの芝居”が再び輝く。ヨーコを誘拐したり、単身でゼロ教会の本部に乗り込み『キル・ビル』をほうふつさせる血みどろのアクションシーンを繰り広げたり、クライマックスでヨーコを救うために激走する姿は、それまでのユウにはない圧倒的パワーと、“限りない愛への飢え”を湛えており、滅茶苦茶ながらも主人公として魅力的に映る。中盤から終盤にかけて挿入された“受けの芝居”(およびこれに伴うユウの“いじらしさ”)が前振りとして存在することによって、終盤における“攻めの芝居”とこれに伴う気迫は、力強い輝きを放つのだ。園監督がどれほど計算して演技プランを構成したかは不明だが、いずれにしても、西島の芝居における“受け”と“攻め”の関係は効果的に機能している。

『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』では、劇場公開版にはない幻のシーンを発見したり、刷新された音楽や音響を楽しむことができるが、改めて見返すと、やはり西島が見せる“受け”と“攻め”の芝居が実に面白い。考えてみると、西島は本作で映画デビューを果たしたわけだが、芝居における“受け”と“攻め”を巧みに使い分け、見る者に愛される主人公をしっかりと構築できている。その役者としての器量には、脱帽するほかない。実際に彼の演技に対する評価は高く、本作のパフォーマンスによって、キネマ旬報ベスト・テンと、毎日映画コンクールの新人賞を受賞した。今のところ映画への出演は多くないが、できることなら、もっとスクリーンの中でその姿を見たいものだ。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

連載の第2弾となる次回は、ヒロインのヨーコを演じた満島ひかりを取り上げる。

(文:岸豊)

>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.2―本作を機にブレイク!満島ひかりの芝居に見る陰と陽。
>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.3―サイコだけど切ない!安藤サクラの“ギリギリな”芝居に痺れる
>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.4―論理性はなく強引なのに、なぜか感動してしまう不思議な物語としての『愛のむきだし』。


TVドラマ『愛のむきだし 最長版 THE TV-SHOW』
2017年8月23日(水)TSUTAYA先行レンタル開始
2017年9月27日(水)Blu-ray発売開始

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

Nissy

生年月日1986年9月30日(32歳)
星座てんびん座
出生地北海道

Nissyの関連作品一覧

満島ひかり

生年月日1985年11月30日(32歳)
星座いて座
出生地沖縄県

満島ひかりの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST