1. TSUTAYAトップ
  2. ランキング
  3. 年間ランキング
  4. 2017年度 年間ランキング
  5. 2017年度 年間販売CDランキング:アルバム(総合)

2017年度 年間販売CDランキング:アルバム(総合)

【年間販売CDランキング:アルバム(総合)】

デビュー20周年となるゆずの「ゆずイロハ 1997-2017」、10周年を迎えたHey! Say! JUMP「Hey! Say! JUMP 2007-2017 Ⅰ/O」、ソロデビュー30周年の桑田佳祐「がらくた」、さらには結成30周年となるB’z「DINOSAUR」など、2017年はデビューや結成後の周年を記念するタイミングでリリースされたアルバムが多数ランクインする結果となったのが印象的だ。
なかでもやはり、デビュー25周年を迎えて2018年9月での引退を発表した安室奈美恵の「Finally」が1位となったのは、今年最大のトピックだろう。
また昨年、事前告知なしに発売日当日にシングルが店頭に並び話題となったHi-STANDARDが18年ぶりにリリースした「THE GIFT」は11位にランクイン。欅坂46が昨年、紅白歌合戦初出場を果たしたデビュー曲「サイレントマジョリティ」を含む1st作「真っ白なものは汚したくなる」、韓国のガールグループTWICEの日本デビュー作にしてベストアルバム「#TWICE」と、デビュー間もない女性グループの台頭も興味深いところ。
国内盤・海外盤ともにチャートトップ5入りしたONE OK ROCK「Ambitions」、菅田将暉とのコラボレーションチューン「灰色と青(+菅田将暉)」が話題となった米津玄師「BOOTLEG」など、実力派アーティストのオリジナルアルバムのランクインは、来年に向けて良い起爆剤ともなるだろう。
今年は12月のシングルまで、作品リリースのなかったback numberの「アンコール」、昨年いっぱいで解散したSMAP「SMAP 25 YEARS」と、昨年リリースの作品が引き続きランクインしているのは、両グループへの渇望の表れと言えるだろう。

2017年度 年間販売CDランキング:アルバム(総合)

集計期間:2017年1月1日~2017年10月31日

2017年度 年間ランキングトップへ

その他の注目情報