『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.4―論理性はなく強引なのに、なぜか感動してしまう不思議な物語としての『愛のむきだし』。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

園子温監督がメガホンを取り、『第59回ベルリン国際映画祭』で国際批評家連盟賞とカリガリ賞をW受賞した映画『愛のむきだし』。信仰や罪といったテーマを、キャラの濃い登場人物が抱えるむきだしの愛とともに描き出した本作が、未収録の映像や再構築された音楽などを追加して、全10話のTVドラマシリーズ『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』として生まれ変わった。8月23日にDVDがTSUTAYA先行でレンタル開始(9月27日Blu-ray発売)となった本作の魅力を全4回で紹介する連載の第4回は、作品そのものと園監督に焦点を当てる。

クリスチャンなのに盗撮魔となった男子高校生・ユウ(西島隆弘)、妻の死を機に神父となった父・テツ(渡部篤郎)、テツの教会に通っていたカオリ(渡辺真起子)、男嫌いでカオリとともに暮らしている女子高校生・ヨーコ(満島ひかり)、新興宗教“ゼロ教会”の信者・コイケ(安藤サクラ)といった個性的なキャラクターが、それぞれの愛をむきだしにしながら織りなす人間模様を描いた本作。その魅力を一言で表現するなら、“むちゃくちゃなのに感動してしまう”だ。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

「レンタル家族」とともに暮らす女子高校生の姿を描いた『紀子の食卓』。映画オタクとヤクザが抗争を通じて映画制作を行う模様を映し出した『地獄でなぜ悪い』。ラップとアクションを融合した『TOKYO TRIBE』など、園監督の作品は特異な設定に基づくものが多い。本作はその作風の極致と言えるだろう。“クリスチャンなのに盗撮魔の高校生”(ユウ)が“男嫌いの喧嘩が滅法強い女子高校生”(ヨーコ)、“サイコパスの邪教信者”(コイケ)と絡み合いながら、それぞれの愛をむきだしにしていく過程では、一つの大きな枠組みの中で、ホームドラマ、コメディ、アクション、ラブストーリー、サスペンス、ホラーといった異なるジャンルが、ぐちゃぐちゃに絡み合っていく。

序盤はシリアスなホームドラマ風だったものが、ユウの盗撮への目覚めを機にコメディとアクションに変わり、ヨーコの登場によってラブストーリーが展開。かと思えば、2人の関係に対するコイケの介入によってサスペンス的な風味が加わり、コイケによるヨーコの洗脳ではホラーな空気が漂いつつ、これを打破しようとするユウの姿には熱い青春ドラマとしてのパワーがある。この作品の方向性は安定することがなく、常に揺らぎながら変化していく。一貫性がないとも言えるのだが、その絶えず変容する空気感は、見る者を引き込む独特な個性でもある。役者陣の芝居も、その変化にしっかりと合わせたものとなっているのが素晴らしい。これだけとっ散らかしながらも、物語としての軸をぶらさない園監督の作劇には、見るたびに驚かされてしまう。

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

(C)「愛のむきだし」フィルムパートナーズ

喪失、愛、罪、宗教、洗脳、救済…。これらが絡み合ったストーリーはみごたえ十分だが、その結末に論理性を見出すことは難しい。実際、筆者の中にも、「なぜこうなるのか?」という疑問が、未だに残り続けている。劇中での登場人物の関係性がきれいに折りたたまれているわけではないし、論理的視点に立てば、結末には成立していない、強引すぎると思わせる点が多々見受けられる。しかしその一方で、感動を覚えてしまうのも事実だ。

おそらく、ユウとヨーコがたどり着いた帰結は、論理を超えた“何か”の力によって、見る者の心に爽やかな風を吹かせるのである。これまでの連載で綴ってきた西島と満島、安藤が見せた熱演に起因するところもあるのだが、そのほかにも、目に見えない“何か”が作用しているような気がしてならない。その“何か”の正体が、筆者は未だに掴めていない。しかしその“何か”が見えないからこそ、『愛のむきだし』に惹かれ、見直したくなるような気がする。そういう意味で、『愛のむきだし』は不思議で魅力的な映画なのだ。

>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.1―“受け”と“攻め”の両面に見えるAAA西島隆弘の演技力
>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.2―本作を機にブレイク!満島ひかりの芝居に見る陰と陽。
>『愛のむきだし【最長版 THE TV-SHOW】』通信vol.3―サイコだけど切ない!安藤サクラの“ギリギリな”芝居に痺れる

(文:岸豊)


TVドラマ『愛のむきだし 最長版 THE TV-SHOW』
2017年8月23日(水)TSUTAYA先行レンタル開始
2017年9月27日(水)Blu-ray発売開始

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

Nissy

生年月日1986年9月30日(32歳)
星座てんびん座
出生地北海道

Nissyの関連作品一覧

満島ひかり

生年月日1985年11月30日(33歳)
星座いて座
出生地沖縄県

満島ひかりの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST