No.27『闇の伴走者~編集長の条件』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

闇の伴走者~編集長の条件

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞。そして3つの「決め手」「感想」「★付け評価」とともにざっくり紹介していく、“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『闇の伴走者~編集長の条件』

今回は、以前観た『闇の伴走者』の完成度が良く、その第2弾も気になっていたところ、見放題配信がスタートしていたことに気付き、こちらをチョイス。

『闇の伴走者~編集長の条件』を選んだ3つの決め手

決め手その1『松下奈緒&古田新太のコンビネーション』

前作でも軽妙なやり取りをしながら、複雑怪奇な事件を解明していった出版関係専門の調査員・優希(松下奈緒)と敏腕編集者の醍醐真司(古田新太)。今回も2人が織りなす会話パートでも楽しませてほしい。

決め手その2『三木孝浩監督×ヒューマンミステリー』

今作を手がけるのは、『くちびるに歌を』『坂道のアポロン』などで知られる三木孝浩監督。日本を代表する監督の一人が、謎解きと人間ドラマを融合させた物語をどう料理するのか。サスペンス感&感動に期待したい。

決め手その3『マンガ家』

マンガが物語の軸を担う重要な要素となるが、劇中に登場するマンガ連載作品などは、森秀樹、田中圭一、土山しげる、平松伸二ら名だたるマンガ家たちが担当。ストーリー以外にも注目しておきたポイントだ。

旧作DVD観るなら、定額借り放題のTSUTAYAプレミアムがお得!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『闇の伴走者~編集長の条件』3話分の感想

第1話「事件と意味深な単語、シンプルながら興味をそそる」

ドラマはマンガ家の浦沢直樹と共に人気マンガを手がけた長崎尚志の小説が原作。さまざまなマンガネタが散りばめられているのだが、今回は醍醐がマンガ雑誌『漫画ブレイブ』の編集長に就任、ということでいよいよその方面に期待できそうなのもいい。

今回調査するのは、かつて一世を風靡した伝説の漫画誌編集者・南部(岩松了)の死。その過程で出てくるのが“みずいろ”というキーワード。どうやら生前の南部が、大人向けマンガ誌で勝ち抜くノウハウとして口にしていたものなのだが、今回は彼の死とこのワードについて解明していくことになりそう。

登場人物の紹介、そして舞台の組み上げ、謎の提示と一連の流れにそつがない。良作のニオイがする。

中盤話(第3話)「一つの謎に決着を見るも、いまだ深まる謎に釘付け」

ブレイブ編集部の“問題児”綿貫(今野浩喜)に関する謎を一気に回収。じっくり描きつつも攻めるとことは一気呵成に…というテンポ感は爽快。第1話で登場した謎の画稿の正体も明らかになるが、そのヒントというかきっかけに手塚治虫の『奇子』を絡ませるあたり、気の利いた演出だ。

画稿の謎を深掘りする際、漫画の歴史を原点とも呼べる紙芝居をフックに描く展開はお見事。画稿のサイズが大きかったことも納得だ。物語の謎解明と共に、知られざる知識も楽しめるのは○。ドラマにも深みが出ている。

そして、優希らの調査を手伝っていた伊東(白石隼也)が階段から突き落とされてしまう…!こちらの謎の行く末も大いに気になる。

最終回「伏線を一気に回収。マンガ業界の“今”も感じられ面白い」

南部の転落死の謎がいよいよ解明されるのだが、犯人や動機などは注意深く鑑賞していれば想像はできたかも。とはいえ、そう言えるのは観た後での“後出しジャンケン”的なことで、十分に謎解きを楽しめた。

ただ驚くのはそこではない。実は、劇中に登場するマンガ「パシリ刑事」(※平松伸二が作画を担当)が、事件解明のカギが隠されていたのには思わずうならされた。

大小さまざまな謎や伏線が仕掛けられた中、大人向けマンガ誌の現状を盛り込みつつ回収していった展開は◎。登場人物たちのそれぞれも描かれ、人間ドラマもなかなか良かった。

『闇の伴走者~編集長の条件』の3項目★付け評価

★は最大5点

・マンガ:★4.5/マンガの歴史や豆知識、そしてマンガ誌の裏側など、普段は知ることができない要素も楽しめた。
・コンビネーション:★4/松下奈緒と古田新太の掛け合いは本当にいい。いつまでも観ていたくなる。さらなるシリーズ化に期待したい。
・伏線と回収:4/バラバラに張りめぐらされた伏線を忘れず回収する展開は痛快。そこにも…的なネタもきっちり回収で○。

『闇の伴走者~編集長の条件』について

【製作年】2018年
【出演者】松下奈緒、古田新太、津田寛治、白石隼也、今野浩喜、小宮浩信 ほか
【あらすじ・みどころ】鬼才・長崎尚志原作による、漫画界を舞台にしたクライムサスペンス・ドラマの続編。かつて一世を風靡した伝説のマンガ編集者が謎の転落死を遂げる。松下奈緒と古田新太のコンビが、その事件の謎を追っていく。

▶『闇の伴走者~編集長の条件』をレンタルしてみる

旧作DVD観るなら、定額借り放題のTSUTAYAプレミアムがお得!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松下奈緒

生年月日1985年2月8日(35歳)
星座みずがめ座
出生地兵庫県川西市

松下奈緒の関連作品一覧

古田新太

生年月日1965年12月3日(54歳)
星座いて座
出生地兵庫県神戸市

古田新太の関連作品一覧

白石隼也

生年月日1990年8月3日(30歳)
星座しし座
出生地神奈川県藤沢市

白石隼也の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST